札幌のリフォーム・すがもり・外壁・屋根・水廻りの専門店 

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://sapporo.areablog.jp/yuken

札幌で、すが漏れ(すがもれ)・外壁・屋根・リフォームするなら住まいのユウケンにお任せ!

札幌で屋根・外壁・リフォームするなら

 

 

評判のいい住まいのユウケンにお任せ!

 

 

 

札幌東区 M様邸 屋根工事

 

 

屋根は現在、スノーダクト工法(無落雪屋根)でありますが、排水溝のドレン廻り・谷コイルの立ち上がり部分(両側)のコーキングが剥離・劣化状態になっており隙間が生じ雨水等が入り込んでおります。排水溝はスノーダクトにとって一番大事な所でもあります。因みに、シリコンコーキングは、硬化力があり弾力性がなくコーキングに亀裂が入りやすい材料なのです。屋根トタン自体も年数の経過とともに、塗膜(防水性)が全くない状態で、全体的にサビは発生しております。サビを放置して置きますと現状よりサビが広がり、穴が空きそこから雨水などが入り込んでしまいます。それらの箇所から雨水などがさらに入り込み、屋根下地・天井下地まで腐食・劣化が進行します。その上、屋根下地材が屋根自体の重さに耐えられなくなり、天井陥没などの現象もでることも十分考えられます。又、人体に有害な、湿気・カビが発生しますので、早急な工事を要します。

 

 

 

※年数の経過とともに、塗膜(防水性)がなくなり、サビが発生しています。このまま放置して置きますと、サビが広がり、穴が空き、スガモリが発生します。

 

 

 

 

 

 

 

 

※本屋根同様下屋根も、トタン材質自体の塗膜(防水性)が薄くなっております。又、本来排水溝(樋)の中にゴミなどが入ってならない為に木製スノコを敷かなければなりませんが、木製スノコは年数の経過とともに、木が腐食・劣化状態にあります。その為、雪・飛来物・落ち葉などがドレンの中に入り込みスガモリが発生させます。

【排水溝は、スノーダクト工法の心臓部に値します】

 

 

 

 

 

 

 

 

出さない、

 

出したら早急に対処

 

サビ

 

 

水分や空気などが作用してサビが発生。

サビが目立つようなら、葺き替えが必要。

 

サビは水分などが作用して起こる化学変化により金属の表面に酸化物ができるもの。北海道の場合、屋根材にはもっぱら金属製品(カラートタンなど)が使われており、塗料を焼き付けるなどして防サビ対策がなされていますが、それでも雨や雪の影響で年月が経つとサビが生じます。強い風に乗って運ばれてくる海水の塩分がトタンに悪影響を及ぼすのはよく知られるところですし、酸性雨による悪影響も懸念されます。トタン屋根はこまめに状態を見て補修と塗り替えをする必要があり、サビが目立つようであれば屋根の葺替えをする必要です。なお、サビの出方は、屋根材の材質や屋根の形状などでも異なります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

札幌で屋根・外壁リフォーム⇒クリック☆☆☆☆☆

 

 

 

 

 

 

本日は、リフォーム札幌でユウケンブログをご覧頂きありがとうございます。

 

 

 

 

札幌でリフォーム すがもりリフォーム 雨漏りリフォーム

 

 

 

 

外壁リフォーム マンションリフォーム

 

 

 

 

 

 

 

 

 



リフォーム札幌 札幌リフォーム 屋根リフォーム札幌 外壁リフォーム札幌

goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://sapporo.areablog.jp/blog/1000007601/p11762085c.html
リフォーム現場 トラックバック( 0)

札幌で、すが漏り(すがもれ)・外壁・屋根・リフォームするなら住まいのユウケンにお任せ!

札幌で屋根・外壁・リフォームするなら

 

 

 

評判のいい住まいのユウケンにお任せ!

