札幌のリフォーム・すがもり・外壁・屋根・水廻りの専門店 

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://sapporo.areablog.jp/yuken

札幌で、すが漏れ(すがもれ)・外壁・屋根・リフォームするなら住まいのユウケンにお任せ!

札幌で屋根・外壁・リフォームするなら

 

 

評判のいい住まいのユウケンにお任せ!

 

 

札幌のS様邸の屋根診断結果

 

 

屋根は現在本屋根・下屋根≪和室上・車庫上≫はスノーダクト工法(無落雪屋根)及び屋根≪水廻り部・居間上≫は、片流れ屋根工法でありますが、排水溝の谷コイルの立ち上がりには防水処理や切り込み加工が悪く隙間があります。特に立ち上がり部の隙間は融雪水などが入り込んで中で凍結して膨張して隙間が段々開いてきたと思われます。又、谷コイルと屋根トタンとのつかみ部分は部分的に開いております。これも融雪水などが樋の隙間から雨水等などが入り混んで込みやすい状況です。又屋根トタンとのつかみ部分(ハゼ)も全体的に開いております。状況からみて、スガモリが発生している箇所も多々見受けられます。又、和室上のコーキング補修が施せれておりますが、出入口を防ぐ事により、他の箇所に水が伝わりやすくなります。このまま放置しておきますと、さらに、雨水などが谷コイルと屋根トタンの巻き込みつかみ部分屋根トタンのつなぎ部分などに入り込み、屋根木下地や天井下地まで腐食劣化が進行をし、今以上のスガモリが発生します。その上、屋根下地材が屋根自体の重さに耐えられなくなり、天井が陥没などの現象もでることも十分考えられます。その場合は内壁はもちろんのこと、内壁・外壁を剥がすなどの処置工事をしなければなりません。又、人体に有害な、湿気・カビが発生しますので、早急な工事を要します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

意外にお客様の中には、『今スガモリしてないから症状が現れてから対応する』とか、『補修材などで補修してくれないだろうか』『工事費用がかかるから安く済ませる方法ないだろうか』など、一時的な処置の対応を求めるケースが多々あります。しかし屋根は人間の体で言えば、心臓部分と言っても過言ではない場所でもあるのです。なぜならば、心臓部分と言っても過言ではない場所でもあるのです。なぜならば、屋根トタンやダクト排水溝などの不良によって、木下地の腐食・断熱効果の低下・壁下地の腐朽・湿気カビの発生などによって、さまざまな、不良現象が発生させ、家自体の寿命も短くしているのです。そうならないためにも、定期的な点検・不良個所が出てきた場合は確かな経験と確かな工事を行う会社に頼んで、早急に工事することが大事なのです。その確かな経験と確かな工事を行っているので住まいのユウケンなのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

札幌のリフォーム専門店 住まいのユウケン☆☆☆☆☆

 

 

 

本日は、リフォーム札幌でユウケンブログをご覧頂きありがとうございます。

 

 

札幌ですがもりリフォーム 外壁リフォーム

 

 

雨漏りリフォーム 札幌リフォーム マンションリフォーム

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



リフォーム札幌 札幌リフォーム 屋根リフォーム札幌 外壁リフォーム札幌

goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://sapporo.areablog.jp/blog/1000007601/p11757021c.html
リフォーム現場 トラックバック( 0)

札幌で、すが漏り(すがもり)・外壁・屋根・リフォームするなら住まいのユウケンにお任せ!

札幌で屋根・外壁・リフォームするなら

 

 

評判のいい住まいのユウケンに任せ!

