札幌のリフォーム・すがもり・外壁・屋根・水廻りの専門店 

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://sapporo.areablog.jp/yuken

札幌で、すがもり・外壁・屋根・リフォームするなら住まいのユウケンにお任せ!

リフォーム工事を札幌で頑張ってます!

 

 

 

 

札幌で屋根・外壁・リフォームをお考えの方

 

 

札幌で屋根・外壁リフォームするなら住まいのユウケンへ

 

 

 

 

札幌で屋根リフォームをしたT様宅

 

屋根は現在、本屋根・下屋根ともにスノーダクト工法(無落雪屋根)でありますが、排水溝の谷コイルの素材が、鉄板であって、所々腐食している箇所もあります。又、排水溝はスノーダクトにとって一番大事なところであります。屋根トタンと谷コイルのつかみ部分から融雪水が入り込みスガモリを発生させてしまいます。自在ドレン自体も不良状態ですき間が生じております融雪水が入り込んでおります。

 

 

 

屋根トタンと谷コイルのつかみ部分が開いた状態になっております。

 

 

 

(屋根トタンと谷コイルとのつかみ部分に融雪水等が入り込み、凍って膨張をし、開いた状態になります。最初の新しいトタンの場合は寒くなると縮んで暖かくなると開く作用が繰り返します。しかし、年数が経ちますと、縮む作用がなくなり、開いた状態のままになります。)

 

 

 

 

 

屋根トタン自体も年数の経過とともに、塗膜(防水性)がない状態で、所々錆びている箇所もあります。又、谷コイルと屋根トタンの巻き込みつかみ部分・屋根トタンと屋根トタンのつなぎ部分(ハゼ)は開いておりますので、それらの箇所から融雪水などに入り込み、屋根木下地や天井下地まで腐食劣化が進行をし、スガモリが発生しております。その上、屋根下地材が屋根自体の重さに耐えられなくなり、天井が陥没などの現象も出ることも十分考えられます。又、人体に有害な、湿気・カビが発生しますので、早急な工事を要します。

 

本屋根・下屋根ともにトタン年数の経過とともに塗膜(防水性)が全くなく、劣化不良状態にあります。又屋根トタンと屋根とたんのつかみ部分(ハゼ)が開いた状態になっており、そこから水などが入り込んでおります。本屋根の雪はびっしり積もっておりました。

 

 

 

両側樋の立ち上げつなぎ部分(トタンと樋鉄板のつなぎ部分)がコーキングで施されておりますが、コーキングが年数の経過とともに、硬化をし、亀裂・すき間が生じており、そこからも融雪水が侵入しております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

札幌でリフォーム⇒クリック☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

 

 

 

 

 

 

札幌で、屋根・外壁リフォームするなら技術と工法が確かな住まいのユウケンにお任せ!

 

 

 

 

 

 

札幌で外壁リフォーム 屋根リフォーム すがもりリフォーム 雨漏りリフォーム マンションリフォーム 増改築リフォーム 配管リフォーム



リフォーム札幌 札幌リフォーム 屋根リフォーム札幌 外壁リフォーム札幌

goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://sapporo.areablog.jp/blog/1000007601/p11703579c.html
リフォーム現場 トラックバック( 0)

札幌で、すがもり・外壁・屋根・リフォームするなら住まいのユウケンにお任せ!

リフォーム工事を札幌で頑張ってます!

 

 

札幌で外壁・屋根・リフォームをお考えの方

 

 

札幌で外壁・屋根リフォームするなら住まいのユウケンへ

 

 

札幌のN様宅 外壁リフォーム工事

 

