北のほたるや

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://sapporo.areablog.jp/kitanohotaruya

桜月光


嘯裂文(しょうれつもん象裂文)花器「桜月光」 

三笠土 (細目・黒)
1230℃ 酸化焼成 
月光釉 (桜)
口径 3.2cm 
胴回り 10.0cm 
高さ 13.2cm 
重量 618g

黒々とした大地に根差す桜と、青い月夜・・・






久しぶりに感情移入でき、愛しいと思える作品が焼き上がった。

ろくろの上で作陶が終わったとき、思わず「かわいいっ♪」と悦に入ってしまったw

全体に歪みも少なく、コロン♪とした丸いフォルムに
内側からじっくりと膨らませたことによる皹は
これまでのものと違って自己主張が少なく
淡いピンク色を割って、素地の黒を覗かせている。

高台は、あえて作らず、しっぴき(切り糸)で切ったままの糸目を残し
作陶時の躍動感と感動を示し、施釉せずに土をそのまま見せている。

月光釉には部分的に貫入とブクが見られるが
これも、自然の山から採取もので制作した結果として受け入れることが
むしろ自然に対する敬意ともいえるだろう。

とはいえ、もちろん意図しない貫入やブクなどは無いに越したことは無いので
今後も土、釉薬共に、よりパーフェクトになるよう研究を続けたい。






goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://sapporo.areablog.jp/blog/1000025749/p11543997c.html
陶芸 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
初窯2点
三笠土 小鉢「細雪」
三笠黒茶碗
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
きこりん@北のほたるやイメージ
きこりん@北のほたるや
プロフィール公開中 プロフィール
私の生きてきた軌跡

北海道の三笠市旧幌内炭鉱周辺にて、三笠の土を使って陶芸をしています。

北海道の自然や風景・動植物・各地域イベントなどを撮影し、写真にて紹介しています。

地方都市や、過疎地域の町興しを真剣に考え、具体的な提案をしています。

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<