札幌のリフォーム・すがもり・外壁・屋根・水廻りの専門店 

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://sapporo.areablog.jp/yuken

札幌で、すがもり・外壁・屋根・リフォームするなら住まいのユウケンにお任せ!

札幌で外壁・屋根・リフォームするなら

 

 

 

評判のいい住まいのユウケンにお任せ!

 

 

 

札幌のE様宅の屋根落雪工事

 

 

札幌のE様宅の屋根は現在、本屋根・下屋根ともに流れ屋根であって、下屋根には軒先ダクトルーフヒーティングが放置されております。しかし、軒先ダクト自体の施工のやり方が取り合い加工納めが悪い状態であります。まず、屋根トタンと旧谷コイルのつかみ部分がなく、隙間が生じており、そこから融雪水などが入り込んでおります。又、本来、軒先ダクト・ルーフヒーティングの内側の(底面・背面)については谷コイルを用いることになっております。現在の谷コイルは、旧材質であって錆や腐食を発生させて伸縮性が激しいために、屋根トタンとのつなぎ部分は剥離して亀裂が入っております。当社の使用します谷コイルは現在の谷コイルと違い、防水性・耐凍性・防錆性に富んでおります、保温効果もあります。そのため屋根トタンと谷コイルのつかみ部分がしっかりと密着をします。又排水溝についても、現在、雪やゴミなどが一気に入らないように、自在ドレンキャップをしてないために、排水パイプに雪や氷などが入り込んでプール状態になります。それからの箇所から融雪水や雨水が入り込んで、すがもりが発生している状態であります。屋根トタン自体の素地が出てきており、塗膜(防水性)が段々薄くなっている状態であります。又、本屋根の横葺トタンに関しても、トタンとトタンのつなぎ部分がこのまま放置しますと、さらに、すがもりが広がり屋根下地が屋根自体の重さに耐えられなくなり、天井が陥没などの現象もでることも十分考えられいます。

 

 

 

 

 

屋根部分写真(本屋根)

 

 

本屋根は横葺トタンになっておりますが、横葺は下屋根のトタンと異なり、雪が停滞しやすく納め加工も不良で、トタンとトタンの隙間より、雨水等が入り込んでスガモリ等が発生しています。

 

 

 

本屋根・下屋根ともに屋根トタン軒天つかみ部分が不良状態にあり、屋根トタン自体の素材も悪いために素地が出てきております。

 

 

 

 

 

屋根部分写真(下屋根)

 

屋根トタンと谷コイルのつかみ納めが不良状態にあります。(谷コイルと屋根トタンのつかみ部分は融雪水などが入り込んで氷となって膨張をし、さらに隙間が生じて雨水等でもその隙間より雨水が入り込んでアマモリが発生しています。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

札幌のリフォーム専門店 住まいのユウケン☆☆☆☆☆☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日は、リフォーム札幌でユウケンブログをご覧頂きありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

札幌で外壁リフォーム 札幌リフォーム すがもりリフォーム 雨漏りリフォーム マンションリフォーム



リフォーム札幌 札幌リフォーム 屋根リフォーム札幌 外壁リフォーム札幌

goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://sapporo.areablog.jp/blog/1000007601/p11745619c.html
リフォーム現場 トラックバック( 0)

■同じテーマの最新記事
札幌で、すが漏り(すがもれ)・外壁・屋根・リフォームするなら住まいのユウケンにお任せ!
札幌で、すが漏り(すがもれ)外壁・屋根・リフォームするなら住まいのユウケンにお任せ!
札幌で、すが漏り(すがもれ)・外壁・屋根・リフォームするなら住まいのユウケンにお任せ!
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
住まいのユウケンイメージ
住まいのユウケン
プロフィール公開中 プロフィール
家は人間の体と同じで、メンテナンスをすることによって長持ちします。長年の経験と実績をもとに住まいの知識やユウケンの工事事例の一部をブログで更新しています!
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年

おすすめリンク