 

 

札幌のK様宅 屋根診断結果

 

屋根は現在、スノーダクト工法(無落雪屋根)でありますが、屋根トタンと谷コイルとのつかみ部分が全体的に開いた状態になっております。又は排水溝(谷コイル)自体も旧材質の為、年数の経過とともに、材質自体に亀裂が入り、劣化状態にあり、サビで間もなく穴が空く状態です。

 

【トタンの原理は、新しい屋根トタンの場合は、寒くなると縮まり、暖かくなると開く作用が繰り返されます。しかし、年数の経ちますと、縮まる作用がなくなり開いた状態のままになってしまいます。】

 

 

コーキングに関しましても、コーキングをしようしている為、ドレン廻り・谷コイルの立ちあがり部分(両側)が剥離・劣化状態になっております。

因みに、シリコンコーキングは硬化力があり弾力性が全くない状態で、全体的にサビが発生してサビを放置して置きますと、現状よりサビが広がり、サビに穴が空きそこから雨水などが入り込んでしまいます。それからの箇所から雨水などが入り込み、屋根下地・天井下地材が屋根自体の重さに耐えられなくなり、天井陥没などの現象も出ることも十分感考えられます。又人体に有害な、湿気・カビが発生しますので、早急な工事を要します。

 

本来排水溝(樋)の中にゴミが入ってはならない為に木製スノコを敷かなければなりませんが、木製スノコは年数の経過とともに、木が腐食・劣化状態になります。そのため、雪・飛来物・落ち葉などがドレンの中に入り詰まり、排水溝(樋)がプール状態になり、水かさが増して、屋根トタンと樋(FRP防水)のつかみ部分から雨水などが入り込みスガモリが発生させます。【排水溝は、スノーダクト工法の心臓部に値します。】

 

 

 

 

年数の経過とともに、塗膜(防水性)が、無くなりサビが発生しております。このまま放置して置きますと、サビが広がり、穴が空きスガモリが発生してきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スノーダクトの排水溝は心臓部です!

 

ダクト排水溝(樋)は、スノーダクトにとって一番大事な所でもあります。屋根トタンと谷コイルとのつかみ部分が年数の経過とともに、全体的に開いた状態になってしまいそこから雨水などが侵入しスガモリが発生します。

 

 

 

 

 

 

【原因】

@排水溝の谷コイルの不良

A排水溝とトタンの取り合い(接続部)の不良

Bトタンの傷み

Cトタンのハゼ(つなぎ部分・他加工の不良)

D排水ドレンの不良

 

上記の項目で一つでも当てはまるようでしたらすがもりしている可能性が大です。

 

 

 

 

 

 

アドバイス

注)すがもりが天井に症状が出てきた時は、断熱材を濡らし、天井に融水が侵入し、さらに、野地面・天井下地・柱・壁内と目に見えない最も大事な所が痛み出します。その結果天井が落ちる事もあります。大掛かりな工事に発展しますので、的確な処置を行う事が大切です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

札幌のリフォーム専門店 住まいのユウケン☆☆☆☆☆

 

 

 

 

 

本日は、リフォーム札幌でユウケンブログをご覧頂きありがとうございます。

 

 

 

 

札幌ですがもりリフォーム 外壁リフォーム 

 

 

雨漏りリフォーム 札幌リフォーム マンションリフォーム

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



リフォーム札幌 札幌リフォーム 屋根リフォーム札幌 外壁リフォーム札幌
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://sapporo.areablog.jp/blog/1000007601/p11756657c.html
リフォーム現場 トラックバック( 0)

札幌で、すが漏り(すがもり)・外壁・屋根・リフォームするなら住まいのユウケンにお任せ!

札幌で屋根・外壁・リフォームするなら

 

 

評判のいい住まいのユウケンにお任せ!

