札幌のリフォーム・すがもり・外壁・屋根・水廻りの専門店 

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://sapporo.areablog.jp/yuken

札幌で、すがもり・外壁・屋根・リフォームするなら住まいのユウケンにお任せ!

リフォーム工事を札幌で頑張ってます!

 

 

札幌で外壁・屋根・雨漏り・リフォーム工事お考えの方

 

札幌で外壁・屋根・雨漏り・リフォーム工事するなら住まいのユウケンへ

 

 

札幌で外壁工事

 

外壁は苛酷な気象条件にさらされ、寿命は縮むばかり!クラックの入ったモルタル壁、朽ちてきた木質壁、色褪せた塗装など汚れた外観。すきま風、効かなくなった断熱材など機能の低下した住宅。外壁に関するトラブルは数々あります。こんなトラブルをすべて解決。汚れた外観を一新、機能を回復し、永く性能を維持します。安らぎとくつろぎのある快適な暮らしを約束し、リフォームをより完成度の高いものとします。

 

 

 

札幌の外壁と屋根はこの冬に、耐えられますか?

 

屋根・外壁は住まいの生命です!

 

 

 

 

日増しに寒さが増し、もう真近で厳しい長い冬が到来します。外壁や屋根の劣化や不良を放置しておきますと冬は夏の3倍の痛みが進行し、大掛かりな工事に発展しおおきな費用もかかります。

 

 

 

 

外壁と屋根のチェックしてみませんか?

 

 

■窓廻りの外壁が浮いている

 

 

 

■外壁、釘の跡の塗装が、一定間隔で見えている

 

 

 

■外壁を手でこすると、白い粉が手につく

 

 

 

■コーキング(窓廻り、つなぎ目などのゴム)が固くなっていて、すきまがあいている。あるいは、ヒビが入って割れている。

 

 

 

■窓から、水が……結露?それとも、雨漏り?

 

 

■家の中の天井が染みている

 

 

■軒先がはがれている

 

 

■トタンがサビが発生している。

 

 

 

以上のような状態が外壁や内部に見られなら、リフォームの時期です。早い段階での対処が、家自体を痛めないで長持ちしますし、費用も少なくてすみます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

札幌で屋根・外壁リフォーム☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

 

 

 

 

 

札幌で屋根・外壁リフォームするなら技術と工法が確かな住まいのユウケンにお任せ!

 

 

 

札幌で外壁リフォーム 屋根リフォーム すがもりリフォーム 雨漏りリフォーム マンションリフォーム 増改築リフォーム 配管リフォーム

 

 

 

 

 



リフォーム札幌 札幌リフォーム 屋根リフォーム札幌 外壁リフォーム札幌

goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://sapporo.areablog.jp/blog/1000007601/p11671253c.html
リフォーム現場 トラックバック( 0)

札幌で、すがもり・外壁・屋根・リフォームするなら住まいのユウケンにお任せ!

リフォーム工事を札幌で頑張ってます!

 

 

札幌で外壁・屋根・雨漏り・リフォーム工事お考えの方

 

 

札幌で外壁・屋根・雨漏り・リフォーム工事するなら住まいのユウケンへ

 

 

 

≪札幌のリフォーム専門会社のユウケンからの

住まいの知識≫

 

 

 

リフォーム工事

 

今札幌では外壁工事が盛んです。

 

 

外壁の種類を変える(金属サイディング編)最近問い合わせも多く、施工数も多いものがこの工法です。各メーカーが様々な色・柄で画材の種類を取り揃えています。表面材もスチール・アルミ・ガルファン・ガルバリウムでコストと耐用年数のバランスが良いのがガルバリウム材と思われます。

 

施工方法は、既存外壁に新規に通気層を設けて重ね張りをしていくわけですが、この際、気をつけなければならないのは、壁内結露が発生していないか、チェックすることです。

 

壁内結露があると、断熱財の性能が劣化しているばかりか、土台や柱などにも影響が出ている場合もあります。具体的に既存外壁の劣化がしているか捜すこととなります。この作業を怠ると『濡れ布団に乾いた布団を掛ける』こととなり後々余計な工事費がかかります。特に通気層がなくモルタルタイル仕上げの浴室で、モルタル外壁の家は半数以上が浴室廻りの土台と柱が朽廃がある場合が多く、注意が必要です。

 

                  

 

 

 

 

             

 

 

 

 

 

 

違いを知ろう 外壁材

 

 

◆ボード系サイディング

 