様の現在の外壁は、窯業系石膏ボードサイディング(原料としては、セメント質原料及び繊維質原料成型し、養生・硬化させたもので)で、窯業系サイディング自体には防水性が全くありません。そのために塗装をすることによって、塗膜(防水性)が付着して、塗膜層ができるのです。しかし、年数が経過をし、防水性が薄くなり、剥離・劣化状態になり、壁の中に雨水等などが入り込んでいます。現在の窯業系石膏ボードサイディングは、板材そのもに塗膜(防水性)が剥離状態で、全体的に板材が雨水等や凍害現象などによりサイディイングが激しい劣化損傷状態になり、壁の中に雨水等などが入り込んでいます。現在の窯業家石膏ボードサイディングは、板材そのものに塗膜(防水性)が剥離状態で、全体的に板材が雨水等や凍害現象などによりサイディングが激しい劣化損傷状態にあり、そこから雨水などが入っている状態です。又、接合部のシリコン系コーキング材も硬化して硬くなっており、コーキングに亀裂が入っております。又、窓廻りは外壁より出ているために、雨水等が停滞し、伝い水が外壁と窓サッシ廻りのコーキングに伝わり、亀裂や隙間が生じやすい箇所でもあり、すがもりの原因ともなります。上記の不良箇所をこのまま放置しておきますと、劣化したバンザイなどからさらに融雪水や雨水などが入り込み、今以上に壁下地を劣化・腐食を進行させ、人体に有害な湿気・カビなどを発生させ、健康に害を及ぼすことになります。これからの季節は気温も上がり、雨も降る日も多くなります。それによりさらに外壁の板材の劣化進行が進み又、内壁及も剥がすことにより、大掛かりな工事と過大な工事費がかかりますので、そのようにならないためにも早急に工事することをおすすめします。

 

 

 

壁内部に雨水等が入り込んで膨張をし、損傷しております。塗膜(防水性)が薄くなっており、又、外壁材自体の劣化の原因で塗装自体に剥離(はがれ)や生じております。又、外壁面にも、膨れや剥がれ等が多々あります。

 

窯業サイディングの場合、窓サッシ廻りはコーキングで防水処理します。しかし、特に窓廻りは窓サッシが壁より窓枠が出ているために、雨水等が停滞しやすくなり、一番傷みやすい箇所です。現在のコーキングは、寒冷地には弱く、硬化しやすい材料でコーキングに劣化やひび割れが生じやすいのです。

 

 

 

現在、出隅に関しましては、窯業系(同質材料)を用いておりますが、塗膜(防水性)が無くなっており、外壁自体、劣化損傷をしております。又、つなぎ部のコーキングを硬化をし、亀裂及び隙間が生じております。

 

 

 

 

 

 

 

 

札幌でリフォーム⇒クリック☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

 

 

 

 

 

 

札幌で、屋根・外壁リフォームするなら技術と工法が確かな住まいのユウケンにお任せ!

 

 

 

 

 

札幌で外壁リフォーム 屋根リフォーム すがもりリフォーム 雨漏りリフォーム マンションリフォーム 増改築リフォーム 配管リフォーム

 

 

 

 

 

 



リフォーム札幌 札幌リフォーム 屋根リフォーム札幌 外壁リフォーム札幌
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://sapporo.areablog.jp/blog/1000007601/p11703295c.html
リフォーム現場 トラックバック( 0)

札幌で、すがもり・外壁・屋根・リフォームするなら住まいのユウケンにお任せ!

リフォーム工事を札幌で頑張ってます!

 

札幌で外壁・屋根・リフォームをお考えの方

 

札幌で外壁・屋根・リフォームするなら住まいのユウケンへ

 

 

 

 

札幌でT様宅 外壁工事

 

 

【現在の状況】

 

現在の外壁は、ボンタイル(樹脂製ビニール塗料)を吹付塗装を行っています。しかし、台所の窓廻り及び他の窓廻り・外壁面にボンタイルの膨れ、ひび割れが箇所が多々あります。これは、塗装を行う際に傷んでいた外壁部分を取り除き処置をしていないのでそのままその上から塗装を行ったのです。塗装することによって、塗膜層(防水層)ができます。その為に、今まで壁の中に入っていた、湿気や結露・損傷した部分が外部に出れない状態で閉じ込められた状態で(ジメジメした状態)にあります。その結果、台所の窓下には、蟻の巣が壁の中に入っております。蟻は湿気のあるところ及び腐食した木材などを好み、壁構造用柱・間柱等、建物を支えるのに退治な木下地を一気に腐食させ、ボロボロにします。他の窓廻り・外壁面に関しても、和室の窓下部分の湿気・結露により、ぼんたいる自体が剥離(浮き)が見られます。

 

 

 

 

【施工内容】

 

現在、腐食損傷している台所の窓外壁一面及び他の痛んでいる外壁材を剥がし撤去をし、壁下地安定処理調整をまんべんなく行い、構造用木下地等を用いて、堅固に施工します。そのあと、防腐処理処置をまんべんなく行います。それから防湿防水シートを全面にすき間なく貼ります。その上に、木胴縁を頑丈に張り付け、そのあと、『高品質・高断熱ガルバリウム金属サイディング』を4面堅固に気密的にします。完全防水の断熱性に富んだ丈夫で耐久性・美観性のある高耐久外壁になります。

 

 

 

 

 

@既存外壁ボンタイルにクラック(ひび)そして全面塗装がありません。

 

 

 

 

 

A剥がした結果部材の不良腐食がかなり進んでいました。

 

 

 

B完成後の外壁サイディング

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

札幌で屋根・外壁リフォーム⇒クリック☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

 

 

 

 

 

 

 

札幌で、屋根・外壁リフォームするなら技術と工法が確かな住まいのユウケンにお任せ!