 

 

 

 

札幌のU様宅の屋根リフォーム工事

 

 

【現在の状況】

屋根ダクト排水溝(樋)の谷コイルの素材が、旧材質で取り合い加工修めが不良状態にあり、トタンのつなぎのコーキングもシリコン系ですので、硬化して亀裂やトタンから剥離しており、そこの透き間から、雨水などが入っております。又、屋根トタン材質そのものも凍害・雪などにより、年数の経過とともに、所々、サビ・腐食状態にあり、トタンが劣化状態にあります。又トタンと谷コイルとの取り合いの加工や、トタンとトタンのつかみ部分が開いており、そこから雨水が侵入しております。このまま放置しておきますと、内装や天井を解体するなどの大掛かりな工事に発展しますので、早急に葺替耐久屋根にする必要があります。

 

 

 

 

【施工内容】

既存の屋根トタンを屋根軸組下地に衝撃をあたえることがないように剥がし撤去をし、又、現在の排水溝(樋)を剥がし・撤去をし、そこに『高品質耐久谷コイル』を堅固に施工します。そして、屋根トタンの木下地処理を十分に行い、防水フェルトを全面にまんべんなく敷き込み、その上に『高品質長尺カラートタン鋼板』を頑丈に葺きますので、耐久性のある丈夫な完全防水の屋根になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

住まいのユウケンが長年の研究を重ねた独自の屋根工事

 

8つの特徴

 

@既存の屋根トタンはすべて剥がします。

 

A自在ドレン本体も取り替えます。

 

B屋根下地安定処理をまんべんなく行います。

 

C寒冷地用防水フェルトを使用します!

 

D排水溝(樋)し味調整を行い断熱性を高める為に、スタイロフォームを敷設します。又谷コイルは防錆・耐久性・耐凍性に富んだ現場に合わせて一枚物を加工・組立します。

 

E過酷な条件でも十分耐えることができる屋根トタン材を使用します。

 

F弾力性・耐久性に富んだ『変成シリコンコーキング』を使用し、屋根トタンのつなぎ目にはすべて内コーキングします。

 

G特殊締め機で堅固に締めます。

 

 

 

 

 

すがもり・雨漏りでお悩みの皆様、もうご安心下さい。

 

住まいのユウケンが責任を持って、すがもり・雨漏り完全に止めます!

 

 

 

 

 

 

札幌のリフォーム専門店 住まいのユウケン☆☆☆☆☆☆

 

 

 

 

 

 

本日は、リフォーム札幌でユウケンブログをご覧頂きありがとうございます。

 

 

 

 

 

札幌ですがもりリフォーム 外壁リフォーム 

 

 

雨漏りリフォーム  札幌リフォーム マンションリフォーム

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



リフォーム札幌 札幌リフォーム 屋根リフォーム札幌 外壁リフォーム札幌
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://sapporo.areablog.jp/blog/1000007601/p11756361c.html
リフォーム現場 トラックバック( 0)

札幌で、すが漏れ(すがもれ)・外壁・屋根・リフォームするなら住まいのユウケンにお任せ!

札幌で外壁・屋根・リフォームするなら

 

評判のいい住まいのユウケンにお任せ!

 

 

 

 

札幌で外壁リフォーム工事

 

 

外壁金属サイディングの構造

 

耐久性、断熱性に優れた三層構造。

外壁金属サイディングは、表面材と裏面材に断熱材をサンドイッチ(一体成型)した高性能外壁材です。

 

 

 

 

 

 

@塗装高耐食GLめっき鋼板は従来の亜鉛めっき鋼板に比べ約3〜6倍の寿命が可能に。

 

塗装高耐久食GLめっき鋼板のめっき層は、亜鉛リッチ層がアルミリッチ層を網目状に囲い込んだ構造です。亜鉛の犠牲防食作用とアルミニウムの不動態保護作用を最大限に機能させるめっき層の組成で、非常に優れた耐久性を発揮します。塗装高耐食GLめっき鋼板は、鋼板の端部においても高い耐久性を発揮します。

             

 

 

 

 

 

 

 

 

A断熱性

 

外壁金属サイディングの芯材の硬質イソシアヌレートフォームには高い断熱性能があります。外壁金属サイディング(熱貫流率1,63w/(u・K)と同等の断熱性能を得るためには、窯業系サイディングで約6倍、モルタルで約42倍の厚みが必要です。

 

 

 

 

断熱性能 遮熱性能

 