木片などに繊維材料を混ぜセメントなどで固めたもの。種類は豊富で普及率が高いが、接合部のコーキング財が痛みやすく、定期的な点検、処置が必要。凍害対策も必要

 

 

◆金属系サイディング

 

 

 

外側にアルミ合金などを使用し、発砲樹脂(断熱材)で裏打ちしたもの凍害が全くなく、耐久性が高い。

 

 

 

 

 

 

 

札幌でリフォームするなら住まいのユウケンにお任せ下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

札幌で屋根・外壁リフォーム☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

 

 

 

 

 

 

札幌で屋根・外壁リフォームするなら技術と工法が確かな住まいのユウケンにお任せ!

 

 

 

 

 

札幌で外壁リフォーム 屋根リフォーム すがもりリフォーム 雨漏りリフォーム マンションリフォーム 増改築リフォーム 配管リフォーム



リフォーム札幌 札幌リフォーム 屋根リフォーム札幌 外壁リフォーム札幌
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://sapporo.areablog.jp/blog/1000007601/p11670313c.html
リフォーム現場 トラックバック( 0)

札幌で、すがもり・外壁・屋根・リフォームするなら住まいのユウケンにお任せ!

リフォーム工事を札幌で頑張ってます!

 

 

札幌で外壁・屋根・雨漏り・リフォーム工事お考えの方

 

 

札幌で外壁・屋根・雨漏り・リフォーム工事するなら住まいのユウケンへ

 

 

札幌で北区I様宅 屋根工事

 

 

 

屋根診断結果

 

屋根は現在、スノーダクト工法(無落雪屋根)でありますが、全体的に、屋根トタンの塗装(防水性)がなくなっており、所々サビなどが発生しております。屋根のつなぎのコーキングもシリコン系ですので、硬化して亀裂やトタンから剥離しており、そこの透き間から、雨水等が入り込んでおります。

このまま放置しておきますと、さらに、雨水などが、亀裂の入ったコーキング・谷コイルと屋根トタンの巻き込みつかみ部分や屋根トタンのつなぎ部分などに入り込み、屋根木下地や、天井下地まで腐食劣化が進行をし、すがもりが発生します。その上、屋根下地材が屋根自体の重さに耐えられなくなり、天井が陥没などの現象も出ることも十分考えられます。又、人体に有害な、湿気・カビが発生しますので、早急な工事を要します。

 

 

 

 

 

 

 

 

全体的に塗膜(防水性)がなくなり、サビなどが発生しており、劣化状態になあります。

 

 

 

屋根トタンと屋根トタンのツナギ部分のコーキングが施していますが、年数の経過とともに、剥離・劣化状態にあります。

 

 

 

 

 

 

全体的に塗膜(防水性)がなくなり、サビなどが発生しており、劣化状態にあります。又、ハゼ(屋根トタンと屋根トタンのつなぎ部分)が、つかみが不良状態にあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

札幌で屋根・外壁リフォーム☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

 

 

 

 

 

 

札幌で屋根・外壁リフォームするなら技術と工法が確かな住まいのユウケンにお任せ!

 

 

 

 

 

 

札幌で外壁リフォーム 屋根リフォーム すがもりリフォーム 雨漏りリフォーム マンションリフォーム 増改築リフォーム 配管リフォーム

 

 

 

 

 

 



リフォーム札幌 札幌リフォーム 屋根リフォーム札幌 外壁リフォーム札幌
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://sapporo.areablog.jp/blog/1000007601/p11669936c.html
リフォーム現場 トラックバック( 0)

札幌で、すがもり・外壁・屋根・リフォームするなら住まいのユウケンにお任せ!

リフォーム工事を札幌で頑張ってます!

 

札幌で外壁・屋根・雨漏り・リフォーム工事お考えの方

 

 

札幌で外壁・屋根・雨漏り・リフォーム工事するなら

 

住まいのユウケンへ

 

 

 

 

外壁リフォームのポイント

 

外壁財はモルタルに代表される温式工法と、サイディングなどの乾式工法がありあます。

 

 

 

 

札幌での外壁リフォームの方法

 

●重ね張り

既存の壁材の上に新しい外壁材を張り増しする方法。

廃材が少ないので、環境にやさしく経済的。

 

●張り替え

既存の壁材を撤去して新しい外壁材に張り替える方法。下地から外壁を一新できます。

 

 

 

■素材別外壁材の特徴

 

 

サイディング

 

