花間一壺酒

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://sapporo.areablog.jp/andhide

《技術規程》中要求


  室內裝配式裝修設計要與結構系統、外圍護系統、設備與管線系統進行一體化設計。“最早設計公租房時,就要考慮到使用細節,即使是一個插座的位置。”宋梅說,裝配式裝修的牆板都由工廠預制,因此要求最初設計時就得從居住需求角度考慮,哪些位置需要插座、需要幾個插座,從而在工廠預制時就要留出來插座口的位置。

  與地板類似,屋內的牆也是一層一層裝好的,最外面直接安裝外牆板,這為後續居住解決了大 麻煩。

  牆體結構的設計壽命是50年,而一般管線的壽命是20年。過去維修牆裏的管線,常常不得不刨牆。宋梅展示的裝配式裝修設計圖顯示,這些牆板也是通過卡扣的方式裝上,後期也可以卸下。未來一旦牆內管線壞了,直接把外掛牆板拆下來維修、更換有問題的管線,再把牆板裝上即可。

  在公租房的衛生間,吊頂和地面都是集成安裝的,地磚之下藏著一個完整的防水底盤,滲水點也大幅減少。



《技術規程》中要求

goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://sapporo.areablog.jp/blog/1000268626/p11765864c.html
散文 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
食鹽對牙齒具有美白作用
一期公租房項目入住
室內裝配式裝修設計
以前の記事へ>>
このブログトップページへ
andhideイメージ
欢迎光临我的博客
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 8月 次の月へ
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
今日 合計
ビュー 2 105
コメント 0 0
お気に入り 0 0

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

足あと

最新のコメント

おすすめリンク