断熱材を一体成型

外壁金属サイディングは主要な製品の厚みを18mmに設定。芯材の硬質ウレタンフォームやイソシアヌーレフォームの高い断熱性能と、裏面材のアルミネート加工紙による幅射熱を反射させる機能が、抜群の断熱性能を発揮し、室内の温度を逃がしにくく、快適な暮らしのサポートをします。

 

 

B耐震性能

 

住宅の重量を大幅軽減。

 

外壁金属サイディングの重量は、窯業系サイディングの約1/4、モルタルの約1/10です。住宅構造が同等の場合、地震の影響を受けにくくなり、建物への負担を軽減します。例えば3階建ての住宅を、それぞれの構造別に比較すると、軽い木造住宅ではわずか14トン程度の地震力しか受けないのに対し、重い鉄筋コンクリート造住宅では、木造住宅の5倍近い約70トン程度の地震の力を受けているとされています。

 

 

 

かん合部のスライドが変形を吸収

 

外壁金属サイディングは片側を固定し、他方をかん合する形式です。これにより地震の揺れによる外壁の変形を、かん合部のスライドで吸収し、地震の力を逃します。外壁金属サイディングはモルタルやコンクリート造などのようにひび割れを生じることはありません。

 

 

 

 

 

C耐凍害性能

 

寒冷地での凍害防止

 

一般的な外壁材の場合、寒冷地では外壁材の表面に付いた水分が凍結と融解を繰り返され、基材の劣化(凍害)懸念されます。サイディングは表面材に塗装高耐食GLめっき鋼板を使用しており、凍害の心配はありません。寒冷地でも安心してご使用いただけます。

 

 

 

 

 

D防音性能

 

厚み18mmによる遮音性。

 

サイディングは主要な製品の厚みを18mmに設定しており、より高い遮音性能を発揮します。また重ね張り工法によるリフォームの場合、壁が二重構造となり、外部からの騒音をさらに軽減されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

札幌のリフォーム専門店 住まいのユウケン☆☆☆☆☆☆

 

 

 

 

 

 

本日は、リフォーム札幌でユウケンブログをご覧頂きありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

札幌で外壁リフォーム すがもりリフォーム 

 

雨漏りリフォーム 札幌リフォーム マンションリフォーム

 

 

 

 



リフォーム札幌 札幌リフォーム 屋根リフォーム札幌 外壁リフォーム札幌
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://sapporo.areablog.jp/blog/1000007601/p11755967c.html
リフォーム現場 トラックバック( 0)

札幌で、すが漏れ(すがもれ)・外壁・屋根・リフォームするなら住まいのユウケンにお任せ!

札幌で屋根・外壁・リフォームするなら

 

 

評判のいい住まいのユウケンにお任せ!

 

 

札幌で屋根リフォーム工事(片流れ屋根)

 

 

屋根トタン自体も年数の経過とともに、塗膜(防水性)が全くない状態で、全体的にサビが発生してサビを放置して置きますと、現状よりサビが広がり、サビに穴が空きそこから雨水などが入り込んでしまいます。それらの箇所から雨水などが入り込み、屋根下地・天井下地まで腐食・劣化が進行し、スガモリが発生してしまいます。その上、屋根下地材が屋根自体の重さに耐えられなくなり、天井陥没などの現象も出ることも十分考えられます。又、人体に有害な、湿気・カビは発生します。

 

 

 

 

 

 

屋根は高品質+高技術(ハゼおこし・つなぎ部分・加工など)で決まります!