 

 

 

 

 

札幌で外壁リフォーム 屋根リフォーム すがもりリフォーム 雨漏りリフォーム マンションリフォーム 増改築リフォーム 配管リフォーム



リフォーム札幌 札幌リフォーム 屋根リフォーム札幌 外壁リフォーム札幌
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://sapporo.areablog.jp/blog/1000007601/p11702892c.html
リフォーム現場 トラックバック( 0)

札幌で、すがもり・外壁・屋根・リフォームするなら住まいのユウケンにお任せ!

リフォーム工事を札幌で頑張ってます!

 

 

 

札幌で屋根・外壁・リフォームお考えの方

 

 

札幌で屋根・外壁・リフォームするなら住まいのユウケンへ

 

札幌のU様宅の屋根リフォーム工事

 

【現在の状況】

 

屋根ダクト排水溝(樋)の谷コイルの素材が、旧材質で取り合い加工修めが不良状態にあり、トタンのつなぎのコーキングもシリコン系ですので、硬化して亀裂やトタンから剥離しており、そこの透き間から、雨水などが入っております。又、屋根トタンの材質のそのものも凍害・雪などにより、年数の経過とともに、所々、サビ・腐食状態にあり、トタンが劣化状態にあります。又、トタンの谷コイルとの取り合いの加工や、トタンとトタンのつかみ部分が開いており、そこから雨水が侵入しております。このまま放置しておきますと、内装や天井を解体するなどの大掛かりな工事に発展しますので、早急に葺替耐久屋根にする必要があります。

 

 

【施工内容】

既存の屋根トタンを屋根軸組下地に衝撃をあたえることがないように剥がし撤去をし、又、既存の排水溝(樋)を剥がし・撤去をし、そこに『高品質耐久谷コイル』を堅固に施工します。そして、屋根トタンの木下地処理を十分に行い、防水フェルトを全面に、まんべんなく敷き込み、その上に『高品質長尺カラートタン鋼板』を頑丈に葺きますので、耐久性のある丈夫な完全防水の屋根になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

札幌で屋根・外壁リフォーム⇒クリック☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

 

 

 

 

 

 

 

札幌で屋根・外壁リフォームするなら技術と、工法が確かな住まいのユウケンにお任せ!

 

 

 

 

 

札幌で外壁リフォーム 屋根リフォーム すがもりリフォーム 雨漏りリフォーム マンションリフォーム 増改築リフォーム 配管リフォーム

 

 

 

 

 

 



リフォーム札幌 札幌リフォーム 屋根リフォーム札幌 外壁リフォーム札幌
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://sapporo.areablog.jp/blog/1000007601/p11702524c.html
リフォーム現場 トラックバック( 0)

札幌で、すがもり・外壁・屋根・リフォームするなら住まいのユウケンにお任せ!

リフォーム工事を札幌で頑張ってます!

 

 

札幌で屋根・外壁・リフォームをお考えの方

 

 

札幌で屋根・外壁・リフォームするなら住まいのユウケンへ

 

 

札幌でリフォームの中にあって屋根・外壁工事が盛んです!

 

住まいも人間と同様、病気や怪我もします。早めの処置が大事にならなくて済みます。

 

 

 

 

当社の屋根と外壁は他社にない高技術・工法・実績!

 

屋根・外壁は住まいの生命です!

 

屋根工事 屋根は建物を守ってくれる最も大切な所です。

屋根改修や葺替にて、強くて丈夫な屋根になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

外壁工事 外壁がグーンと美しく・強くなります!

 

 

外壁の劣化・コーキング不良・ヒビなどから外壁の内部に水が侵入して柱や土台・断熱材まで腐食してしまう危険が!早めの対応を!

 

 

◎外壁は私たちが思っている以上にダメージが!!

外からのあらゆる刺激に建物はさらされています。外壁は、過酷な気象条件にさらされ、縮むばかりです。外壁は、私達が考えるよりもずっと過酷。建物は気付かぬうちにかなりのダメージを受けているのです。

 

 

 

 

外壁はどうして傷むの??

