北のほたるや

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://sapporo.areablog.jp/kitanohotaruya

集合写真


ちょっと面白くなってきちゃって次から次へと・・・w

王蟲とトトロはまだ焼成前の乾燥中だけれど
あとはみんなこんがりと焼き上がり、まぁまぁ予定通りの仕上がりw

すべて素焼きせず、釉薬を生掛けして1200℃にて酸化焼成。

サイズ感がわかるように集合写真。
「夏のお嬢さん」も特別出演www

オブジェを作り続けていると、器作りよりも精密になってきちゃって
肩が凝ること半端ない><

でもね・・・
やればやるだけ新たなチャレンジがあり
器作りでは得られない技術が習得できる。

クズとして出たものをまとめた再生粘土の再活用として始めたオブジェだが
団子と棒だけというシンプルだったものが
誰もが知っている王蟲やトトロに手を付けると手抜きができなくなる^^;

今外は、雷を伴った大雨だし
6月以降の晴天は1週間に1日〜2日ペースなので
こんなことして、一人でニマニマとにやけているしかないw

ちなみに
王蟲は焼き上がると目玉?が赤と青に発色する予定だし
トトロは、頭の上の葉っぱが緑になる予定。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://sapporo.areablog.jp/blog/1000025749/p11758518c.html
陶芸 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

Lavenders hill


Lavenders hill

北海道上川郡美瑛町 美馬牛


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://sapporo.areablog.jp/blog/1000025749/p11758307c.html
写真・風景など | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

庭の人々 1


雨続きで農作物の育成も悪く
その割には雑草ばかりが伸び放題の庭は
いい感じで苔が増えてきた。

なので、これまでの陶芸で出た削りカスなどの土を再生し
ちょっと寂しげな苔庭を楽しくするべく
こんな連中を作ってみたw

一応、1200℃にて9時間ほど焼成しているので、爪で弾くと金属音がする。

時間が経過すれば、もう少し周囲の雰囲気に馴染んでくれることだろう。

そして、その他にもいくつか作ったんだけど
それはまだ焼き上がっていないので、焼き上がったらまた・・・



このたびの大雨にて被災された多くの方々にお見舞い申し上げます。

また、お亡くなりになられた方々とご家族にお悔やみ申し上げます。

まだまだ予断を許さない状況が続いているようです。
無理はせず、命を守るための行動を優先させてください。





goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://sapporo.areablog.jp/blog/1000025749/p11756385c.html
陶芸 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

庭の人々 2


1時間幸せになりたいなら、酒を飲みなさい。
3日間幸せになりたいなら、結婚しなさい。
1週間幸せになりたいなら、牛を飼いなさい。 
一生幸せになりたいなら、釣りをしなさい。

そんな中国の諺があり、故「開高健」氏が良く記述していた。

そんな彼にならって、過去に私も色々とやってみた。

さすがに牛を飼うことはなかったものの
それ以外の、「酒」は生業として、「結婚」をも試し
釣りに至っては年間に200日以上を海・川・湖、そして海外にまで・・・

結局、今は独り身で、酒も一滴も飲まず、高価な釣り竿は物干し竿にwww

そして今、こんなものを夢中になって作っている時だけが幸せなのかもしれない。

いや、違うな・・・

粘土を捏ねて形を作り、乾かしては削り、数日をかけて乾燥させて罅を入れ、割れてしまわないようにじっくりと温度を上げながら焼き上げる。

一晩かけてゆっくりと冷ましてからテーブルに置いて完成写真を撮る。

この頃になるともう無性に外へ出たくなる。

粘土を捏ね始めた時から、もう既にイメージは決まっていた。

予定通りに庭のベストポジションに配置し、あらかじめ植えておいた植物たちに手伝ってもらう。

カメラを構える前に、植物の配置を手直ししている間に
思わず顔がにやけてくる。

この、ほんの一瞬だけの幸せを得るために何日もの時間をかける。

あとは記録のためにシャッターを切るのみなり。

土は裏山から採取した三笠土。
焼き上がりが赤くなってしまったので、展示する前に墨汁と砂糖を水で溶いたものをかけ、環境に馴染む色合いにしてみた。
砂糖は、虫が寄ってくればいいかと・・・









goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://sapporo.areablog.jp/blog/1000025749/p11756378c.html
陶芸 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

