札幌のリフォーム・すがもり・外壁・屋根・水廻りの専門店 

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://sapporo.areablog.jp/yuken

札幌で、すが漏り(すがもれ)・外壁・屋根・リフォームするなら住まいのユウケンにお任せ!

札幌で屋根・外壁リフォームするなら

 

 

評判のいい住まいのユウケンにお任せ!

 

 

札幌で屋根リフォーム工事の事例より

 

屋根・下屋根双方とも、年数の経過とともに塗膜(防水性)がない状態でサビ・腐食状態にあります。屋根板金とのつなぎ部分のコーキング硬化した状態で亀裂が入ってそこから雨水などが入り込んでおります。又排水溝は、現在、FRPで工場で予め加工し、現場で納めて、高さの足りない部分は木で幕板を貼り、鉄板を貼り付けた工法です。又、納めがひどい状態で、木材も見えている状態です。そのために、排水溝がプール状態になった場合に水笠が増し、FRPと幕板鉄板との間の隙間より、水が入り込んでスガモリが発生しております。又排水溝はスノコなどが敷いていないために、泥や葉っぱなどが入り込んでおります。

 

 

屋根は、スノーダクト工法(無落雪屋根)でありますが、排水溝の谷コイルの素材が、FRPで工事で成型加工をし、現場で加工ではないため、隙間が生じてしまいます。その隙間を木下地で幕板を作り、その上に屋根トタンで納める工法であります。この工法は全然間違った工法です。本来排水溝は常に天水などを流す所であるので隙間やつなぎ目をなくすことが大切です。現在のFRP工法ですと、大雨や雪などが樋の中に一気に入ると、プール状態になり、FRPと木幕板との隙間から雨水などが入り込んでしまいます。屋根トタンのつなぎのコーキングもシリコン系ですので、硬化して亀裂やトタンから剥離しており、そこの透き間から、雨水等が入り込んでおります。このまま放置しておきますと、さらに、雨水などが、FRPと木幕板との隙間や谷コイルと屋根トタン巻き込みつかみ部分・屋根トタンのつなぎ部分などに入り込み、屋根木下地や、天井下地まで腐食劣化が進行をし、スガモリが発生します。その上、屋根下地材が屋根自体の重さに耐えられなくなり、天井が陥没などの現象も出ることも十分考えられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

札幌でリフォーム専門店 住まいのユウケン☆☆☆☆☆

 

 

 

 

本日は、リフォーム札幌でユウケンブログをご覧頂きありがとうございます。

 

 

 

 

札幌で外壁リフォーム 札幌リフォーム

 

 

 

すがもりリフォーム 雨漏りリフォーム

 

 

 

マンションリフォーム

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



リフォーム札幌 札幌リフォーム 屋根リフォーム札幌 外壁リフォーム札幌

goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://sapporo.areablog.jp/blog/1000007601/p11771868c.html
リフォーム現場 トラックバック( 0)

■同じテーマの最新記事
札幌で、すが漏れ(すがもれ)・外壁・屋根・リフォームするなら住まいのユウケンにお任せ!
札幌で、すが漏り(すがもれ)・外壁・屋根・リフォームするなら住まいのユウケンにお任せ!
札幌で、すが漏り(すがもれ)・外壁・屋根・リフォームするなら住まいのユウケンにお任せ!
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
住まいのユウケンイメージ
住まいのユウケン
プロフィール公開中 プロフィール
家は人間の体と同じで、メンテナンスをすることによって長持ちします。長年の経験と実績をもとに住まいの知識やユウケンの工事事例の一部をブログで更新しています!
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年

おすすめリンク