札幌のリフォーム・すがもり・外壁・屋根・水廻りの専門店 

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://sapporo.areablog.jp/yuken

札幌で、すがもり・外壁・屋根・リフォームするなら住まいのユウケンにお任せ!

札幌で外壁・屋根・リフォ―ムするなら

 

評判のいい住まいのユウケンにお任せ!

 

 

リフォームでは古い部分をきちんと壊して、新しいものを

つくるのが基本

 

『リフォームはできるだけ安くあげたい』と考えるのは当然です。しかし。リフォーム業界では、お客様がわからないようにコストを下げることはいくらでも可能です。ですから、安いものは質も低い。お客様が低い質を納得して依頼するならまだしも、業者はなぜ安いかは当然隠します。結果、思惑と違う仕上がりだったり、あとで不具合が出たりというのでは、いくら安くても困ってしまうでしょう。いろいろなパターンがありますが、リフォームを行うときに一つ注意してほしいのは、『今まで使っていたものを壊さないで、その上につくりましょう』という業者の言葉です。いろいろなリフォームで考えられます。たとてば木造の一戸建てのお宅で、お風呂がカビだらけになって浴槽も古くなったのでリフォームを考え、戸建システムバスに決めました。このとき『どうせ隠れてしまうものだから、現状は壊さず、そのままユニットバスに決めました。』このとき『どうせ隠れてしまうものだから、現状は壊さず、そのままユニットバスを入れましょう』と提案する業者があります。ユニットばすは少し小さくできているので、それは可能なのです。しかしどうなのでしょう。古く汚れて見た目も悪いし、建物のメンテナンスとしても気になる。本来はその問題点を『修繕』するためのリフォームであるのです。悪くなったものを取り除いてきれいに直すというのが、修繕の意味だと思います。それなら、リフォームには『壊すこと』がつきものでしょう。

修繕しない部分は壊さず、部分的に壊して新しくつくり直すからリフォームは難しのです。壊さないで新しいものをつくるだけなら、リフォームとは言えません。カビが生えて見た目も古くなった浴室は、壁の内部もどうなっているかわかりません。見た目よりも重大な問題点が、そこに隠されているかもしれません。それを放置して新しいものを入れたら、見た目はぴっかぴかになっても壁の内部もどなっているかわかりません。これではせっかく新しいユニットバスになっても、建物としての悪い部分は何ひとつ修繕されていないことになります。

 

 

 

 

 

こうなると外壁材をとりかえる必要があります。

 

 

 

 

表面状、何ともにような外壁が剥がして見ると内部の木材が腐食しています。

 

 

 

 

 

札幌のリフォーム専門店 住まいのユウケン☆☆☆☆☆☆

 

 

 

 

 

 

本日も、リフォーム札幌でユウケンブログをご覧頂きありがとうございます。

 

 

 

 

札幌で外壁リフォーム 屋根リフォーム すがもりリフォーム 雨漏りリフォーム マンションリフォーム

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



リフォーム札幌 札幌リフォーム 屋根リフォーム札幌 外壁リフォーム札幌

goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://sapporo.areablog.jp/blog/1000007601/p11725074c.html
リフォーム現場 トラックバック( 0)

■同じテーマの最新記事
札幌で、すが漏り(すがもれ)・外壁・屋根・リフォームするなら住まいのユウケンにお任せ!
札幌で、すが漏り(すがもれ)・外壁・屋根・リフォームするなら住まいのユウケンにお任せ!
札幌で、すが漏り(すがもり)・外壁・屋根・リフォームするなら住まいのユウケンにお任せ!
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
住まいのユウケンイメージ
住まいのユウケン
プロフィール公開中 プロフィール
家は人間の体と同じで、メンテナンスをすることによって長持ちします。長年の経験と実績をもとに住まいの知識やユウケンの工事事例の一部をブログで更新しています!
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年

おすすめリンク