 

 

 

 

屋根現状写真(片流れ屋根)

 

 

 

 

 

 

下屋根現状写真(流れ屋根)

       

 

 

 

 

屋根は雨や雪、風から住まいを守ると同時に、

 

『家全体の寿命を延ばす』

 

重要な役割を担っています。

 

 

 

 

 

屋根は、身支度に例えると『帽子』のようなもの。強い日差しや風雲を遮ったり、雪の重みを分散して受け止めたり、高いデザイン性で環境と美しく調和したりと、重要な役割を担っています。屋根がこうした役割を十分果たすことにより、壁も柱も守られ、当然建物の寿命が延び、メンテナンスにかかる費用も軽減されます。さて、屋根がこうした役割を果たし続ける為には、定期的な点検や改修工事も必要になります。雪の重みで構造体に異常をきたしたり、雪処理に問題があったり、スガモリや結露が発生するようであれば、早急に対処しなければなりません。

改築工事をするに当たって家全体の事を考えるのなら、根本部分からの総合的な対処が必要です。当社では、経験を生かし他社には出来ない事を取り入れ、お客様の家の寿命を延ばす正しいリフォームを提案しています。

 

 

 

 

雪が落ちなくなった、氷やつららが大きくなった、軒天スレート板に水が染み込んできたなどの症状が出てきたらもう赤新号です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

札幌のリフォーム専門店 住まいのユウケン☆☆☆☆☆

 

 

 

 

本日は、リフォーム札幌でユウケンブログをご覧頂きありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

札幌ですがもりリフォーム 雨漏りリフォーム 

 

 

 

外壁リフォーム 札幌リフォーム マンションリフォーム

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



リフォーム札幌 札幌リフォーム 屋根リフォーム札幌 外壁リフォーム札幌
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://sapporo.areablog.jp/blog/1000007601/p11755659c.html
リフォーム現場 トラックバック( 0)

札幌で、すが漏れ(すがもれ)・外壁・屋根・リフォームするなら住まいのユウケンにお任せ!

札幌で、リフォーム工事・屋根工事・外壁工事するなら

 

 

評判のいい住まいのユウケンにお任せ!

 

 

 

札幌のリフォーム工事

 

 

新築で建てた時から15年を過ぎると

 

ほとんどがメンテナンスの時期を迎えます!

 

 

住宅は、必ず一定の周期でメンテナンスが必要になります。それを怠ると美観をすこねるばかりか、住まいの耐久性や使い勝手に大きな支障をもたらします。早め早めの対応が、住まいを長持ちさせることにもなります。例えば、外壁の塗り替えの際にひび割れを修復しておけば、すがもりを防げて内部の腐食防止に役立つといったことです。外壁・屋根は15〜20年くらいが塗り替えや葺替のタイミングです。内装もビニールやクロスやフローリングは10年〜15年ぐらいで劣化が目立ってきますし、設備機器はおおむね15年程度が取り変え時期です。各種の調査でもリフォームする動機として、この設備機器の老朽化が多く挙げられます。故障や不具合が多くなるだけでなく、最新の機器と比べると、機器や使いが手が劣っている感じられることもリフォームの動機となっています。このような外装や内装、機器の老朽化といったタイミングで、思い切って住まい全体のリフォームを検討してはどうでしょうか。また、住んでいる人が年を重ねることもリフォームの動機となります。家の中の段差がきになり、廊下や浴室の寒さが体にこたえるようになって、体に優しいバリアフリーの住まいを志向するようになるからです。そのほか、家族構成が変わったり、モノが増えて収納が足りなくなったりといったこともリフォームの動機となります。メンテナンス時期と合わせて、暮らしの不具合を多く感じることになったときが、リフォームのよりタイミングといえるでしょう。

 

 

 

      

 

 

リフォームの予定の部分だけでなく、住まい全体の総合的な判断をしてもらうと安心です。

 

 

■適正な時期に適正なリフォームを行うと住宅は

ぐんと延びます!!