特徴

ボード上の外壁材で、下地の合板釘打ちで止める施工性の高さのと、品質の均一さ、タイル調・レンガ調・石調などデザインが豊富なものも魅力です。

 

 

窯業系サイディング

 

特徴

セメントなどを主原料として木片は無機物を混ぜて強化し、プレス成型したもの。色・デザインの種類が豊富で価格帯の幅広いので今の主流となっています。

 

 

 

メンテナンス

汚れ、褪色、割れ、シーリングの劣化を確認。褪色が目立ってきたら再塗装を。

 

 

金属系サイディング

 

特徴

成形したスチールやアルミを表面材として断熱材を裏打ちしたもの。軽量で施工性が良く、種類も豊富です。最近はモダン住宅の流行で人気が高くなっています。

 

 

メンテナンス

汚れ、さび、変形、暖み、シーリングの劣化を確認。表面に傷がつくとサビの原因になるので、補修を。

 

 

木質系サイディング

 

特徴

天然木、合板、木片セメントなどを塗装したもの。消防法などで場合があるので、確認が必要です。

 

 

メンテナンス

 

汚れ、褪色、汚れ、反り、割れを確認。褪色が目立ってきたら再塗装を。

 

 

●窯業系サイディング

 

 

 

 

●金属系サイディング

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

札幌で屋根・外壁リフォーム☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

札幌で屋根・外壁リフォームするなら技術と工法が確かな住まいのユウケンにお任せ!

 

 

 

札幌で外壁リフォーム 屋根リフォーム すがもりリフォーム 雨漏りリフォーム マンションリフォーム 増改築リフォーム 配管リフォーム

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



リフォーム札幌 札幌リフォーム 屋根リフォーム札幌 外壁リフォーム札幌
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://sapporo.areablog.jp/blog/1000007601/p11669065c.html
リフォーム現場 トラックバック( 0)

札幌で、すがもり・外壁・屋根・リフォームするなら住まいのユウケンにお任せ!

リフォーム工事を札幌で頑張ってます!

 

 

札幌で屋根・外壁・雨漏り・リフォーム工事お考えの方

 

 

札幌で屋根・外壁・雨漏り・リフォーム工事するなら

 

住まいのユウケンへ

 

 

 

 

 

 

 

今の時期・札幌では屋根リフォーム工事増加中!

 

 

 

 

冬の雪降り時期になりますと、屋根は夏の3倍の痛みが増します。

 

 

 

 

秋頃、そんなに痛んでなく、すがもり・雨漏りしていないようだったけど、冬になり、屋根がかなり痛み出し、すがもり・雨漏りが進み、大掛かりな工事に発展します。

 

 

トタンとトタンとのすき間が。

そこから融雪水が流れ込んでスガモレに……

 

 

 

 

トタンとトタンのつなぎ目となる“ハゼ(折り曲げ継手)”の部分と吊子(トタンをずれないように留める金具)との間にすき間が生じることがあります。すき間ができると融雪水が流れ込んでスガモレに……。スガモレの原因は、このようなトタンのすき間からというのが圧倒的に多いのが現実です。トタンはどんなすき間も許されないのです。又、職人の技術不足から加工不良によるすがもりが多いです。

 

 

 

屋根の下部の水がたまって凍結しやすい場所で、はぜがゆるんで。雪落ちのさまたげとなりやすく、又、ハゼの中に水が入り込んで凍結を繰り返すことによって、すがもりの原因となります。

 

 

 

★雪が落ちになくなった、氷やつららが大きくなった、軒天のスレート板に水が染み込んできたなどの症状が出てきたらもう赤信号です。★

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

札幌で屋根・外壁リフォーム☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

 

 

 

 

 

 

札幌で屋根・外壁リフォームするなら技術と工法が確かな住まいのユウケンにお任せ!

 

 

 

 

 

 

札幌で外壁リフォーム 屋根リフォーム すがもりリフォーム 雨漏りリフォーム マンションリフォーム 増改築リフォーム 配管リフォーム

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



リフォーム札幌 札幌リフォーム 屋根リフォーム札幌 外壁リフォーム札幌
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://sapporo.areablog.jp/blog/1000007601/p11668309c.html
リフォーム現場 トラックバック( 0)

札幌で、すがもり・外壁・屋根・リフォームするなら住まいのユウケンにお任せ!

リフォーム工事を札幌で頑張ってます!