 

 

 

 

札幌でM様邸 屋根板金葺替工事

 

【現在の状況】

現在の屋根ダクト(排水溝)は旧材質を使用しております。又、屋根トタン材質そのものも凍害・雪などにより、年数の経過とともに、老朽化しております。その結果、トタン全体非常に痛んで(サビ・腐食・剥離状態)、ハゼ(トタンとトタンのつなぎ目)が全体的に開いております。それらの箇所から雨水等が入り込んでスガモリが発生しております。又、屋根トタンと谷コイルのつかみ部分も開いた状態になっております。これらの箇所から雨水が入り込んでスガモリが発生していると思われます。このまま放置しておきますと、内装・天井・外壁材にも悪影響を及ぼし天井陥没など大掛かりな工事に発展しますので、早急に葺替耐久屋根にする必要があります。

 

 

 

 

【施工内容】

既存の屋根トタン(本屋根・下屋根の野地面・笠木)を屋根軸組下地に影響をあたえることがないように剥がし撤去をし、現在の排水溝の下地安定処理調整をまんべんなく行い、新たに『高品質寒冷地用耐久谷コイル』を堅固に施工をします。(同時に排水溝両側に防水性をさらに高める為に防水加工をします)をその後、自在ドレンに防水フェルトを全面(野地面・排水溝・笠木)に、まんべんなく敷き込み、その上に『高品質寒冷地用長尺ガルバリウム鋼板』を野地面・笠木面に頑丈に敷きますので耐久性のある丈夫な完全防水の屋根になります。下屋根に関しましては、屋根トタンを葺いた後、壁際の屋根トタン立ち上げ防水加工をします。又、煙突部に関しましては、木下地にて堅固にし、新たに、煙突トタン巻きにて、内外共にトタンにて堅固に巻きます。

 

 

 

 

屋根現状写真

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

屋根は雨や雪、風から住まいを守ると同時に、

 

『家全体の寿命を延ばす』

 

重要な役割を担っています。

 

 

 

屋根は、身支度に例えると『帽子』のようなもの。強い日差しや風雲を遮ったり、雪の重みを分散して受け止めたり、高いデザイン性で環境と美しく調和したりと、重要な役割を担っています。屋根がこうした役割を十分果たすことにより、壁も柱も守られ、当然建物の寿命が延び、メンテナンスにかかる費用も軽減されます。さて、屋根がこうした役割を十分果たし続けるためには、定期的な点検や改築工事も必要になります。雪の重みで構造体に異常をきたりしたり、雪処理に問題があったり、スガモリや結露が発生するようであれば、早急に対処しなければなりません。改築工事をするに当たって家全体の事を考えるのなら、根本部分からの総合的な対処が必要です。当社では、経験を生かし他社には出来ない事を取り入れ、お客様の寿命を延ばす正しいリフォームを提案しています。

 

 

 

 

 

 

札幌で屋根・外壁リフォーム⇒クリック☆☆☆☆☆

 

 

 

 

 

本日は、リフォーム札幌でユウケンブログをご覧頂きありがとうございます。

 

 

 

札幌でリフォーム すがもりリフォーム 雨漏りリフォーム

 

 

外壁リフォーム マンションリフォーム

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



リフォーム札幌 札幌リフォーム  屋根リフォーム札幌 外壁リフォーム札幌
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://sapporo.areablog.jp/blog/1000007601/p11761796c.html
リフォーム現場 トラックバック( 0)

札幌で、すが漏り(すがもれ)・外壁・屋根・リフォームするなら住まいのユウケンにお任せ!

札幌で屋根・外壁・リフォームするなら

 

 

評判のいい住まいのユウケンにお任せ!

 

 

 

札幌で屋根リフォーム工事をするにあたり

 

札幌のN様宅屋根工事

 

 

【現在の状況】

 

屋根は現在、流れ屋根工法でありますが、屋根トタン材質そのものが、凍害現象などにより、年数の経過とともに、老朽化しております。その結果、トタンが傷んで(サビ・剥離状態)、軒先部のつかみ部分が全体的に開いておりそこから雨水等が入り込んでおります。このまま放置しておきますと、さらに、雨水などが入り込み、屋根下地材が屋根木下地や天井下地まで腐食劣化が進行をし、スガモレが発生します。その上、屋根下地材が屋根自体の重さに耐えられなくなり、天井が陥没などの現象も出ることも十分考えられます。又、軒天腐食・損傷し劣化状態にありますので、早急な工事を要します。

 

 

 

【施工内容】

既存の屋根トタンを屋根軸組下地に衝撃をあたえることがないように剥がし撤去をし、屋根トタンの木下地処理を十分に行い、防水フェルトを全面に、まんべんなく敷き込み、その上に『高品質長尺カラートタン鋼板』を頑丈に葺きますので、耐久性のある丈夫な完全防水の屋根になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Q⒈スガモレを放置しておきますと……?

