札幌のリフォーム・すがもり・外壁・屋根・水廻りの専門店 

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://sapporo.areablog.jp/yuken

札幌で、すがもり・外壁・屋根・リフォームするなら住まいのユウケンにお任せ!

リフォーム工事を札幌で頑張ってます!

 

札幌で屋根・外壁・雨漏り・リフォーム工事お考えの方

 

札幌で屋根・外壁・雨漏り・リフォーム工事するなら住まいのユウケンへ

 

 

札幌での屋根リフォーム工事から

 

無落雪屋根のケース

 

 

特徴

 

無落雪屋根には、屋根の中央に横樋と縦樋のある『M型屋根』と、樋をつくらずわずかな水勾配だけをつけた『フラット屋根』があります。M型屋根が最も普及していますが、縦樋にごみや落ち葉などがたまると漏水の原因になります。また、フラット屋根の場合は軒先に『巻きだれ』や『雪庇』ができやすく、寒気が緩むと一気に落ちることもあり注意が必要です。

 

 

 

 

 

問題点

 

無落雪屋根に多いのが雪庇と巻きだれ。雪庇は屋根に積もった雪が風に吹かれ、風下側に庇のように大きく張り出し、垂れ下がってきます。大きくなると突然落下するので危険です。また、巻きだれは雪庇と形状がにていますが、緩い傾斜のついた屋根からはみ出した雪が少しずつ垂れ下がり、軒下の外壁側に巻き込んでくるため、雪庇とは発生原因が異なります。大きくなると硬くなった雪やつららが窓や外壁に当たり、損害を与えることがあります。どちらも人通りのある道路や玄関などで発生すると、雪が落下したときに事故につながります。また、隣地に落下するような場合もトラブルにつながるため、防止策を考える必要があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

排水溝(樋)の中にゴミなどが入ってはならない為にスノコをひかなければなりませんが、敷いていない為、まともに飛来物や落ち葉などが入り詰まり、排水溝の中が、プール状態になり、水かさが増して、屋根トタンと谷コイルのつかみ部分から水などが入り込んでスガモリが発生しています。

 

 

 

 

屋根トタンの樋(トタン修め)の両側立ち上がり部分のコーキングが劣化をし、透き間(亀裂)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

札幌で屋根・外壁リフォーム☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

 

 

 

 

 

札幌で屋根・外壁リフォームするなら住まいのユウケンにお任せ!

 

 

 

 

 

札幌外壁リフォーム 屋根リフォーム すがもりリフォーム マンションリフォーム 配管リフォーム

 

 

 

 

 

 

 

 

 



リフォーム札幌 札幌リフォーム 屋根リフォーム札幌 外壁リフォーム札幌

goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://sapporo.areablog.jp/blog/1000007601/p11687035c.html
リフォーム現場 トラックバック( 0)

■同じテーマの最新記事
札幌で、すがもり・外壁・屋根・リフォームするなら住まいのユウケンにお任せ!
札幌で、すがもり・外壁・屋根・リフォーム札幌 外壁リフォーム札幌
札幌で、すがもり・外壁・屋根・リフォームするなら住まいのユウケンにお任せ!
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
住まいのユウケンイメージ
住まいのユウケン
プロフィール公開中 プロフィール
家は人間の体と同じで、メンテナンスをすることによって長持ちします。長年の経験と実績をもとに住まいの知識やユウケンの工事事例の一部をブログで更新しています!
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年

おすすめリンク