兄弟ならではのあるあるネタ

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://sapporo.areablog.jp/kyoudai35

80年代の映画ってなんでこう素敵なんだろう

今の映画ってさ、アクションとかはとりあえずドハデに作っておけ!みたいな雰囲気だし、恋愛ものはとりあえず恋人を病気ってことにしちまえ!みたいな雰囲気がありますよね。

でも、80年代の映画ってすごく良いんです。今よりも映像は進化していないし、内容だって特殊なものはない。でも、当時からあった素材を活かして、いかに映画を面白く見せるか工夫しているのが80年代の映画の良さです。どの映画にも個性があったんですよね。

今の映画って、もちろん映像は綺麗だし、内容も面白いものはあります。でも、昔ほど強烈に印象に残るものってないんじゃないかな。映画が廃れてきたなんて言われているけれど、最近廃れさせているのは、本来映画にある「楽しませよう」という気持ちの欠落なんじゃないでしょうか。

どの映画も最近は商業目的のものが多くて、観客動員数ばかりを気にしていますよね。映画の中身で勝負するってよりは、キャスティングとか声優とかそういうことばっかりに偏りがち。

やっぱり80年代の映画が最強ですね。いや、今の映画でももちろん良いのはありますけどね。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://sapporo.areablog.jp/blog/1000257273/p11670218c.html
映画

このブログトップページへ
ブログイメージ