 

 

 

 

住まいの中でも最も大切な屋根の葺替工事は、割れやサビの劣化や樋周辺なども腐食などが進んでいる場合は、住まいのユウケンにぜひご相談・お問い合わせして下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

札幌のリフォーム専門店 住まいのユウケン☆☆☆☆☆

 

 

 

 

 

本日は、リフォーム札幌でユウケンブログをご覧頂きありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

札幌でリフォーム すがもりリフォーム 雨漏りリフォーム

 

 

外壁リフォーム マンションリフォーム

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



リフォーム札幌 札幌リフォーム 屋根リフォーム札幌 外壁リフォーム札幌
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://sapporo.areablog.jp/blog/1000007601/p11755265c.html
リフォーム現場 トラックバック( 0)

札幌で、すが漏れ(すがもれ)・外壁・屋根・リフォームするなら住まいのユウケンにお任せ!

札幌で屋根・外壁・リフォームするなら

 

 

評判のいい住まいのユウケンにお任せ!

 

 

 

札幌のТ様宅 屋根葺替工事

 

 

雨が多くなるこの季節、初期の段階ではあまり気付きにくいすがもり。

天井にシミや室内にポツポツと水が入ってきてからでは、かなりの量の水が

天井を伝って入ってきていると考えられています。

下記の写真のようになる前に屋根の葺替工事しませんか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【現在の状況】

屋根ダクト排水溝(樋)の谷コイルの素材が、トタンで修めている為取り合い加工修めが不良状態にあり、トタンとトタンのつなぎ目のコーキングもシリコン系ですので、硬化して亀裂やトタンから剥離しており、そこの透き間から、雨水などが入っております。又、屋根トタン材質そのものも、サビ・腐食状態にあり、トタンが劣化状態にあります。トタンと樋のトタンとの取り合いの加工や、トタンとトタンのつかみ部分が開いており、そこからも雨水が侵入しております。このまま放置しておきますと、内壁や天井を解体するなど大掛かりな工事に発展しますので、早急に葺替耐久屋根にする必要があります。

 

 

 

 

 

【施工内容】

既存の屋根トタンを屋根軸組下地に衝撃をあたえることがないように剥がし撤去をし、又、現在の排水溝(樋)を剥がし・撤去をし、そこに『高品質耐久コイル』を堅固に施工します。そして、屋根トタンの木下地処理を十分に行い、防水フェルトを全面にまんべんなく敷き込み、その上に『高品質長尺カラートタン鋼板』を頑丈に葺きますので、耐久性のある丈夫な完全防水の屋根になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

              無落雪屋根

 

 

※屋根トタンと既存の外壁のつなぎ目が大事です!

 

当社独自安心施工で屋根トタン立ち上がり防水施工をしております。

 

 

@防水フェルト立ち上げ施工

 

Aトタン立ち上げ防水コーキング処理

 

B屋根トタンの立ち上げ施工

 

Cトタン立ち上げ防水コーキング処理

 

C立ち上げ木材内コーキング処理

 

E立ち上げ木材(貫)取り付け納め

 

Fトタン包み加工

 

G防水コーキング処理

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<!--EndFragment-->

 

 

 

 

札幌のリフォーム専門店 住まいのユウケン☆☆☆☆☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日は、リフォーム札幌でユウケンブログをご覧頂きありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

札幌ですがもりリフォーム 雨漏りリフォーム 

 

 

外壁リフォーム 札幌リフォーム マンションリフォーム

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



リフォーム札幌 札幌リフォーム 屋根リフォーム札幌 外壁リフォーム札幌
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://sapporo.areablog.jp/blog/1000007601/p11754888c.html
リフォーム現場 トラックバック( 0)

札幌で、すが漏り(すがもり)外壁・屋根・リフォームするなら住まいのユウケンにお任せ!

札幌で屋根・外壁・リフォームするなら

 

 

評判のいい住まいのユウケンにお任せ!

