札幌のリフォーム・すがもり・外壁・屋根・水廻りの専門店 

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://sapporo.areablog.jp/yuken

札幌で、すが漏り(すがもり)・外壁・屋根・リフォームするなら住まいのユウケンにお任せ!

札幌で屋根・外壁・リフォームするなら

 

評判のいい住まいのユウケンにお任せ!

 

 

 

札幌市北区S様宅屋根工事に伴う

 

屋根診断結果

 

屋根は現在、本屋根・下屋根≪和室上・車庫上≫はスノーダクト工法(無落雪屋根)及び下屋根≪水廻り部・居間上≫は、片流れ屋根工法でありますが、排水溝の谷コイルの素材が、旧材質であって被覆が剥離をし、サビ腐食状態にあります。その上、谷コイルの立ち上がりには防水処置や切り込み加工が悪く隙間があります。特に立ち上がり部の隙間は融雪水などが入り込んで中で凍結して膨張して隙間が段々開いたと思われます。排水溝は常に雨水などを流す所でもあるので防水処置加工を施することが大切なのです。また、谷コイルと屋根トタンとのつかみ部分でもあるので防水処置加工を施することが大切なのです。また、谷コイルと屋根トタンとのつかみ部分は部分的に開いております。これも融雪水などが樋の隙間から雨水などが入り込んでいます。屋根トタン自体(野地・笠木)も年数の経過とともに、塗膜(防水性)が全くない状態で、サビ・腐食状態にあります。屋根トタンのつなぎのコーキングもシリコン系ですので、硬化して亀裂やトタンから剥離しており、そこの透き間から、雨水等が入り込みやすい状況です。また屋根トタンのつまみ部分(ハゼ)も全体的に開いております。現状からみて、スガモリが発生している箇所も多々見受けられます。又、和室上はコーキング補修が施されておりますが、出入口を塞ぐ事により、他の箇所に水が伝わりやすくなります。このまま放置しておきますとさらに、雨水などが谷コイルと屋根トタンの巻き込みつかみ部分屋根トタンのつなぎ部分などに入り込み、屋根木下地や、天井下地まで腐食劣化が進行をし、今以上のスガモリが発生します。その上、屋根下地が屋根自体の重さに耐えられなくなり、天井が陥没などの現象をでることも十分考えられます。その場合は内壁はもちろんのこと、内壁・外壁を剥がすなどの処置工事を行わなければなりません。又、人体に有害な、湿度・カビが発生しますので、早急な工事を要します。

      

 

 

        

■本屋根の排水溝は旧材質の谷コイルが施されておりますが、サビ腐食の状態です。その上、自在ドレン廻りも隙間があります。屋根トタンと谷コイルのつかみ巻き込み処置が不良なために隙間が生じております。常に雨水などが溜まっているために、つなぎ部分が不良ですと、そこから雨水が入り込んでスガモリが発生させます。

 

 

       

■笠木と野地面とのつなぎ部分に関しては、防水処理が施されていない為に、雨水が入り込みやすい箇所でもあります。

 

 

 

 

 

 

     

 

 

■樋(排水溝)の中も被覆が剥離をし、サビ腐食をしております。素地もでてきております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

札幌のリフォーム専門店 住まいのユウケン☆☆☆☆☆

 

 

 

 

 

本日は、リフォーム札幌でユウケンブログをご覧頂きありがとうございます。

 

 

 

 

 

札幌で外壁リフォーム すがもりリフォーム 

 

 

 

雨漏りリフォーム 札幌リフォーム マンションリフォーム

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



リフォーム札幌 札幌リフォーム 屋根リフォーム札幌 外壁リフォーム札幌

goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://sapporo.areablog.jp/blog/1000007601/p11758690c.html
リフォーム現場 トラックバック( 0)

■同じテーマの最新記事
札幌で、すが漏り(すがもれ)・外壁・屋根・リフォームするなら住まいのユウケンにお任せ!
札幌で、すが漏り(すがもれ)・外壁・屋根・リフォームするなら住まいのユウケンにお任せ!
札幌で、すが漏り(すがもれ)・外壁・屋根・リフォームするなら住まいのユウケンにお任せ!
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
住まいのユウケンイメージ
住まいのユウケン
プロフィール公開中 プロフィール
家は人間の体と同じで、メンテナンスをすることによって長持ちします。長年の経験と実績をもとに住まいの知識やユウケンの工事事例の一部をブログで更新しています!
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年

おすすめリンク