 

 

札幌で屋根・外壁・雨漏り・リフォーム工事お考えの方

 

札幌で屋根・外壁・雨漏り・リフォーム工事するなら

 

住まいのユウケンへ

 

 

 

 

 

札幌で、住まいの屋根点検(リフォームの時期が遅れますと大掛かりな工事に発展します。)

 

 

 

【屋根】

傾斜屋根では、雪が屋根面を滑り落ちる際の摩擦で塗装がはがれたり、日射により塗装が劣化します。また、雪止め金具の取り付け部は錆が発生しやすく、錆びたまま長年放置しておくと雨漏りの原因にもなります。できれな年に一度は点検しましょう。無落雪屋根では、スノーレーンやドレンパイプに枯れ葉やビニールなどのゴミがたまっていると、スムーズな排水ができなくなり漏水の原因になります。屋根に雪が積もる前に目安に必ず点検を行います。カラー亜鉛鉄板の塗装は、変色してきたり、サビが目立ってきたために、屋根のリフォーム(葺替)の時期です。

 

 

             外廻りの点検項目と判断の目安

 

 

 

 

 

 

【屋根】

 

<点検項目> ◎塗装の劣化

       ◎無落雪屋根のつまり

 

 

 

 

判断目安

塗装にはがれ、色あせ、白っぽい粉が出るなどの症状がありません。また鉄板が錆びていませんか?(張り替えの必要があるかもしれません)無落雪屋根の場合、スノーレーンやドレンパイプに枯れ葉やゴミがたまっていませんか?(水漏れの原因になります)

 

 

【軒裏】

 

 

<点検項目>  札幌で雨漏りの有無

 

 

判断目安

 

シミ、腐れがありませんか?(雨漏りの可能性があります)

 

 

 

【外壁】

 

 

判断目安 

 

仕上げ材に、ひび割れや欠け損じがありませんか?(水の侵入のおそれがあります。また建物の構造に問題が生じるかもしれません。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

札幌で屋根・外壁リフォーム☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

 

 

 

 

 

 

札幌で屋根・外壁リフォームするなら技術と工法が確かな住まいのユウケンにお任せ!

 

 

 

 

 

 

札幌で外壁リフォーム 屋根リフォーム すがもりリフォーム 雨漏りリフォーム マンションリフォーム 増改築リフォーム 配管リフォーム

 

 

 

 



リフォーム札幌 札幌リフォーム 屋根リフォーム札幌 外壁リフォーム札幌
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://sapporo.areablog.jp/blog/1000007601/p11667894c.html
リフォーム現場 トラックバック( 0)

札幌で、すがもり・外壁・屋根・リフォームするなら住まいのユウケンにお任せ!

リフォーム工事を札幌で頑張ってます!

 

 

札幌で屋根・外壁・雨漏り・リフォーム工事お考えの方

 

 

札幌で屋根・外壁・雨漏り・リフォーム工事するなら

 

住まいのユウケンへ

 

 

札幌のT様宅屋根リフォーム改修工事

 

(札幌市市内の屋根リフォーム現場より)

 

 

屋根は建物の中で最っも重要です。普段目につきづらい所ですので、なかなか老化不良していても気がつきません。屋根は現在、スノーダクト工法(無落雪屋根)でありますが、全体的に、屋根トタンの塗装(防水性)がなくなり、所々サビが発生しております。屋根のつなぎのコーキングもシリコン系ですので、硬化して亀裂やトタンから剥離しており、そこの透き間から、雨水等が入り込んでおります。このまま放置しておきますと、さらに、雨水などが、亀裂の入ったコーキング・谷コイルと屋根トタンの巻き込みつかみ部分や屋根トタンのつなぎ部分などに入り込み、屋根木下地や天井下地まで腐食劣化が進行をし、スガモリが発生します。その上、屋根下地材が屋根自体の重さに耐えられなくなり、天井が陥没などの現象もでることも十分考えられます。又、人体に有害な、湿気・カビが発生しますので、早急な工事を要します。

 

 

 

 

 

 

 

屋根ダクト排水溝(樋)の谷コイルの素材が、旧材質で劣化状態にあります。又、谷コイルと屋根トタンのつかみ部分が、開いた状態にあります。屋根トタン(鉄板)も、寒くなると、縮む作用があり、暖かくなると伸びる作用がありますが、年数が経ち劣化しますと、伸縮作用が働かなくなり、開いた状態のままにあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

札幌で屋根・外壁リフォーム☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

 

 

 

 

 

札幌で屋根・外壁リフォームするなら技術と工法が確かな住まいのユウケンにお任せ!

