札幌のリフォーム・すがもり・外壁・屋根・水廻りの専門店 

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://sapporo.areablog.jp/yuken

札幌で、すがもり・外壁・屋根・リフォームするなら住まいのユウケンにお任せ!

札幌で外壁・屋根・リフォームするなら

 

 

評判のいい住まいのユウケンにお任せ!

 

 

 

氷柱・すがもれについて

 

1)札幌の屋根断熱気密借置

 

 

氷柱やすがもれなど、屋根雪の障害の多くは、雪が融け、その融雪水が再凍結することによって発生します。北海道の真冬の外気温は、日中でもマイナス温度になるため、融雪水はすぐに再凍結します。融雪に関わる熱の供給源の一つには、室内の暖房熱があげられます。極端な事例ですが、暖房されていない未入居の住宅では、氷柱や巻きだれ、すがもれの被害が極めて少ないことがわかります。トラブルの少ない住宅にするためには、暖房熱を屋根面に伝えない工夫として、屋根や天井に断熱気密措置をしっかり行うことが必要です。

 

 

 

 

2)札幌の小屋裏の換気措置

 

 

氷柱やすがもれを防ぐコツは、暖房熱を屋根面に伝えないことです。小屋裏(天井裏)は、新断熱材を施すだけでなく、換気口を設けて外気を取り入れて換気します。天井断熱や屋根断熱と小屋裏の換気方法は、大別できます。該当する換気方式に従って、小屋裏換気に必要な有効開口面積を決めます。なお、換気口は、雨や雪、虫の侵入を防ぐため、ガラリや網などの換気部材を設けるのが一般的です。この部材を取り付けるように、換気上有効な面積が減りますので、設計時には注意が必要です。

 

 

 

 

 

 

雪庇について注意すべきこと雪庇は、無落雪屋根の風下側で発生しやすい特徴があります。住宅の風下側が駐車場や玄関アプローチとなる場合は、注意が必要です。住宅の風下側が吹雪が多く、その風下の南東側の屋根端部に雪庇ができるケースが多く、その風下の南東側の屋根端部に雪庇ができるケースが多く見られます。住宅用地を購入する場合には、周辺住宅の雪庇の形成方位を観察したり、冬季の風向を知っておくことが重要です。雪庇の形成方位に駐車場や玄関アプローチがある場合は、カーポートや小屋根を設けて、雪庇落下による事故防止対策を施工必要があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

札幌のリフォーム専門店 住まいのユウケン☆☆☆☆☆

 

 

 

 

 

本日は、リフォーム札幌でユウケンブログをご覧頂きありがとうございます。

 

 

 

 

 

札幌で外壁リフォーム 札幌リフォーム すがもりリフォーム 雨漏りリフォーム マンションリフォーム

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



リフォーム札幌 札幌リフォーム 屋根リフォーム札幌 外壁リフォーム札幌

goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://sapporo.areablog.jp/blog/1000007601/p11744324c.html
リフォーム現場 トラックバック( 0)

■同じテーマの最新記事
札幌で、すが漏れ(すがもれ)・外壁・屋根・リフォームするなら住まいのユウケンにお任せ!
札幌で、すが漏り(すがもれ)・外壁・屋根・リフォームするなら住まいのユウケンにお任せ!
札幌で、すが漏り(すがもれ)・外壁・屋根・リフォームするなら住まいのユウケンにお任せ!
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
住まいのユウケンイメージ
住まいのユウケン
プロフィール公開中 プロフィール
家は人間の体と同じで、メンテナンスをすることによって長持ちします。長年の経験と実績をもとに住まいの知識やユウケンの工事事例の一部をブログで更新しています!
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年

おすすめリンク