札幌のリフォーム・すがもり・外壁・屋根・水廻りの専門店 

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://sapporo.areablog.jp/yuken

札幌で、すが漏れ(すがもれ)・外壁・屋根・リフォームするなら住まいのユウケンにお任せ!

札幌で屋根・外壁・リフォームするなら

 

 

評判のいい住まいのユウケンにお任せ!

 

 

 

札幌東区 M様邸 屋根工事

 

 

屋根は現在、スノーダクト工法(無落雪屋根)でありますが、排水溝のドレン廻り・谷コイルの立ち上がり部分(両側)のコーキングが剥離・劣化状態になっており隙間が生じ雨水等が入り込んでおります。排水溝はスノーダクトにとって一番大事な所でもあります。因みに、シリコンコーキングは、硬化力があり弾力性がなくコーキングに亀裂が入りやすい材料なのです。屋根トタン自体も年数の経過とともに、塗膜(防水性)が全くない状態で、全体的にサビは発生しております。サビを放置して置きますと現状よりサビが広がり、穴が空きそこから雨水などが入り込んでしまいます。それらの箇所から雨水などがさらに入り込み、屋根下地・天井下地まで腐食・劣化が進行します。その上、屋根下地材が屋根自体の重さに耐えられなくなり、天井陥没などの現象もでることも十分考えられます。又、人体に有害な、湿気・カビが発生しますので、早急な工事を要します。

 

 

 

※年数の経過とともに、塗膜(防水性)がなくなり、サビが発生しています。このまま放置して置きますと、サビが広がり、穴が空き、スガモリが発生します。

 

 

 

 

 

 

 

 

※本屋根同様下屋根も、トタン材質自体の塗膜(防水性)が薄くなっております。又、本来排水溝(樋)の中にゴミなどが入ってならない為に木製スノコを敷かなければなりませんが、木製スノコは年数の経過とともに、木が腐食・劣化状態にあります。その為、雪・飛来物・落ち葉などがドレンの中に入り込みスガモリが発生させます。

【排水溝は、スノーダクト工法の心臓部に値します】

 

 

 

 

 

 

 

 

出さない、

 

出したら早急に対処

 

サビ

 

 

水分や空気などが作用してサビが発生。

サビが目立つようなら、葺き替えが必要。

 

サビは水分などが作用して起こる化学変化により金属の表面に酸化物ができるもの。北海道の場合、屋根材にはもっぱら金属製品(カラートタンなど)が使われており、塗料を焼き付けるなどして防サビ対策がなされていますが、それでも雨や雪の影響で年月が経つとサビが生じます。強い風に乗って運ばれてくる海水の塩分がトタンに悪影響を及ぼすのはよく知られるところですし、酸性雨による悪影響も懸念されます。トタン屋根はこまめに状態を見て補修と塗り替えをする必要があり、サビが目立つようであれば屋根の葺替えをする必要です。なお、サビの出方は、屋根材の材質や屋根の形状などでも異なります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

札幌で屋根・外壁リフォーム⇒クリック☆☆☆☆☆

 

 

 

 

 

 

本日は、リフォーム札幌でユウケンブログをご覧頂きありがとうございます。

 

 

 

 

札幌でリフォーム すがもりリフォーム 雨漏りリフォーム

 

 

 

 

外壁リフォーム マンションリフォーム

 

 

 

 

 

 

 

 

 



リフォーム札幌 札幌リフォーム 屋根リフォーム札幌 外壁リフォーム札幌

goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://sapporo.areablog.jp/blog/1000007601/p11762085c.html
リフォーム現場 トラックバック( 0)

■同じテーマの最新記事
札幌で、すが漏れ(すがもれ)・外壁・屋根・リフォームするなら住まいのユウケンにお任せ!
札幌で、すが漏り(すがもれ)・外壁・屋根・リフォームするなら住まいのユウケンにお任せ!
札幌で、すが漏り(すがもれ)・外壁・屋根・リフォームするなら住まいのユウケンにお任せ!
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
住まいのユウケンイメージ
住まいのユウケン
プロフィール公開中 プロフィール
家は人間の体と同じで、メンテナンスをすることによって長持ちします。長年の経験と実績をもとに住まいの知識やユウケンの工事事例の一部をブログで更新しています!
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年

おすすめリンク