札幌のリフォーム・すがもり・外壁・屋根・水廻りの専門店 

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://sapporo.areablog.jp/yuken

札幌で、すがもり・外壁・屋根・リフォームするなら住まいのユウケンにお任せ!

リフォーム工事を札幌で頑張ってます!

 

 

 

札幌で屋根・外壁・リフォームお考えなの方

 

 

札幌で屋根・外壁・リフォームするなら住まいのユウケンへ

 

 

 

 

 

 

札幌のK様宅 屋根診断結果

 

屋根は現在、スノーダクト工法(無落雪屋根)でありますが、屋根トタンと谷コイルとのつかみ部分が全体的に開いた状態になっております。又排水溝(谷コイル)自体も旧材質の為、年数の経過とともに、材質自体に亀裂が入り、劣化状態にあり、サビで間もなく穴が空く状態です。排水溝はスノーダクトにとって一番大事な所でもあります。

 

【トタンの原理は、新しい屋根トタンの場合は、寒くなると縮まり、暖かくなると開く作用が繰り返されます。しかし、年数が経ちますと、縮まる作用がなくり開いた状態のままになってしまいます。】

 

コーキングに関しましても、コーキングを使用している為、ドレン廻り・谷コイルの立ち上がり部分(両側)が剥離・劣化状態になっております。

因みに、シリコンコーキングは硬化力があり弾力性が全くない状態で、全体的にサビが発生してサビを放置して置きますと、現状よりサビが広がり、サビに穴が空きそこから雨水などが入り込んでしまいます。それからの箇所から雨水などが入り込み、屋根下地・天井下地まで腐食・劣化が進行し、スガモリが発生します。その上、屋根下地材が屋根自体の重さに耐えられなくなり、天井陥没などの現象も出ることも十分考えられます。又人体に有害な、湿気・カビが発生しますので、早急な工事を要します。

 

 

 

 

本来排水溝(樋)の中にゴミが入ってはならない為に木製スノコを敷かなければなりませんんが、木製スノコは年数の経過とともに、木が腐食・劣化状態にあります。その為、雪・飛来物・落ち葉などがドレンの中に入り詰まり、排水溝(樋)がプール状態になり、水かさが増して、屋根トタンと樋(FRP防水)のつかみ部分から雨水などが入り込みスガモリを発生させます。【排水溝は、スノーダクト工法の心臓部に値します。】

 

 

 

年数の経過とともに、塗膜(防水性)が、無くなりサビが発生しております。このまま放置して置きますと、サビが広がり、穴が空きスガモリが発生してきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

札幌で屋根・外壁リフォーム⇒クリック☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

 

 

 

 

 

札幌で屋根・外壁リフォームするなら技術と、工法が確かな住まいのユウケンにお任せ!

 

 

 

 

 

札幌で外壁リフォーム 屋根リフォーム すがもりリフォーム 雨漏りリフォーム マンションリフォーム 増改築リフォーム 配管リフォーム



リフォーム札幌 札幌リフォーム 屋根リフォーム札幌 外壁リフォーム札幌

goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://sapporo.areablog.jp/blog/1000007601/p11580425c.html
リフォーム現場 トラックバック( 0)

■同じテーマの最新記事
札幌で、すがもり・外壁・屋根・リフォームするなら住まいのユウケンにお任せ!
札幌で、すがもり・外壁・屋根・リフォームするなら住まいのユウケンにお任せ!
札幌で、すがもり・外壁・屋根・リフォームするなら住まいのユウケンにお任せ!
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
住まいのユウケンイメージ
住まいのユウケン
プロフィール公開中 プロフィール
家は人間の体と同じで、メンテナンスをすることによって長持ちします。長年の経験と実績をもとに住まいの知識やユウケンの工事事例の一部をブログで更新しています!
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年

おすすめリンク