 

 

A.写真のように年月が経つにつれトタンとトタンとの間にすき間が。そこから融雪水が流れ込んでスガモレに……。

 

 

 

トタンとトタンのつなぎ目となる“ハゼ(折り曲げ継手)”の部分と吊子(トタンをずれないように留める金具)との間にすき間が生じることがあります。すき間ができると融雪水が入り、凍って膨張することにより、さらにすき間を広げ、そこから融雪水が流れ込んでスガモレに……、スガモレの原因は、このようなトタンのすき間からというのが圧倒的に多いのが現実です。トタンはどんなすき間も許されないのです。又、職人の技術不足から加工不良によるすがもりも多いです。

 

 

 

 

 

 

 

屋根の下部の水が溜まって凍結しやすい場所で、ハゼがゆるんで、雪落ちのさまたげとなりやすく、又、ハゼの中に水が入り込んで凍結をくりかえすことによって、すがもりの原因となります。

 

 

 

 

 

 

札幌で屋根・外壁リフォーム⇒クリック☆☆☆☆☆

 

 

 

 

本日は、リフォーム札幌でユウケンブログをご覧頂きありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

札幌でリフォーム すがもりリフォーム 雨漏りリフォーム

 

 

 

 

外壁リフォーム マンションリフォーム

 

 

 



リフォーム札幌 札幌リフォーム 屋根リフォーム札幌 外壁リフォーム札幌
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://sapporo.areablog.jp/blog/1000007601/p11760228c.html
リフォーム現場 トラックバック( 0)

札幌で、すが漏り(すがもれ)・外壁・屋根・リフォームするなら住まいのユウケンにお任せ!

札幌でリフォーム工事・屋根工事・外壁工事するなら

 

 

評判のいい住まいのユウケンにお任せ!

 

 

 

札幌で快適リフォーム工事を!

 

窓の位置や大きさ光と風を味方につけて夏も冬も快適に

 

 

日差しや風の流れのシュミレーヨンを

 

断熱やサッシ、ガラスのことを知った上で、次は窓の位置や大きさのことを考えてみて下さい。今の窓の状態で日差しの入り方はどうか、風通しはどうかを改めてチェックしてみます。その上で、日差しや風通しが十分ではないことがわかったら、窓の位置やサイズの変更及び窓の追加を検討してみてください。構造に影響のない範囲なら、窓の位置変更や追加が可能です。例えば、腰高の窓を掃き出し窓にすれば、サイズはぐんと大きくなります。又耐力壁でない窓の場合、窓を追加できる可能性があります。風通しのための小窓程度ならすぐに追加できることも多いです。設計者には、夏と冬の日差しの方向、風の流れをしっかりシュミレーションしてもらって、最小限の変化で最大の効果が上がるよう工夫します。さらに内部の間取りもなるべく開放的にしたほうが光や風を取り入れやすくなります。今の家が間取りの多い間取りなら、部屋数がそれほど必要なのかどうかを見直してみては?窓を増やせないマンションでも間仕切りをとるだけだけで、明るく風通しがよくなります。ドアを引き戸に変え、夏場に開け放しておけば通換えに役立ちます。一戸建ての場合、吹き抜けを設けるのも採光通風をよくする効果的な方法の一つです。断熱と遮熱、採光通風を併せて考え、夏は涼しく冬は暖かい住まいにリフォームします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

札幌で屋根・外壁リフォーム⇒クリック☆☆☆☆☆

 

 

 

 

 

 

本日は、リフォーム札幌でユウケンブログをご覧頂きありがとうございます。

 

 

 

 

 

札幌でリフォーム すがもりリフォーム 雨漏りリフォーム

 

 

外壁りリフォーム マンションリフォーム



リフォーム札幌 札幌リフォーム屋根リフォーム札幌 外壁リフォーム札幌
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://sapporo.areablog.jp/blog/1000007601/p11759668c.html
リフォーム現場 トラックバック( 0)

札幌で、すが漏り(すがもり)・外壁・屋根・リフォームするなら住まいのユウケンにお任せ!

