北のほたるや

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://sapporo.areablog.jp/kitanohotaruya

ある夏の記憶 - 素敵な贈り物 -






ある夏の記憶 - 素敵な贈り物 -

2018年の初夏から、これまで見たこともない花が咲き始めた。

たった一株だが、次から次へと枝を伸ばし花をつける。

以前、モモイロタンポポを植えたことがあったが、色こそ違え、花の雰囲気がそれと似ている。

花弁はとても薄く繊細で、指で触れるだけでへなへなとへこたれてしまう。

それとは対照的に、茎は極めて固く、ちょっとした樹木の幼苗ほどに強情だ。

葉っぱの形状は、地上よりロゼット状に伸び、野アザミに似ているものの、それよりも固く、棘々しい。

園芸品種ではなさそうだが、単なる野草でもなさそうだ。

冬の間は、ヒマワリの種などを提供し、庭に野鳥を集めて楽しんでいるのだが
そのお返しとして、誰かが糞として落としていった種が芽吹いたのだろう。

花が咲いてから、およそ1ヶ月の間、様々なキーワードで画像検索してみるも
出てくるものは、ニゲラやブルーデージーなどばかりで、さっぱり目的にたどり着かない。

先日、ふと思い立って、「野菜」をキーワードに入れてみたところ、僅かに1枚だけ、同一の花と思われる画像が表示された。

その後、そのサイトに行き
その植物の名を確認して、キーワードに追加すると
あっさりと、大量の画像が表示された。

この間の1ヶ月は、まるで「宝探し」でもしているように
さっぱり見つからない「やきもき感」も含めて、とても楽しかった。

私がまだ、二度目の独立を果たす以前の「がんばらにゃん」というBarで雇われ店長をしていた80年代初め頃から、レストランなどの外食産業で利用されるようになり
私も好んでサラダや、チーズの盛り合わせなどの添え物として使っていた。

これといって特徴的な味はなく、サラダのような生食が主となる。

この80年代は、欧米よりの輸入が様々な物品で自由となり
植物をはじめ、各種食品や、アンティーク雑貨、諸外国車両や文化、技術などの交流が盛んとなり
農業でも革新的な改革が行われた。

外食産業では、フレンチや、第一次エスニック・ブームとなり、今では当たり前となったパクチーやサニーレタス、ブロッコリー、各種ハーブなどの栽培が盛んに行われ始め、需要も高まった。

その後、90年代に入ってからは、イタリアンブームが始まるわけだが
80年代後半には、フレンチやエスニックが飽きられ、イタリアンに利用されるズッキーニやイタリアントマトなどの栽培が盛んになり今に至っている。

さて、この花の正体は・・・

80年代初頭から栽培が盛んになった「チコリ」である。

フランス語では、エンダイブ(近縁種)、アンディーブとなるが
英語ではチコリーとなる。

キク科の多年草で、和名をキクニガナ(菊苦菜)という。

ちなみに、エンダイブは一年草である。

食用のものは、太らせた根から出た芽を遮光栽培したもので、苦味もなく、ヨーロッパでは加熱しても食用とする。

一方、露地栽培されたものは苦味が強く、草体のありようも、スーパーなどで販売されているものとは似ても似つかない。

北海道では元々、栽培農家さんも少なく
そのため、自由にのびのびと花を咲かせている姿など、専門農家さんでもなければ見ることなどない。

どうりで、頭の中のファイルをいくら探しても見つからないはずだ。

このチコリの花は非常に弱く、摘んだ瞬間からへたってしまうため
摘むのであれば、草体の根本から数本摘み取り、背の高い大きめのフラワーポットに生けるのが望ましい。

せっかくいただいた野鳥からの贈り物なので
専用のスペースを設け、増やしてみようと思う。

今後、ガーデニング(園芸)としてのチコリ栽培も増えてくるかもしれない。

花好きで庭があるなら、一株ぐらいあってもいいかもしれない^^



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://sapporo.areablog.jp/blog/1000025749/p11771586c.html
ガーデニング・家庭菜園・写真など | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
風は秋色
遅咲きの紫陽花
A flower that suits my grave
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
きこりん@北のほたるやイメージ
きこりん@北のほたるや
プロフィール公開中 プロフィール
私の生きてきた軌跡

北海道の三笠市旧幌内炭鉱周辺にて、三笠の土を使って陶芸をしています。

北海道の自然や風景・動植物・各地域イベントなどを撮影し、写真にて紹介しています。

地方都市や、過疎地域の町興しを真剣に考え、具体的な提案をしています。

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<