 

 

 

 

 

札幌で外壁リフォーム 屋根リフォーム すがもりリフォーム 雨漏りリフォーム マンションリフォーム 増改築リフォーム 配管リフォーム

 

 

 

 

 



リフォーム札幌 札幌リフォーム 屋根リフォーム札幌 外壁リフォーム札幌
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://sapporo.areablog.jp/blog/1000007601/p11666670c.html
リフォーム現場 トラックバック( 0)

札幌で、すがもり・外壁・屋根・リフォームするなら住まいのユウケンにお任せ!

リフォーム工事を札幌で頑張ってます!

 

 

札幌で屋根・外壁・雨漏り・リフォーム工事お考えの方

 

 

札幌で屋根・外壁・雨漏り・リフォーム工事するなら

 

住まいのユウケンへ

 

 

札幌で屋根リフォームの前に総点検を!

 

 

札幌では今年は雪解けが早く、屋根の痛みが一段と目たち屋根のリフォーム工事が増えております。屋根まわりは、屋外にある部位だけあるため、ある程度の耐久性を備えた材料が用いられてはいるが、風雨にさらされる厳しい環境の中で劣化等がみられる部分でもあります。このため、屋根は材質に応じて2〜6年、軒裏天井と『雨どいには2〜3年、バルコニー、濡れ緑は材質に応じて1〜5年を目安に定期点検を行い、耐久年数を迎える頃に全面的な取替え等の大規模な補修が必要となります』

 

 

 

 

屋根廻りの点検と補修事例

 

点検のチェックポイント

 

屋根の点検は危険を伴うため、ユーザーが点検できる範囲は限られます。屋根やバルコニーから雨漏りは、建物躯体を腐朽させ、蟻害につながることが多いです。このため、専門家の目から屋根まわりを点検し、雨漏り箇所を早期発見し、大掛かりな事に発展する前に処置ができます。

 

 

 

【屋根】

 

●室内の天井や壁がシミになっていないか

 

●瓦葺き屋根の場合、瓦がずれたり、割れている箇所がないか

 

●金属板葺き屋根の場合、表面の塗装が白っぽくなっている箇所がないか

 

●1階屋根と2階外壁の取り合い部分に不具合がみられないか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

札幌で屋根・外壁リフォーム☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

 

 

 

札幌で屋根・外壁リフォームするなら技術と工法が確かな住まいのユウケンにお任せ!

 

 

 

 

札幌で外壁リフォーム 屋根リフォーム すがもりリフォーム 雨漏りリフォーム マンションリフォーム 増改築リフォーム 配管リフォーム

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



リフォーム札幌 札幌リフォーム 屋根リフォーム札幌
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://sapporo.areablog.jp/blog/1000007601/p11666415c.html
リフォーム現場 トラックバック( 0)

札幌で、すがもり・外壁・屋根・リフォームするなら住まいのユウケンにお任せ!

リフォーム工事を札幌で頑張ってます!

 

 

札幌で屋根・外壁・雨漏り・リフォーム工事お考えの方

 

札幌で屋根・外壁・雨漏り・リフォーム工事するなら

 

住まいのユウケンへ

 

 

 

 

屋根は建物を守っている頭です!

 

札幌で屋根リフォーム改修工事にあたり

 

 

 

年月が経つにつれトタンとトタンのすき間が。

そこから融雪水が流れ込んでスガモレに。

 

屋根にはるとトタンは水をシャットアウトする重要な役割を担っています。従来は吊り子(つりこ)という金具で屋根に固定し、コーキング剤でトタンをはり合わせていく工法が主体でしたが、この場合、トタンとトタンのつなぎ目となる“はぜ(折り曲げ継ぎ手)”の部分と吊子との間にすき間が生じることがあります。すき間ができると融雪水が入り、凍って膨張することにより、さらにすき間を広げ、そこから融雪水が流れ込んでスガモレに……。スガモレの原因は、このようなすき間からというのが圧倒的。トタンはりにはどんなすき間も許されないのです。

 

 

 

 

排水溝の横どいが氷に覆われ

それが原因でスガモレすることもあります。

 

 

排水溝の横どいは、本来、空洞でなければなりませんが、屋外にあるため、どうしても雪や氷が付着しがちです。多少の雪や氷であれば問題ないのですが、氷が覆いかぶさるようであれば赤信号。水がたまってそれがもとでスガモレが生じたり、あるいは雪解けの頃に一気に解けて水があふれスガモレが生じたりします。このようなことになっては大変。排水溝にしている場合は、ときおり屋根に上がって横どいがきちんと機能しているか状況をチェックする必要があります。

