札幌のリフォーム・すがもり・外壁・屋根・水廻りの専門店 

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://sapporo.areablog.jp/yuken

札幌で、すが漏り(すがもり)・外壁・屋根・リフォームするなら住まいのユウケンにお任せ!

札幌で屋根・外壁・リフォームするなら

 

 

評判のいい住まいのユウケンにお任せ!

 

 

 

札幌でT様宅 外壁工事

 

 

【現在の状況】

現在の外壁は、ボンタイル(樹脂製ビニール塗料)を吹付塗装を行っております。しかし、台所の窓廻り及び他の窓廻り・外壁面にボンタイルの膨れ、ひび割れが箇所が多々あります。これは、塗装を行う際に傷んでいた外壁部分を取り除き処置をしていないのでそのままその上から塗装を行ったのです。塗装をすることによって、塗装層(防水層)がでてきます。その為に、今まで壁の中に入っていた、湿気や結露・損傷した部分が外部に出れない状態で閉じ込められた状態(ジメジメした状態)になります。その結果、台所の窓下には、蟻の巣が壁の中に入っております。蟻は湿気のあるところ及び腐食した木材などを好み、壁構造用柱・間柱等、建物を支えるのに大事な木下地を一気に腐食させ、ボロボロにします。他の窓廻り・外壁面に関しても、和室の窓下部分の湿気・結露により、ボンタイル自体が剥離(浮き)が見られます。

 

 

 

 

【施工内容】

現在、腐食損傷している台所の窓外壁1面及び他の痛んでいる外壁材を剥がし撤去をし、壁下地安定処理調整をまんべんなく行い、構造用木下地等を用いて、堅固に施工します。そのあと、防腐処置をまんべんなく行います。それから、防湿防水シート全面にすき間なく張ります。その上に、木胴縁を頑丈に張り付け、そのあと、『高品質・高断熱ガルバリウム金属サイディング』を4面堅固に張ります。耐久性のある役物・部材を用いて、出隅・入隅・連結部・窓廻りを堅い固に気密的にします。完全防水の断熱性に富んだ丈夫で耐久性・美観性のある耐久外壁になります。

 

 

 

@既存の外壁ボンタイルにクラック(ひび)そして全面塗装

がありません。

 

 

 

 

 

A剥がした結果部材の不良個所がかなり進んでいました。

 

 

 

 

 

 

B完成後の外壁サイディング

 

 

 

 

 

 

あなたの家は大丈夫?   外 壁

 

 

 

モルタルのひびやコーキングの切れ目から外壁の内部に水が浸透して柱や土台、断熱材までをも傷めてしまう危険が!

 

 

 

 

劣化したコーキングをそのままにしておくと……

 

放置しておくと、割れ目から躯体本体に雨水や湿気が侵入することで躯体を傷めたり、断熱材の機能を損なわすことがある他、外壁材の張り替えが必要になることもあります。又、最悪の場合壁下地、柱、土台等構造材の腐食にもつながり、改修のための多大な費用が必要とされますので、外壁工事と同時にコーキングの立ち直しも大変重要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

札幌のリフォーム専門店 住まいのユウケン☆☆☆☆☆

 

 

 

 

 

 

 

本日は、リフォーム札幌でユウケンブログをご覧頂きありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

札幌で外壁リフォーム すがもりリフォーム 

 

 

雨漏りリフォーム 札幌リフォーム マンションリフォーム

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



リフォーム札幌 札幌リフォーム 屋根リフォーム札幌 外壁リフォーム札幌

goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://sapporo.areablog.jp/blog/1000007601/p11758167c.html
リフォーム現場 トラックバック( 0)

■同じテーマの最新記事
札幌で、すが漏れ(すがもれ)・外壁・屋根・リフォームするなら住まいのユウケンにお任せ!
札幌で、すが漏り(すがもれ)・外壁・屋根・リフォームするなら住まいのユウケンにお任せ!
札幌で、すが漏り(すがもれ)・外壁・屋根・リフォームするなら住まいのユウケンにお任せ!
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
住まいのユウケンイメージ
住まいのユウケン
プロフィール公開中 プロフィール
家は人間の体と同じで、メンテナンスをすることによって長持ちします。長年の経験と実績をもとに住まいの知識やユウケンの工事事例の一部をブログで更新しています!
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年

おすすめリンク