生徒にとってはたったひとりの先生なのです

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://sapporo.areablog.jp/muikamachi

民間の学童の説明会で目からウロコだった先生のお話。

先日、民間の学童の説明会に行ってきました。

ただ預ってくれる学校の学童と違い、民間の学童って遠足に行ったり習い事をしたりとプログラムが充実していて、特に夏休みは民間の方が子供も楽しそうでいいなぁって。

今回は隣の市の学童との合同説明会だったので、隣の市まで行ってきました。
双方の市の説明をするので、隣の市の子育て事情と今住んでいる市の子育て事情が垣間見えて面白かったです。
隣の市と私たち住む市だと、民間学童の値段が違うんですよ。
うちの市は補助金が出ているので送迎費を入れても1万かからないのですが、隣の市は倍以上でした。
3倍近いかもしれません。
それから隣の市は学童の評判が悪いとか、そういった話も聞けました。

うーん、姉が住んでいる市だったのに知らなかった!
まぁ、姉は学童通わせてないしなぁ。

そして、その民間の学童の説明会で出た第一声が興味深かったです。

「私たちは親御さんに代わり放課後を充実させるための機関ではありますが、学習塾ではありません。学力向上を目指して入れるという考えの親御さんは専門の機関に通って頂きたいです」


確かに今の民間の学童って、習い事に通わせてくれたり、英語教室をしてくれたりと、いろいろやってくれるので、塾っぽいんです。
私も「普通の学童よりは勉強に力を入れているのかも」って勘違いしていました。
でもそうですよね。
学童の目的は親が仕事中、子供の放課後をだれか大人と一緒に過ごすためのものですもんね。

結局旦那が公立推しなので民間には入らないかもしれませんが、説明会には足を
運んで色々と比べられて良かったなぁと思います。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://sapporo.areablog.jp/blog/1000259659/p11683053c.html
ブログ | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
人気番組「はじめてのおつかい」は今後どうなっていくのかな
「小学校は保育園より持ち物準備のミッションが厳しい」という話。
先生にとってはたくさんいる生徒
以前の記事へ>>
このブログトップページへ
ブログイメージ
muikamachi
プロフィール

前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 12月 次の月へ
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
今日 合計
ビュー 2 101
コメント 0 0
お気に入り 0 0

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

最新のコメント

おすすめリンク

キーワード