札幌で屋根・外壁・リフォームするなら

 

 

評判のいい住まいのユウケンにお任せ!

 

 

 

 

札幌のS様宅 屋根工事

 

 

【現在の状況】

札幌のS様宅の屋根ダクト排水溝(樋)の谷コイルの素材が旧材質であり、屋根トタンと谷コイルのつかみ部分も開いた状態になっております。又排水ドレン廻りもコーキング等が切れてこれらの箇所から雨水が入り込んでスガモリが発生している状態です。現在の屋根トタン材質そのものも凍害・雪などにより、年数の経過とともに、老朽化しております。その結果、トタン全体非常に痛んで(サビ・腐食・剥離状態)、ハゼが全体的に開いており、屋根トタンに穴が空いている箇所もあります。それらの箇所からも融水や雨水が入り込んでスガモリが発生しております。このまま放置しておきますと、内壁・天井・外壁材にも悪影響を及ぼし大掛かりな工事に発展しますので、早急に葺替耐久屋根にする必要があります。

 

 

 

 

 

【施工内容】

既存の屋根トタン(本屋根・笠木・淀板金)を屋根軸組下地に衝撃をあたえることがないように剥がし撤去をし、現在の排水溝(樋)を解体・撤去をし、排水溝の下地安定処理調整をまんべんなく行い、防水フェルトを全面に、まんべんなく敷き込み、その上に『高品質長尺カラートタン鋼板』を頑丈に敷きますので耐久性のある丈夫な完全防水の屋根になります。

 

 

 

 

 

屋根は、高材質+高技術(ハゼおこし・つなぎ部分・

加工など)で決まります!

 

   

 

 

住まいのユウケンが長年の研究を重ね独自の屋根工事

 

8つの特徴

 

 

@既存の屋根トタンはすべて剥がします。

 

A自在ドレン本体も取り替えます。

 

B屋根下地安定処理をまんべんなく行います。

 

C寒冷地用防水フェルトを使用します!

 

D排水溝(樋)下地調整を行い断熱性を高める為に、スタイロフォームを敷設します。又谷コイルは防錆・耐久性・耐凍性に富んだ現場に合わせて一枚物を加工・組立します。

 

E過酷な条件でも十分耐えることができる屋根トタン材を使用します。

 

F弾力性・耐久性に富んだ『変成シリコンコーキング』

を使用し、屋根トタンのつなぎ目はすべて内コーキングします。

 

G特殊締め機で堅固に締めます。

 

 

 

 

 

札幌のリフォーム専門店 住まいのユウケン☆☆☆☆☆

 

 

 

 

本日は、リフォーム札幌でユウケンブログをご覧頂きありがとうございます。

 

 

 

 

 

札幌ですがもりリフォーム 外壁リフォーム

 

 

 

 

雨漏りリフォーム 札幌リフォーム マンションリフォーム

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



リフォーム札幌 札幌リフォーム 屋根リフォーム札幌 外壁リフォーム札幌
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://sapporo.areablog.jp/blog/1000007601/p11759478c.html
リフォーム現場 トラックバック( 0)

札幌で、すが漏り(すがもり)・外壁・屋根・リフォームするなら住まいのユウケンにお任せ!

札幌で屋根・外壁・リフォームするなら

 

 

評判のいい住まいのユウケンにお任せ!

 

 

 

今札幌で屋根工事が盛んです!