 

 

 

札幌の屋根の雪

 

札幌で雪が落ちたり、屋根に雪が溜まってなかなか落ちないなど、この時期に葺替をしてみませんか?その他、すがもりしているなどご相談お問い合わせ下さい。

 

屋根工法

 

 

■落とせるものなら…… 落雪屋根

 

敷地内に落雪スペースが十分にあり、特に他に問題なければ、屋根の雪は落とす方が、構造体に無理がなく、積雪障害も起きづらく、好ましいことは大方の人が納得していることでしょう。落雪屋根にする場合には、当然ですが、雪が無理なく自然に落ちるような屋根形状にすることが大切です。屋根の谷やドーマーなどで落雪が妨げられる場合、軒先に氷堤つららができやすく、暖気時に一気に雪氷だまが滑り落ちることになり、危険です。最近、敷地の狭小化にともなって、落雪スペースが不十分な勾配屋根に雪止め金具を取り付けた屋根が多く見られます。しかし、通常の雪止め金具では、雪は止まっても、屋根面で解けた融雪水は軒天に流れてきますから、断熱性能の良い住宅でも、軒先での氷堤とつららの発生を防止するのは難しいでしょう。

 

               流れ屋根

 

 

 

 

 

 

 

■落ちちゃだめなら……無落雪

 

無落雪屋根で最も多いのは、屋根の中央に横葺と縦葺を持つM型屋根で、既に20年以上の実績を持っています。初期のM型屋根では周囲に高さ30〜50pのパラペットを立ち上げていましたが、パラペット高さが低く、かつ屋根勾配が緩くなったため、現在では屋根上の積雪が少ない形状が一般的です。また板金の防水性が向上したことによって、木造でも樋をつくらずに水勾配(1/100程度)だけをつけたフラット屋根が可能になり、多くなっています。ただし、わずかな勾配であっても屋根面での融雪が多いと、軒先に巻垂れが生じますし、その場合、鉄板との接触面に氷盤になっていたり、軒先につららができていたりしますから、暖気の時にそれらが落ちると危険です。屋根面で雪が融けないように鉄板の下に板状の断熱材を入れる方が良いでしょう。無落雪屋根では屋根雪の重量によって、建具が開かなくなるなどの不具合が無いように、積雪量に応じた梁の大きさが必要になります。一部2階建ての一階部分の屋根積雪は地上積雪よりも多くなることがよくあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

              無落雪屋根

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

札幌のリフォーム専門店 住まいのユウケン☆☆☆☆☆

 

 

 

 

 

 

 

本日は、リフォーム札幌でユウケンブログをご覧頂きありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

札幌ですがもりリフォーム 雨漏りリフォーム 

 

外壁リフォーム 札幌リフォーム マンションリフォーム

 



リフォーム札幌 札幌リフォーム屋根リフォーム札幌 外壁リフォーム札幌
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://sapporo.areablog.jp/blog/1000007601/p11754660c.html
リフォーム現場 トラックバック( 0)

札幌で、すがもり・外壁・屋根・リフォームするなら住まいのユウケンにお任せ!

札幌で外壁・屋根・リフォームするなら

 

 

評判のいい住まいのユウケンにお任せ!

 

 

 

札幌でリフォーム断熱改修工事

 

『断熱』は、家が解体されるまで何十年もの間、CO2の排出を削減し、地球環境と住まいの冷暖房削減(家計)に貢献し続ける『基本』です。新居を建てた後には気軽に変更できない部分なので、一番優先滴に考えるべきポイントです。冬は少ない暖房エネルギーでも十分快適な室温を保つことができ、夏はひさしや窓のルーバーなどを併用すれば、わずかな冷房エネルギーで涼しさを維持することができます。それだけではありません。『断熱』は住みごごち、健康にも役立つ様々な効果があります。

 

 

断熱』ですみごごちが良くなる

 

住まいは高性能な断熱材をしっかり施工すると、家中の温度変化が小さくなります。その結果、我が国三大死因の1つ『脳卒中』予防に効果があると言われています。暖かい居間から冷えた浴室、トイレなどに移動すると、皮膚からの体温の放散を防ごうと血管が収縮するので血圧が上がり、脳卒中を引き起こしやすくなります。浴室やトイレが居間のように暖かければ、血圧上昇を防げるのです。