 

住宅を建てた時点でどんなに耐久性のあるものでも、雨や風にさらされて、外壁は少しずつ傷んでしまいます。メンテナンスを怠ると劣化が進み、やがて柱・土台などがどの災害に弱い家になってしまう場合もあるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

札幌で屋根・外壁リフォーム・クリック☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

 

 

 

 

札幌で、屋根・外壁リフォームするなら技術と、工法が確かな住まいのユウケンにお任せ!

 

 

 

 

札幌で外壁リフォーム 屋根リフォーム すがもりリフォーム 雨漏りリフォーム マンションリフォーム 増改築リフォーム 配管リフォーム



リフォーム 札幌 札幌リフォーム 屋根リフォーム札幌 外壁リフォーム札幌
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://sapporo.areablog.jp/blog/1000007601/p11702020c.html
リフォーム現場 トラックバック( 0)

札幌で、すがもり・外壁・屋根・リフォームするなら住まいのユウケンにお任せ!

リフォーム工事を札幌で頑張ってます!

 

 

札幌でリフォームお考えの方

 

 

札幌で屋根・外壁・リフォームするなら住まいのユウケンへ

 

 

札幌で屋根リフォーム工事(三角屋根)

 

 

屋根は、高品質+高技術(ハゼおこし・つなぎ部分・加工など)で決まります!

 

 

 

 

 

 

 

本屋根のトタンは塗膜(防水性)が無くなっており、軒先部は氷などが停滞しやすく所々でサビ腐食していました。又、屋根トタンと屋根トタンのつなぎ部(ハゼ)が開いてきています。棟納めに関しても所々で膨張して開いております。凍納めに関しても、所々で膨張して開いております。

 

 

 

 

 

 

下屋根トタンも本屋根同様に、塗膜(防水性)が無くなっており軒先部は氷などが停滞しやすく所々でサビ腐食しています。又、屋根トタンと屋根トタンのつなぎ部(ハゼ)が開いてきています。棟納めに関しても、所々で膨張して開いております。

 

 

下屋根の外壁と屋根トタンの立ち上がり部に関しては、納め加工が悪い上、隙間が生じていました。すがもりの原因になります。本来はアマコロ工法にて施工を施することが大事です。

 

 

 

◎裏側面屋根と外壁立ち上がり部

 

 

 

 

 

 

 

以前屋根トタンを施工した際に、屋根立ち上がり部と外壁サイディングの取り合い加工をした際、金属サイディング下端をカットし、屋根トタンを差し込みを行った状況です。しかし、金属サイディングの復旧の際の防水処理加工が不十分な上にすがもりが発生していると思います。

 

 

 

居間ベランダ窓上の屋根部に関しては、本屋根からの落雪等で野地面が下がっています。その影響で、屋根トタンのつなぎ部(ハゼ)が開いています。

 

本屋根部の破風板金に隙間が生じております。又、軒先部面の破風に関しても、取り合い加工が不十分な為に、隙間が生じています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

札幌でリフォーム⇒クリック☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

 

 

 

 

 

 

札幌で屋根リフォームするなら技術と、工法が確かな住まいのユウケンにお任せ!

 

 

 

 

 

札幌で外壁リフォーム 屋根リフォーム すがもりリフォーム 雨漏りリフォーム マンションリフォーム 増改築リフォーム 配管リフォーム

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



リフォーム札幌 札幌リフォーム 屋根リフォーム札幌 外壁リフォーム札幌
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://sapporo.areablog.jp/blog/1000007601/p11701745c.html
リフォーム現場 トラックバック( 0)

札幌で、すがもり・外壁・屋根・リフォームするなら住まいのユウケンにお任せ!

リフォーム工事を札幌で頑張ってます!

 

 

札幌で外壁・屋根・リフォームお考えの方

 

 

札幌で外壁・屋根・リフォームするなら住まいのユウケンへ

 

 

札幌で外壁・屋根工事

 

 

知っていましたか?

 

外壁・屋根って一冬一冬で傷んでいく場所です!

 

定期的なリフォームが必要なんです!