 

 

 

 

キーキング剤や横どいのつなぎ目の

劣化や破損は、トラブルを拡大します。

 

吊子で屋根に固定し、コーキング剤でトタンをはり合わせていく工法の場合、コーキング剤が劣化して縮んだり切れたりすると、トタンとトタンとのつなぎ目にする間ができ、そこから融雪水などが進入してスガモレに。また、排水溝の横どいには切れ目のない一枚ものを使用するのが一般的ですが、数枚をつなぎ合わせて設置する場合、つなぎ目の劣化や破損が原因で亀裂やすき間が生じ、そこから融雪水などが侵入してスガモレを起こします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

札幌で屋根・外壁リフォーム☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

札幌で屋根・外壁リフォームするなら技術と工法が確かな住まいのユウケンにお任せ!

 

 

 

 

 

 

 

 

札幌で外壁リフォーム 屋根リフォーム すがもりリフォーム 雨漏りリフォーム マンションリフォーム 増改築リフォーム 配管リフォーム

 

 

 

 



リフォーム札幌 札幌リフォーム 屋根リフォーム札幌 外壁リフォーム札幌
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://sapporo.areablog.jp/blog/1000007601/p11664325c.html
リフォーム現場 トラックバック( 0)

札幌で、すがもり・外壁・屋根・リフォームするなら住まいのユウケンにお任せ!

リフォーム工事を札幌で頑張ってます!

 

 

札幌でリフォーム工事・屋根・外壁・雨漏り工事お考えの方

 

 

札幌でリフォーム工事・屋根・外壁・雨漏り工事するなら

 

住まいのユウケンへ

 

 

屋根は建物で最も重要です。

 

 

 

屋根リフォームをするにあたり

 

 

屋根は、直接が外気に接する場所であり、小手先のきかない場所でもあります。又、カビや湿気は人体・建物にとっては、大敵であり、知らず知らずに進行が進んで、取り返しがつかなくなり、今以上に、内壁・天井を剥がすことになり、大工事に発展する事も多々あります。建物の寿命は屋根にあるといっても過言ではありません。屋根は、目立たない場所で割と手抜き工事をされていることが多々あります。年数の経過と共に、欠陥状態が現れます。しっかりとした技術・工法そして、長年の経験が豊富な工事会社に頼むことが大事です。

 

 

 

 

 

 

本屋根・下屋根ともにトタンが年数の経過とともに塗膜(防水性)が全くなく、劣化不良状態にあります。又屋根トタンと屋根トタンのつかみ部分(ハゼ)が開いた状態になっており、そこから雨水などが入り込んでおります。

 

 

 

 

 

 

本屋根(北側面)の端トタンに釘を打ちつけて留めております。本来は吊り子(屋根と留める金物)を使用すれば、釘を打つ必要はありません。釘の隙間から雨水などが入り込んでいきます。

 

 

 

 

 

本屋根・下屋根ともに軒先部分に関してはサビ腐食状態にあります。これは、軒先部分が氷となり、雪が氷が停滞するために、そこからサビ腐食が始まりスガモリが発生します。

 

 

 

 

 

2階小屋裏に関しては、屋根からのすがもり・断熱・通気換気の不十分のために、湿気が停滞します。そのために、木下地や石膏ボードに水分が含んで腐食劣化状態にあります。このまま放置しておきますと、さらに進行をし、石膏ボードや木下地が陥没します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

札幌で屋根・外壁リフォーム☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

 

 

 

 

 

 

札幌で屋根・外壁リフォームするなら技術と工法が確かな住まいのユウケンにお任せ!

 

 

 

 

 

札幌で外壁リフォーム 屋根リフォーム すがもりリフォーム 雨漏りリフォーム マンションリフォーム 増改築リフォーム 配管リフォーム

 

 

 

 

 



リフォーム札幌 札幌リフォーム 屋根リフォーム札幌 外壁リフォーム札幌
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://sapporo.areablog.jp/blog/1000007601/p11664091c.html
リフォーム現場 トラックバック( 0)

  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
住まいのユウケンイメージ
住まいのユウケン
プロフィール公開中 プロフィール
家は人間の体と同じで、メンテナンスをすることによって長持ちします。長年の経験と実績をもとに住まいの知識やユウケンの工事事例の一部をブログで更新しています!
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年

おすすめリンク