Wonderful Tonight


Wonderful Tonight


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://sapporo.areablog.jp/blog/1000025749/p11754670c.html
写真・風景など | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

Morning haze


Morning haze

北海道標津郡中標津 開陽台


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://sapporo.areablog.jp/blog/1000025749/p11754205c.html
写真・風景など | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

きたよ〜^^/


エゾシカ

玄関から僅か20メートルで4頭がうろうろ・・・
畑を荒らさないのならいくらでも来てくれていいんだけど
今年は周辺で70頭ほどの群れを形成しているようで農業被害も出始めている。

家の周りに70頭が集結したら、ちょっくらちょっと見ものだねw
そんな「超過疎地域」にて陶芸してまふw

野生動物問題は農業被害だけではなく
糞に含まれている寄生虫や、体表についたダニの媒介もあるので、共存は難しい。



人間が育てている作物は、普段彼らが食べているものよりもずっとおいしく
また、栄養価が高いことも経験的に知っていますので
リスクを冒してでも食べようとしてきます。

ヒグマ、キタキツネ、エゾシカ、エゾタヌキ、アライグマ、野良猫
これらはみんな、食べるために人里にやってくるのであって
それ以外に、危険を冒してまで人間の居る所へは決して出てきません。

野生動物の登場は過去にも何度か掲載しており
この記事自体、定期訪問の報告のようなもので
以前にも、玄関ホールにエゾシカがいたり、屋根裏にアライグマがいたり
庭にキタキツネがいたり、カラスが営巣していたり、月光池にヒグマがいたりと
家の周辺には、飢えた野生がいっぱいです。

そんなわけで、既に、ヒグマ以外は定期訪問場所として認識しているようです。

2年前に庭の植物をエゾシカに喰われてからは
一応、家の敷地周りを、防獣ネットで囲んでいますので
エゾシカだけは防御できていますw



タイトルは「ACジャパンCM」の「飯豊まりえ」さん風に




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://sapporo.areablog.jp/blog/1000025749/p11751951c.html
野生動物・写真など | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

君がまぶしすぎたあの夏


君がまぶしすぎたあの夏

札幌よさこいソーラン祭り


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://sapporo.areablog.jp/blog/1000025749/p11751221c.html
イベント・写真など | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