 

 

屋根は雨や雪、風から住まいを守ると同時に、

 

『家全体の寿命を延ばす』

 

重要な役割を担っています。

 

屋根は、身支度に例えると『帽子』のようなもの。強い日差しや風雲も遮ったり、雪の重みを分散して受け止めたり、高いデザイン性で環境と美しく調和したりと、重要な役割を担っています。屋根がこうした役割を果たすことにより、壁も柱も守られ、当然建物の寿命が延び、メンテナンスにかかる費用も軽減されます。さて、屋根がこうした役割を果たし続けるためには、定期的な点検や改築工事も必要になります。雪の重みで構造体に異常をきたしたり、雪の処理に問題があったり、スガモリや結露が発生するようえあれば、根本部分からの総合的な対処が必要です。当社では、経験を生かし他社にはできない事を取り入れ、お客様の家の寿命を延ばす正しいリフォームを提案しています。

 

 

 

 

屋根は、直接外気に接する場所であり、小手先のきかない場所でもあります。又、カビや湿気は人体・建物にとっては、大敵であり、知らず知らずに進行が進んで、取り返しがつかなくなり、今以上に、内壁・天井をはがすことになり、大工事に発展する事も多々あります。建物の寿命は屋根にあるといっても過言ではありません。屋根は目立たない場所で割と手抜き工事をされていることが多々あります。年数の経過とともに、欠陥状態が現れます。しっかりとした技術・工法そして、長年の経験と知識が豊富な工事会社に頼むことが大事です。

 

 

 

 

 

 

 

 

◎ユウケンが用います『高品質長尺カラートタン鋼板』の特徴は従来のトタンよりも肉厚で、防水性・耐凍性・防錆性が高く北国の気候にあった高度の材質。耐久性が最も高い高耐久材質です。道内の工場生産材質ですので、本州製品と違い、年数が経っても色が薄くならす、雪に強く丈夫で美しい色彩と光沢をもつ、『2コート2べーク』(通常の2倍の塗装・焼付け処理)の工場加工処理。最も強く、耐候性に富んだ≪アルミ素材の入った高品質耐久カラー鋼板≫です。

 

 

※本道の苛酷な温度差の屋根に十分耐えられる資材≪優良動産品(道の推薦)≫

 

 

 

 

       

 

 

 

 

 

 

 

 

札幌のリフォーム専門店 住まいのユウケン☆☆☆☆☆

 

 

 

 

 

本日は、リフォーム札幌でユウケンブログをご覧頂きありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

札幌ですがもりリフォーム 外壁リフォーム

 

 

 

 

雨漏りリフォーム 札幌リフォーム マンションリフォーム

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



リフォーム札幌 札幌リフォーム 屋根リフォーム札幌 外壁リフォーム札幌
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://sapporo.areablog.jp/blog/1000007601/p11758927c.html
リフォーム現場 トラックバック( 0)

札幌で、すが漏り(すがもり)・外壁・屋根・リフォームするなら住まいのユウケンにお任せ!

札幌で屋根・外壁・リフォームするなら

 

評判のいい住まいのユウケンにお任せ!

 

 

 

札幌市北区S様宅屋根工事に伴う

 

屋根診断結果

 

屋根は現在、本屋根・下屋根≪和室上・車庫上≫はスノーダクト工法(無落雪屋根)及び下屋根≪水廻り部・居間上≫は、片流れ屋根工法でありますが、排水溝の谷コイルの素材が、旧材質であって被覆が剥離をし、サビ腐食状態にあります。その上、谷コイルの立ち上がりには防水処置や切り込み加工が悪く隙間があります。特に立ち上がり部の隙間は融雪水などが入り込んで中で凍結して膨張して隙間が段々開いたと思われます。排水溝は常に雨水などを流す所でもあるので防水処置加工を施することが大切なのです。また、谷コイルと屋根トタンとのつかみ部分でもあるので防水処置加工を施することが大切なのです。また、谷コイルと屋根トタンとのつかみ部分は部分的に開いております。これも融雪水などが樋の隙間から雨水などが入り込んでいます。屋根トタン自体(野地・笠木)も年数の経過とともに、塗膜(防水性)が全くない状態で、サビ・腐食状態にあります。屋根トタンのつなぎのコーキングもシリコン系ですので、硬化して亀裂やトタンから剥離しており、そこの透き間から、雨水等が入り込みやすい状況です。また屋根トタンのつまみ部分(ハゼ)も全体的に開いております。現状からみて、スガモリが発生している箇所も多々見受けられます。又、和室上はコーキング補修が施されておりますが、出入口を塞ぐ事により、他の箇所に水が伝わりやすくなります。このまま放置しておきますとさらに、雨水などが谷コイルと屋根トタンの巻き込みつかみ部分屋根トタンのつなぎ部分などに入り込み、屋根木下地や、天井下地まで腐食劣化が進行をし、今以上のスガモリが発生します。その上、屋根下地が屋根自体の重さに耐えられなくなり、天井が陥没などの現象をでることも十分考えられます。その場合は内壁はもちろんのこと、内壁・外壁を剥がすなどの処置工事を行わなければなりません。又、人体に有害な、湿度・カビが発生しますので、早急な工事を要します。

