札幌のリフォーム・すがもり・外壁・屋根・水廻りの専門店 

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://sapporo.areablog.jp/yuken

札幌で、すがもり・外壁・屋根・リフォームするなら住まいのユウケンにお任せ!

札幌で外壁・屋根・リフォームするなら

 

 

評判のいい住まいのユウケンにお任せ!

 

 

 

札幌でこんなバリアフリーリフォームをしました!

 

 

 

バリアフリーの場所別アイデア

 

シンク下に膝が入る車椅子でも使えるキッチン

 

家事の中心となるのがキッチン。刃物や火を使うスペースですから、動きやすさや使いやすさが重要です。車椅子に対応するキッチンは、シンクやワークトップの下に収納スペースを設けず、膝を入れる空間をつくります。膝がつかえないように、シンクは浅めのタイプにしましょう。また、収納は動ける範囲内に設けることも大事です。最近ではキッチンとダイニングを分ける家が減少し、広いスペースに続きのような形でキッチンとダイニングを隣接させている住宅が増えました。ダイニングテーブルは、既存品だと脚が邪魔をしたりテーブルが高すぎて使いにくかったりします。ですから、車椅子の高さに合わせてカウンター風にくくりつけのテーブルを設置したらどうでしょう。立ち上がるときも手をつけるので便利です。

 

 

 

札幌でリフォームするなら技術と、工法が確かな住まいのユウケンに

お任せ!

 

 

 

 

いちばん危ない段差は2〜3センチほど

 

日本家屋は、靴を脱いで上がり込む生活スタイルのため、欧米の住宅に比べると段差が多い作りになっています。たとえば老化から部屋に入るときなども、境目の段差につまずくことがあります。実は、はっきりとした段差よりも2〜3センチほどのわずかな段差に高齢者はつまずきやすいのです。玄関などの大きな段差は、自分でも確認できるので注意しますが、低い段差は気付きにくいため、とっさのときに身体が対処しきれないのです。対策として、下に敷地がない吊り戸を使うなど、プランを明確に持ちましょう。また廊下をはじめ、トイレ・階段など夜中に歩く場所に段差があると非常に危険です。段差を取り除くと同時に照明などで足元を照らせば安全性は高まります。

 

 

 

<!--EndFragment-->

 

 

 

 

札幌のリフォーム専門店 住まいのユウケン☆☆☆☆☆

 

 

 

 

 

本日は、リフォーム札幌でユウケンブログをご覧頂きありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

札幌で外壁リフォーム 札幌リフォーム すがもりリフォーム 雨漏りリフォーム マンションリフォーム

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



リフォーム札幌 札幌リフォーム 屋根リフォーム札幌 外壁リフォーム札幌

goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://sapporo.areablog.jp/blog/1000007601/p11739187c.html
リフォーム現場 トラックバック( 0)

■同じテーマの最新記事
札幌で、すが漏れ(すがもれ)・外壁・屋根・リフォームするなら住まいのユウケンにお任せ!
札幌で、すが漏り(すがもれ)・外壁・屋根・リフォームするなら住まいのユウケンにお任せ!
札幌で、すが漏り(すがもれ)・外壁・屋根・リフォームするなら住まいのユウケンにお任せ!
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
住まいのユウケンイメージ
住まいのユウケン
プロフィール公開中 プロフィール
家は人間の体と同じで、メンテナンスをすることによって長持ちします。長年の経験と実績をもとに住まいの知識やユウケンの工事事例の一部をブログで更新しています!
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年

おすすめリンク