札幌のリフォーム・すがもり・外壁・屋根・水廻りの専門店 

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://sapporo.areablog.jp/yuken

札幌で、すがもり・外壁・屋根・リフォームするなら住まいのユウケンにお任せ!

札幌で外壁・屋根・リフォームするなら

 

 

評判のいい住まいのユウケンにお任せ!

 

 

 

寝室のリフォーム

 

安眠空間にするための基本的な配置と広さ

 

 

寝室は、一日の終わりに、ゆっくりと体を休めるばしょ。静かで、心が落ち着き、ぐっすり眠れる空間にしたいものです。隣家や道路との関係を確認し、騒音や外からの視線などにも注意して、家のどこに配置するのが一番適しているのかを見定めましょう。家の中の空間配慮にも気を配ります。子供部屋などほかの部屋と隣接する場合は遮音性の高い壁材を用いたり、間に収納スペースなどの暖衝空間を挟むと、安眠につながります。必要な広さが変わります。サイズはメーカーやデザインによって異なりますが、一般的なベットの寸法がありますので、そこから必要なスペースを割り出します。忘れてならないない寝室のプランにングは洋室にベットで眠るか、和室に布団で眠るのかで大きく変わります。布団を敷く場合、6畳以上であれば、2組曳いてもゆとりがあります。ただし、押入れ分として、別に一畳程度あります。ベットなら、そのサイズによって必要ないのが、ベットに出入りしたり、ベットメーキングをするためのサイズスペース。ベットの両サイドと足元の三方に必要となり、ベットメーキングをする。ベットならそのサイズによって必要ないのが、ベットに出入りしたり、ベットメーキングをするためのサイドスペース。ベットの両サイドと足元の三方に必要となり、それらを考慮すると、ダブルベットで6畳、ツインベットで8畳は必要で、10畳くらいあればゆとりが生まれます。

 

 

窓やドアなどの位置とベットの配置に注意

 

寝室の中で、ベットは広い床スペースを必要とします。寝室の広さが決まったら、窓の位置などを考えたら、ベットをどこに置くかを決めます。それによって鏡台、タンスなど家具やクローゼットの配置も固まってきます。

 

 

 

 

 

ダブルベットの場合

 

 

 

 

 

6畳タイプ

 

 

 

 

 

 

8畳タイプ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

札幌のリフォーム専門店 住まいのユウケン☆☆☆☆☆

 

 

 

 

 

 

 

 

本日も、リフォーム札幌でユウケンブログをご覧頂きありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

札幌で外壁リフォーム 屋根リフォーム すがもりリフォーム 雨漏りリフォーム マンションリフォーム

 

 

 

 

 

 

 



リフォーム札幌 札幌リフォーム 屋根リフォーム札幌 外壁リフォーム札幌

goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://sapporo.areablog.jp/blog/1000007601/p11729619c.html
リフォーム現場 トラックバック( 0)

■同じテーマの最新記事
札幌で、すが漏り(すがもれ)・外壁・屋根・リフォームするなら住まいのユウケンにお任せ!
札幌で、すが漏り(すがもれ)・外壁・屋根・リフォームするなら住まいのユウケンにお任せ!
札幌で、すが漏り(すがもり)・外壁・屋根・リフォームするなら住まいのユウケンにお任せ!
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
住まいのユウケンイメージ
住まいのユウケン
プロフィール公開中 プロフィール
家は人間の体と同じで、メンテナンスをすることによって長持ちします。長年の経験と実績をもとに住まいの知識やユウケンの工事事例の一部をブログで更新しています!
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年

おすすめリンク