      

 

 

        

■本屋根の排水溝は旧材質の谷コイルが施されておりますが、サビ腐食の状態です。その上、自在ドレン廻りも隙間があります。屋根トタンと谷コイルのつかみ巻き込み処置が不良なために隙間が生じております。常に雨水などが溜まっているために、つなぎ部分が不良ですと、そこから雨水が入り込んでスガモリが発生させます。

 

 

       

■笠木と野地面とのつなぎ部分に関しては、防水処理が施されていない為に、雨水が入り込みやすい箇所でもあります。

 

 

 

 

 

 

     

 

 

■樋(排水溝)の中も被覆が剥離をし、サビ腐食をしております。素地もでてきております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

札幌のリフォーム専門店 住まいのユウケン☆☆☆☆☆

 

 

 

 

 

本日は、リフォーム札幌でユウケンブログをご覧頂きありがとうございます。

 

 

 

 

 

札幌で外壁リフォーム すがもりリフォーム 

 

 

 

雨漏りリフォーム 札幌リフォーム マンションリフォーム

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



リフォーム札幌 札幌リフォーム 屋根リフォーム札幌 外壁リフォーム札幌
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://sapporo.areablog.jp/blog/1000007601/p11758690c.html
リフォーム現場 トラックバック( 0)

札幌で、すが漏り(すがもり)・外壁・屋根・リフォームするなら住まいのユウケンにお任せ!

札幌で屋根・外壁・リフォームするなら

 

 

評判のいい住まいのユウケンにお任せ!

 

 

 

札幌でT様宅 外壁工事

 

 

【現在の状況】

現在の外壁は、ボンタイル(樹脂製ビニール塗料)を吹付塗装を行っております。しかし、台所の窓廻り及び他の窓廻り・外壁面にボンタイルの膨れ、ひび割れが箇所が多々あります。これは、塗装を行う際に傷んでいた外壁部分を取り除き処置をしていないのでそのままその上から塗装を行ったのです。塗装をすることによって、塗装層(防水層)がでてきます。その為に、今まで壁の中に入っていた、湿気や結露・損傷した部分が外部に出れない状態で閉じ込められた状態(ジメジメした状態)になります。その結果、台所の窓下には、蟻の巣が壁の中に入っております。蟻は湿気のあるところ及び腐食した木材などを好み、壁構造用柱・間柱等、建物を支えるのに大事な木下地を一気に腐食させ、ボロボロにします。他の窓廻り・外壁面に関しても、和室の窓下部分の湿気・結露により、ボンタイル自体が剥離(浮き)が見られます。

 

 

 

 

【施工内容】

現在、腐食損傷している台所の窓外壁1面及び他の痛んでいる外壁材を剥がし撤去をし、壁下地安定処理調整をまんべんなく行い、構造用木下地等を用いて、堅固に施工します。そのあと、防腐処置をまんべんなく行います。それから、防湿防水シート全面にすき間なく張ります。その上に、木胴縁を頑丈に張り付け、そのあと、『高品質・高断熱ガルバリウム金属サイディング』を4面堅固に張ります。耐久性のある役物・部材を用いて、出隅・入隅・連結部・窓廻りを堅い固に気密的にします。完全防水の断熱性に富んだ丈夫で耐久性・美観性のある耐久外壁になります。

 

 

 

@既存の外壁ボンタイルにクラック(ひび)そして全面塗装

がありません。

 

 

 

 

 

A剥がした結果部材の不良個所がかなり進んでいました。

 

 

 

 

 

 

B完成後の外壁サイディング

 

 

 

 

 

 

あなたの家は大丈夫?   外 壁

 

 

 

モルタルのひびやコーキングの切れ目から外壁の内部に水が浸透して柱や土台、断熱材までをも傷めてしまう危険が!

