札幌のリフォーム・すがもり・外壁・屋根・水廻りの専門店 

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://sapporo.areablog.jp/yuken

札幌で、すがもり・外壁・屋根・リフォームするなら住まいのユウケンにお任せ!

リフォーム工事を札幌で頑張ってます!

 

 

リフォーム札幌でお考えの方

 

 

札幌で屋根・外壁・リフォームするなら住まいのユウケンへ

 

 

札幌の屋根の雪

 

屋根工法

 

■落とせるものなら…… 落雪屋根

敷地内に落雪スペースが十分にあり、特に他に問題がなければ、屋根の雪は落とす方が、構造体に無理がなく、積雪障害も起きづらく、好ましいことは大方の人が納得していることでしょう。落雪屋根にする場合には、当然ですが、雪が無理なく自然に落ちるような屋根形状にすることが大切です。屋根の谷やドーマーなどで落雪が妨げられる場合、軒先に氷堤やつららができやすく、暖気時に一気に雪氷だまが滑り落ちる事になり、危険です。最近、敷地の狭小化にともなって、落雪スペースが不十分な勾配屋根に雪止め金具を取り付けた屋根が多く見られます。しかし、通常の雪止め金具では、雪は止まっても、屋根面で解けた融雪水は軒天に流れていきますから、断熱性能の良い住宅でも、軒先での氷堤とうららの発生を防止するのは難しいでしょう。

 

 

■落ちちゃだめなら…… 無落雪

無落雪屋根で最も多いのは、屋根の中央に横樋と縦樋を持つM型屋根で、既に20年以上の実績を持っています。初期のM型屋根では周囲に高さ30〜50pのパラペットを立ち上げていましたが、パラペット高さが低く、かつ屋根勾配が緩くなったため、現在では屋根上の積雪が少ない形状が一般的です。また板金の防水性が向上したことによって、木造でも樋をつくらずに水勾配(1/100程度)だけをつけたフラット屋根が可能になり、多くなってます。ただし、わずかな勾配であっても屋根面での融雪が多いと、軒先に巻垂れが生じますし、その場合、鉄板との接触面に氷盤になっていたり、先端につららができていたりしますから、暖気の時にそれらが落ちると危険です。屋根面で雪が融けないように、鉄板の下に板状の断熱財を入れる方が良いでしょう。無落雪屋根では屋根雪の重量によって、建具が開かなくなるなどの不具合が無いように、積雪量に応じた梁の大きさが必要になります。一部2階建ての一階部分の屋根積雪は地上積雪よりも多くなることがよくあります。

 

 

 

 

              無落雪屋根

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                流れ屋根

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

札幌でリフォーム⇒クリック☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

 

 

 

 

 

 

札幌で屋根リフォームするなら技術と、工法が確かな住まいのユウケンにお任せ!

 

 

 

 

札幌でリフォーム専門店【住まいのユウケン】をご覧頂きありがとうございます。

 

 

 

 

 

札幌で外壁リフォーム 屋根リフォーム すがもりリフォーム 雨漏りリフォーム

 

 

 

 

マンションリフォーム 増改築リフォーム 配管リフォーム

 



リフォーム札幌 札幌リフォーム 屋根リフォーム札幌 外壁リフォーム札幌

goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://sapporo.areablog.jp/blog/1000007601/p11544889c.html
リフォーム現場 トラックバック( 0)

■同じテーマの最新記事
札幌で、すがもり・外壁・リフォームするなら住まいのユウケンにお任せ!
札幌で、すがもり・外壁・屋根・リフォームするなら住まいのユウケンにお任せ!
札幌で、すがもり・外壁・屋根・リフォームするなら住まいのユウケンにお任せ!
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
住まいのユウケンイメージ
住まいのユウケン
プロフィール公開中 プロフィール
家は人間の体と同じで、メンテナンスをすることによって長持ちします。長年の経験と実績をもとに住まいの知識やユウケンの工事事例の一部をブログで更新しています!
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年

おすすめリンク