『結露』『ダニ』『カビ』予防に効果がります。温度差の大きい場所には『結露』が発生しやすくなります。家中隙間なく性能の高い断熱が施工されている住宅では結露が発生しにくいのです。結露は木材を腐らせる原因になり、建物の耐久性を低下させるだけでなく、カビやダニの発生を引き起こします。カビやダニのフンはアレルギーやアトピーなどの原因にもなります。家の中の温度ムラを減らすことで家族の健康も守ることができます。昼夜の室内温度差や、部屋の中で足下は寒いけど頭のほうは暑いという温度差も減らすことができるので快適に暮らすことができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

札幌のリフォーム専門店 住まいのユウケン☆☆☆☆☆

 

 

 

 

 

 

本日は、リフォーム札幌でユウケンブログをご覧頂きありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

札幌で外壁リフォーム 札幌リフォーム すがもりリフォーム 雨漏りリフォーム マンションリフォーム

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



リフォーム札幌 札幌リフォーム 屋根リフォーム札幌 外壁リフォーム札幌
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://sapporo.areablog.jp/blog/1000007601/p11747733c.html
リフォーム現場 トラックバック( 0)

札幌で、すがもり・外壁・屋根・リフォームするなら住まいのユウケンにお任せ!

札幌で外壁・屋根・リフォームするなら

 

 

評判のいい住まいのユウケンにお任せ!

 

 

 

札幌での屋根工事の専門業者住まいのユウケン

 

 

旦那様・奥様もご納得していただける

 

 

Qユウケンの屋根工事のやり方は?

 他社と工事内容がどう違うの?

 

 

はいお答えいたします!

 

 

屋根は人間で言えば頭に相当する箇所で最も大切な場所であります。施工方法や材料等で劣る大変な事態になります。

 

 

札幌及び周辺地域で屋根のすがもり・雨漏り等の工事事例を見てきました。私達も目を疑われるような不良工事をしていることに、残念でなりません。しかし、もう心配はありません。ユウケンは幾度となく思考錯誤の上、住まいのユウケン独自の工法を生み出しました。

すがもり・雨漏りでお悩みの皆様。もうご安心下さい。住まいのユウケンが責任を持って、

 

すがもり・雨漏り完全に止めます。

 

 

 

8つの特徴

 

@既存の屋根トタンはすべて剥がします。

 

A自在ドレン本体も取替えます。

 

B屋根下地安定処理をまんべんなく行います。

 

C寒冷地用防水フェルトを使用します!

 

D排水溝(樋)下地調整を行い断熱性を高める為に、スタイロフォームを敷設します。又谷コイルは防錆・耐久性・耐凍性に富んだ現場に合わせて1枚物を加工・組立します。

 

E過酷な条件でも十分に耐えることができる屋根トタン材を使用します。

 

F弾力性・耐久性に富んだ『変成シリコンコーキング』を使用し、屋根トタンの繋ぎ目にすべて内コーキングします。

 

G特殊締め機で堅固に締めます。

 

 

 

 

 

 

 

 

札幌のリフォーム専門店 住まいのユウケン☆☆☆☆☆

 

 

 

 

 

 

 

本日は、リフォーム札幌でユウケンブログをご覧頂きありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

札幌で外壁リフォーム 札幌リフォーム すがもりリフォーム 雨漏りリフォーム マンションリフォーム

 

 

 

 

 

 

 

 



リフォーム札幌 札幌リフォーム 屋根リフォーム札幌 外壁リフォーム札幌
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://sapporo.areablog.jp/blog/1000007601/p11747169c.html
リフォーム現場 トラックバック( 0)

前へ    4  |  5  |  6    次へ
  
このブログトップページへ
住まいのユウケンイメージ
住まいのユウケン
プロフィール公開中 プロフィール
家は人間の体と同じで、メンテナンスをすることによって長持ちします。長年の経験と実績をもとに住まいの知識やユウケンの工事事例の一部をブログで更新しています!
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年

おすすめリンク