 

 

 

 

劣化したコーキングをそのままにしておくと……

 

放置しておくと、割れ目から躯体本体に雨水や湿気が侵入することで躯体を傷めたり、断熱材の機能を損なわすことがある他、外壁材の張り替えが必要になることもあります。又、最悪の場合壁下地、柱、土台等構造材の腐食にもつながり、改修のための多大な費用が必要とされますので、外壁工事と同時にコーキングの立ち直しも大変重要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

札幌のリフォーム専門店 住まいのユウケン☆☆☆☆☆

 

 

 

 

 

 

 

本日は、リフォーム札幌でユウケンブログをご覧頂きありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

札幌で外壁リフォーム すがもりリフォーム 

 

 

雨漏りリフォーム 札幌リフォーム マンションリフォーム

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



リフォーム札幌 札幌リフォーム 屋根リフォーム札幌 外壁リフォーム札幌
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://sapporo.areablog.jp/blog/1000007601/p11758167c.html
リフォーム現場 トラックバック( 0)

札幌で、すが漏り(すがもり)・外壁・屋根・リフォームするなら住まいのユウケンにお任せ!

札幌で屋根・外壁・リフォームするなら

 

 

評判のいい住まいのユウケンにお任せ!

 

 

 

札幌のТ様邸 屋根工事をして最も多い不良状態

 

 

屋根は、直接外気に接する場所であり、小手先のきかない場所でもあります。又、カビや湿気は人体・建物にとっては、大敵であり、知らず知らずに進行が進んで、取り返しがつかなくなり、今以上に、内壁・天井を剥がすことになり、大工事に発展する事も多々あります。建物の寿命は屋根にあるといっても過言ではありません。屋根は、目立たない場所で割と手抜き工事をさせていることが多々あります。年数の経過とともに、欠陥状態が現れます。しっかりとした技術・工法そして、長年の経験と知識が豊富な工事会社に頼むことが大事です。

 

 

 

 

 

 

◎笠木のつなぎ部分にコーキングが施されておりますが、硬化をし、亀裂が入っており、隙間が生じております。又、笠木部は野地面と違い、平になっておりますので、防水加工をしっかりと施さないとすがもりが発生します。

 

◎煙突部はモルタル仕上げになっておりますが、モルタル自体劣化損傷しており、クラック(ひび割れ)が広がっております。又、モルタル自体も剥離している箇所もありますので、モルタルが落下する危険性もあります。

 

◎樋(排水溝)の立ち上がり部分の切り込み加工が悪く、防水処置も行っておりません。雨水等が入り込みやすい状況です。

 

 

 

 

 

 

 

◎立ち上がり部分やハゼ(トタンとトタンのつなぎ部)にコーキング補修がされておりますが、コーキングなどで蓋をすることにより、出入口が塞がり、他の箇所に水が入る原因にもあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出さない、

 

出たら早急に対処    サビ

 

 

 

水分や空気などが作用してサビが発生。サビが目立つようなら、葺替が必要。

 

サビは水分などが作用して起こる化学変化により金属の表面に酸化物ができるもの。北海道の場合、屋根材にもっぱら金属製品(カラートタンなど)が使われており、塗装を焼き付けるなどして防サビ対策がなられておりますが、それぞれも雨や雪の影響で年月が経つとサビが生じます。強い風に乗って運ばれてくる海水の塩分がトタンに悪影響を及ぼすのはよく知られることですし、酸性雨による悪影響も懸念されます。トタン屋根はこまめに状態を見て補修と塗り替えをする必要があります。なお、サビの出方は、屋根材の材質や屋根の形状などでも異なります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

札幌のリフォーム専門店 住まいのユウケン☆☆☆☆☆

 

 

 

 

 

 

 

 

本日は、リフォーム札幌でユウケンブログをご覧頂きありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

札幌ですがもりリフォーム 外壁リフォーム 

 

 

 

雨漏りリフォーム  札幌リフォーム マンションリフォーム

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



リフォーム札幌 札幌リフォーム 屋根リフォーム札幌 外壁リフォーム札幌
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://sapporo.areablog.jp/blog/1000007601/p11757783c.html
リフォーム現場 トラックバック( 0)

札幌で、すが漏れ(すがもれ)・外壁・屋根・リフォームするなら住まいのユウケンにお任せ!