 

 

特に北国は(札幌)外壁・屋根は住まいの中でも最も過酷な条件にさらされる部分の一つ。住まいの急所であり、一生の財産である我が家の価値を左右する、とても大切な部分です。特に冬に傷みが進み、雪解けになると『あれ?こんな所傷んでいたのかしら?』と気づかれます。そうした大切なぶぶんでありながら、ひび割れや傷みなどの不具合が生じても、家の中にいるとつい見過ごしてしまいます。定期的な外壁・屋根リフォームをしておかないと、ゆくゆくはすがもり・雨漏り等の大きなリフォーム工事に発展します。

 

 

 

 

 

 

 

室内の天井・壁に染み

 

 

ひとつでも当てはまった方はメンテナンスが必要です!

 

 

住まいも人間同様、病気や怪我もします。早めの処置が大事にならなく済みます。

 

 

 

 

 

 

 

札幌で外壁・屋根リフォーム⇒クリック☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

 

 

 

 

札幌で外壁・屋根リフォームするなら技術と、工法が確かな住まいのユウケンにお任せ!

 

 

 

札幌で外壁リフォーム 屋根リフォーム すがもりリフォーム 雨漏りリフォーム マンションリフォーム 増改築リフォーム 配管リフォーム

 

 

 

 



リフォーム札幌 札幌リフォーム 屋根リフォーム札幌 外壁リフォーム札幌
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://sapporo.areablog.jp/blog/1000007601/p11700962c.html
リフォーム現場 トラックバック( 0)

札幌で、すがもり・外壁・屋根・リフォームするなら住まいのユウケンにお任せ!

リフォーム工事を札幌で頑張ってます!

 

 

札幌でリフォームお考えの方

 

札幌で外壁・屋根・リフォームするなら住まいのユウケンへ

 

 

 

 

札幌で外壁リフォーム工事

 

 

外壁は冬になると3倍痛みます!

 

現在スチールサイディングになっておりますが、塗膜(防水性)が全くない状態で、チョーキング(手に白い粉がつく現象が現れています。これは、防水性が無くなってきていることを意味します。

 

 

外壁と外壁のつなぎ部分に中間ジョイナーを使用しています。しかし隙間コーキングで処理していますが、コーキングが劣化硬化をし、隙間が生じています。現状使用しているコーキング材はシリコンコーキングで寒暖の差に弱い、コーキング材です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出隅部は出隅カバーを使用していますが、中間ジョイナー同様に隙間部のコーキングが硬化しています。又、取付の際、出隅カバーを留める際にリベット留めを使用しています。釘と同様に種類ですので、隙間から融雪水や雨水が入り込みやすい状態です。

 

 

 

 

外壁材自体も防水性が無い状態で変色しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

換気口に関しても、経年劣化で膨張しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

札幌でリフォーム⇒クリック☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

 

 

 

 

 

 

札幌で外壁リフォームするなら技術と、工法が確かな住まいのユウケンにお任せ!

 

 

 

 

 

札幌で外壁リフォーム 屋根リフォーム すがもりリフォーム 雨漏りリフォーム マンションリフォーム 増改築リフォーム 配管リフォーム



リフォーム札幌 札幌リフォーム 屋根リフォーム札幌 外壁リフォーム札幌
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://sapporo.areablog.jp/blog/1000007601/p11700481c.html
リフォーム現場 トラックバック( 0)

札幌で、すがもり・外壁・屋根・リフォームするなら住まいのユウケンにお任せ!

リフォーム工事を札幌で頑張ってます!

 

リフォーム札幌でお考えの方

 

札幌で屋根・外壁・リフォームするなら住まいのユウケンへ

 

 

屋根の雪処理リフォーム術

 

落雪屋根が主流だった昔は、今ほど落雪に対する意識が高くなく、雪が隣家の敷地に落ちても、どこか『お互い様』という気持ちがありました。ところが七樹の狭小化や無落雪屋根の登場で、近年は屋根雪が大きな問題になっています。屋根雪問題をリフォームで解決する場合、まず住まいの屋根形状と落雪との関係を調べます。そして敷地との関係や、建物の形も考慮しながら最善策を考えていきます。解決法は応急的なものから、大掛かりな形状変更まで、幅広い方法があるのでじっくり検討する必要があります。専門家の意見を聞きながら、ランニングコストなどを比較して選ぶことが大切です。

 

落雪屋根のケース

@特徴

 

屋根に勾配があり、自然に雪が落ちるため、建物への負担が少ない屋根形状です。ただし、敷地に余裕があり落雪空間を確保できることが前提になります。勾配は26.6度以上にすると頻繁に雪が落下し、つららや巻きだれの発生を防ぐことができます。また、複雑な屋根形状は雪の落下が妨げられるため、軒先につららなどができやすくなります。