雨にぬれても

雨にぬれても




先日、当方の「イチゴ専用畑」を荒らされる事件が2夜連続で起こり
2夜目には、逃走を図る犯人と目があった。

犯人は、突然現れた私の姿を遠巻きに凝視し、何か言いたげにしていた。

近年は物騒な事件が頻繁に起こる中でもあるが、さすがに刃物は持っていないだろう。

とはいえ、場合によっては刃物よりも危険な「牙」と「感染症」を持っている可能性は高く
暗闇でもあることから、必要以上に距離をつめることはしなかった。

ほどなくして、暗闇に光る怪しげな二つの光は、叢へと消えて行った。

翌日、市役所の総務福祉部市民生活課というところに電話し、事情を伝えたところ、午後には「箱罠」を届けてくれた。

早速、掘り返された「イチゴ専用畑」を移設し、同じ場所に「箱罠」を仕掛け、中には生ゴミを少し入れておいた。

夜になると雨が降り出し、数十日もほとんど雨が降らずに乾ききっていた畑や庭に恵みを齎せてくれた。

雨の降りが少し強くなってきた頃、「ガシャン!」という狂暴な音が雨音を掻き消した。

リビングの窓から見える「箱罠」を、窓を開けてペンライトで照らしてみる。

薄い、青緑色の二つの光が、更に激しさを増す雨の中で、所在なくうごめいていた。

さすがに、深夜でもあることから、何も対処できないので
そのまま、朝になるまで放置しておいた。

翌朝、早々に「箱罠」を見に行くと、昨夜から降り続く雨と寒さと恐怖からか、叱られて反省しているかのようにうなだれていた。

でも・・・

でも、でも、でも・・・

そこにいたのは、捕える目的だったアライグマではなく
成獣と呼ぶにはあまりにも幼く見えるキタキツネだった。

おそらくは2〜3歳だと思うが、食糧事情が悪いためだろう、痩せ衰え、幼さすら残っている。

言うまでもなく、キタキツネは北海道の在来種で、人間よりも古くからこの土地に生息し、エゾオオカミ、ヒグマと並び、食物連鎖の上位に位置してきた。

先日のクマゲラ同様に守るべき動物であり、捕獲しても放さなくてはいけない。

私は、「箱罠」の中でしょげ返るキタキツネに、もう二度と畑を荒らさないようにと、小一時間ほども説教し、「箱罠」の扉を開けた。

しかし、キタキツネは、「箱罠」から出ようともせず、ずっとうなだれたままで反省を続けていた。

仕方がないので、扉を開けたままその場を離れると
すごすごと「箱罠」から出てきたのだが、媚を売るように、私の足元にまといついてくる。

その姿は、まるで、長年連れ添った愛犬のようであり、惹かれてしまいそうになるが、相手は野生動物である。

私は心を鬼にし、足を振り回し、声をあげ、小走りに追いかけして、追い払うことに腐心した。

ようやくキタキツネも諦めたのか、名残惜しそうに、とぼとぼと、裏山へとつながる林道へと消えて行った。


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://sapporo.areablog.jp/blog/1000025749/p11748770c.html
野生動物・写真など | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

黒羽の舞

Dance of Black wings



家の裏山で、小一時間ほどもクマゲラが鳴き続けている。

そのうち、キュルキュルキュルキュルと連続して鳴きながら飛んで移動する。
カメラを持って外に出てみると
家の前の鉄塔周辺で、2羽のカラスとクマゲラのバトルが繰り返されていた。

三笠を含めた空知管内では、放置された「炭鉱用植林地」が広く広がり
エゾシカやカラスの営巣地として定着しつつあり
農業被害も増えている。

過疎化したことで放置された空き家も増え、アライグマや野良猫の住処となっている。

昨夜は、庭の畑をアライグマに荒らされ、今冬には天井裏に侵入されるなど、当方も被害を被っており
その他にも、エゾシカに植えている植物を食われたり、カラスに畑を掘られたりと、例を挙げればきりがなく
特に最近、カラスのイタズラは悪質極まりない。

当方より少し離れた畑では、爆竹を鳴らして追い払うなどしており
逃げ出したカラスがこちらにやってくる><

夕刻になると、ムクドリの群れほどにも集結し、裏山の塒へと大移動をする。

さて、クマゲラとカラスだが
私がカメラを持って外へ飛び出すことで、カラスが少し距離を取る。

少しでもクマゲラに近づこうものなら、カメラを置いて、石を拾って投げつける。

これを何度か繰り返すことで、クマゲラからカラスを遠ざけることができた。

クマゲラは、私が危害を加えないとわかったのか、しばらくとどまり、丹念に羽繕いをしたあと、町の方へ飛んで行った。

あれ?
そっちへ行くと、またカラスに襲われるのにぃ・・・と思いつつ、後姿を見送った。

家のリビングにいながらにして、クマゲラを見られるほどに自然豊かなのはいいけれど
カラス、エゾシカ、アライグマ、野良猫、ウシアブ、オオスズメバチが多いのには閉口する。

これはすべて人災で、本当の自然では、上記の連中はこれほど多くはならない。

細い道路を挟んだ幌内本町側では、昨年ヒグマの糞も確認されている。

ヒグマに畑を荒らされる日も、そう遠くないのかもしれない。

高齢化と過疎化が急激に進行している三笠市は、人口増加を見込んで移住を推進している。

しかし、この市の行政は、既に破綻しているのだろう。

自然の正しい保全にまでは手が回らないのかもしれない。

これほど頻繁に、家に居ながらにして、クマゲラやエゾフクロウ、エゾリス、エゾモモンガなどを観察できる場所は他に例を見ないというのに・・・


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://sapporo.areablog.jp/blog/1000025749/p11748084c.html
野生動物・写真など | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
きこりん@北のほたるやイメージ
きこりん@北のほたるや
プロフィール公開中 プロフィール
私の生きてきた軌跡

北海道の三笠市旧幌内炭鉱周辺にて、三笠の土を使って陶芸をしています。

北海道の自然や風景・動植物・各地域イベントなどを撮影し、写真にて紹介しています。

地方都市や、過疎地域の町興しを真剣に考え、具体的な提案をしています。

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<