札幌で外壁・屋根・リフォームするなら

 

 

評判のいい住まいのユウケンにお任せ!

 

 

札幌で外壁・屋根工事

 

 

知っていましたか?

 

外壁・屋根・って一冬一冬で傷んでいく場所です!

 

定期的なリフォームが必要なんです!

 

 

特に北国は、(札幌)外壁・屋根は住まいの中で最も過酷な条件にさらされる部分の一つです。住まいの急所であり、一生の財産である我が家の価値を左右する、とても大切な部分です。特に冬に傷みが進み、雪融けになると『あれ?こんな所傷んでいたのかしら?』と気付かれます。そうした大切な部分でありながら、ひび割れや傷みなどの不具合がしょうじても、家の中にいるとつい見過ごしてしまいます。定期的な外壁・屋根リフォームをしておかないと、ゆくゆくはすがもり・雨漏り等の大きなリフォーム工事発展します。

 

 

 

 

室内の天井・壁に染み

 

 

上記のひとつでも当てはまった方は

 

 

       メンテナンスが必要です!

 

 

住まいも人間同様、病気や怪我もします。早めの処置が大事にならなく済みます。

 

 

 

 

外壁は金属サイディングにしませんか?

 

 

昨今で、災害や水害に加えて、地震など発生していて、深刻な状況に陥っている都道府県があります。家の中でも屋根と外壁が最も大切な部分で、その中でも外壁は、どんな材料・板材を使うかで、お家の寿命に違いが出てくるのです。材料の中でも金属サイディングの特徴を御紹介致します!

 

 

 

◎すぐれた耐震性◎

金属サイディングが自身に強い理由をご存知ですか?

 

日本は地震大国です。地震が起こると、モルタルやコンクリート等ではひび割れが生じることは良くあります。これは壁体そのものに柔軟性がないためです。金属サイディングは構造体そのものが大きく変形することがなければ、多少の地震では壁の歪みを吸収する能力を持っています。また、金属サイディングは軽量ですので、地震の力を強く受けることがありません。

 

 

 

◎高い断熱性◎

 

夏は涼しく、冬は暖かい快適住居環境を創ります。高い断熱効果で省エネ効果もバッチリ!

 

 

◎快適◎

 

他の外壁材に比べ断熱性能が高く、省エネ効果も抜群で快適な生活空間を選出します。

 

 

 

◎長持ち◎

 

表面材に腐食性、耐候性のすぐれた高級塗装鋼板を使用しているので、耐久性抜群です。吸水・透水がなく、凍害・ひび割れの心配もありません。

 

 

◎軽い◎

 

軽量で建物への負担が少なく、脱落の心配もありません、金属サイディングは外壁改修に最適です。

 

 

 

        

 

 

 

 

 

 

 

 

札幌のリフォーム専門店 住まいのユウケン☆☆☆☆☆

 

 

 

 

 

本日は、リフォーム札幌でユウケンブログをご覧頂きありがとうございます。

 

 

 

 

札幌で外壁リフォーム すがもりリフォーム 

 

 

雨漏りリフォーム  札幌リフォーム マンションリフォーム

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



リフォーム札幌 札幌リフォーム 屋根リフォーム札幌 外壁リフォーム札幌
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://sapporo.areablog.jp/blog/1000007601/p11757326c.html
リフォーム現場 トラックバック( 0)

  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
住まいのユウケンイメージ
住まいのユウケン
プロフィール公開中 プロフィール
家は人間の体と同じで、メンテナンスをすることによって長持ちします。長年の経験と実績をもとに住まいの知識やユウケンの工事事例の一部をブログで更新しています!
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年

おすすめリンク