 

 

A問題点

落雪屋根の場合、最大の問題は屋根から落ちる雪の飛距離。これは屋根の勾配と密接に関係しています。横ふき屋根などにしていても、予想より落雪距離が遠くまで飛ぶことがあり、隣家や道路などに落ちるとトラブルへ発展しかねません。実際、同じ勾配なら横ふき屋根の方が飛距離が長くなります。また、単純な三角屋根でない場合、雪がスムーズに滑り落ちずに屋根の上で凍りついてしまったり、それが原因で漏水することもあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

札幌で屋根・外壁リフォーム☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

 

 

 

 

 

 

 

札幌で屋根・外壁リフォームするあんら住まいのユウケンにお任せ!

 

 

 

 

 

 

 

札幌で外壁リフォーム 屋根リフォーム すがもりリフォーム マンションリフォーム 配管リフォーム

 

 

 

 

 



リフォーム札幌 札幌リフォーム 屋根リフォーム札幌 外壁リフォーム札幌
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://sapporo.areablog.jp/blog/1000007601/p11700198c.html
リフォーム現場 トラックバック( 0)

札幌で、すがもり・外壁・屋根・リフォームするなら住まいのユウケンにお任せ!

リフォーム工事を札幌で頑張ってます!

 

リフォーム札幌でお考えの方

 

幌で屋根・外壁・リフォームするなら住まいのユウケンへ

 

札幌の屋根の雪

 

屋根工法

 

■落とせるものなら……落雪屋根

敷地内に落雪スペースが十分にあり、特に問題がなければ、屋根の雪は落とす方が構造体に無理なく、積雪障害も起きづらく、好ましいことは大方の人が納得しているでしょう。落雪屋根にする場合には、当然ですが、雪が無理なく自然に落ちるような屋根形状にすることが大切です。屋根の谷やドーマーなどで落雪が妨げる場合、軒先に氷堤やつららができやすく、暖気時に一気に雪氷だまが滑り落ちることになり、危険です。最近、敷地の狭小化にともなって、落雪スペースが不十分な勾配屋根に雪止め金具を取り付けた屋根が多く見られます。しかし、通常の雪止め金具では、雪は止まっても、屋根面で解けた融雪水は軒天に流れていきますから、断熱性能の良い住宅でも、軒先での氷堤とうららの発生を防止するのは難しいでしょう。

 

 

■落ちちゃだめなら……無落雪

無落雪屋根で最も多いのは、屋根の中央に横樋と縦樋を持つM型屋根で、既に20年以上の実績を持っています。初期のM型屋根では周囲に高さ30〜50pのパラペットを立ち上げていましたが、パラペット高さが低く、かつ屋根勾配が緩くなったため、現在では屋根上の積雪が少ない形状が一般的です。また板金の防水性が向上したことによって、木造でも樋をつくらずに水勾配(1/100程度)だけをつけたフラット屋根が可能になり、多くなっています。ただし、わずかな勾配であっても屋根面での融雪面に氷盤になっていたり、先端につららができていたりしますから、暖気の時にそれらが落ちると危険です。屋根面で雪が融けないように、鉄板の下に板状の断熱材を入れる方が良いでしょう。無落雪屋根では屋根雪の重量によって、建具が開かなくなるなどの不具合が無いように、積雪量に応じた梁の大きさが必要になります。一部2階建ての一階部分の屋根積雪は地上積雪よりも多くなることがよくあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

              無落雪屋根

 

 

 

 

 

 

 

 

 

               流れ屋根

 

 

 

 

 

 

 

 

札幌で屋根・外壁リフォーム☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

 

 

 

 

 

 

 

札幌で屋根・外壁リフォームするなら住まいのユウケンにお任せ!

 

 

 

 

 

 

 

札幌で外壁リフォーム 屋根リフォーム すがもりリフォーム マンションリフォーム 配管リフォーム

 



リフォーム札幌 札幌リフォーム 屋根リフォーム札幌 外壁リフォーム札幌
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://sapporo.areablog.jp/blog/1000007601/p11699848c.html
リフォーム現場 トラックバック( 0)

  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
住まいのユウケンイメージ
住まいのユウケン
プロフィール公開中 プロフィール
家は人間の体と同じで、メンテナンスをすることによって長持ちします。長年の経験と実績をもとに住まいの知識やユウケンの工事事例の一部をブログで更新しています!
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年

おすすめリンク