札幌のリフォーム・すがもり・外壁・屋根・水廻りの専門店 

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://sapporo.areablog.jp/yuken

札幌で、すがもり・外壁・屋根・リフォームするなら住まいのユウケンにお任せ!

リフォーム工事を札幌で頑張ってます!

 

 

札幌で屋根・外壁・雨漏り・リフォーム工事お考えの方

 

札幌で屋根・外壁・雨漏り・リフォーム工事するなら

 

住まいのユウケンへ

 

 

 

 

屋根は建物を守っている頭です!

 

札幌で屋根リフォーム改修工事にあたり

 

 

 

年月が経つにつれトタンとトタンのすき間が。

そこから融雪水が流れ込んでスガモレに。

 

屋根にはるとトタンは水をシャットアウトする重要な役割を担っています。従来は吊り子(つりこ)という金具で屋根に固定し、コーキング剤でトタンをはり合わせていく工法が主体でしたが、この場合、トタンとトタンのつなぎ目となる“はぜ(折り曲げ継ぎ手)”の部分と吊子との間にすき間が生じることがあります。すき間ができると融雪水が入り、凍って膨張することにより、さらにすき間を広げ、そこから融雪水が流れ込んでスガモレに……。スガモレの原因は、このようなすき間からというのが圧倒的。トタンはりにはどんなすき間も許されないのです。

 

 

 

 

排水溝の横どいが氷に覆われ

それが原因でスガモレすることもあります。

 

 

排水溝の横どいは、本来、空洞でなければなりませんが、屋外にあるため、どうしても雪や氷が付着しがちです。多少の雪や氷であれば問題ないのですが、氷が覆いかぶさるようであれば赤信号。水がたまってそれがもとでスガモレが生じたり、あるいは雪解けの頃に一気に解けて水があふれスガモレが生じたりします。このようなことになっては大変。排水溝にしている場合は、ときおり屋根に上がって横どいがきちんと機能しているか状況をチェックする必要があります。

 

 

 

 

キーキング剤や横どいのつなぎ目の

劣化や破損は、トラブルを拡大します。

 

吊子で屋根に固定し、コーキング剤でトタンをはり合わせていく工法の場合、コーキング剤が劣化して縮んだり切れたりすると、トタンとトタンとのつなぎ目にする間ができ、そこから融雪水などが進入してスガモレに。また、排水溝の横どいには切れ目のない一枚ものを使用するのが一般的ですが、数枚をつなぎ合わせて設置する場合、つなぎ目の劣化や破損が原因で亀裂やすき間が生じ、そこから融雪水などが侵入してスガモレを起こします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

札幌で屋根・外壁リフォーム☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

札幌で屋根・外壁リフォームするなら技術と工法が確かな住まいのユウケンにお任せ!

 

 

 

 

 

 

 

 

札幌で外壁リフォーム 屋根リフォーム すがもりリフォーム 雨漏りリフォーム マンションリフォーム 増改築リフォーム 配管リフォーム

 

 

 

 



リフォーム札幌 札幌リフォーム 屋根リフォーム札幌 外壁リフォーム札幌

goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://sapporo.areablog.jp/blog/1000007601/p11664325c.html
リフォーム現場 トラックバック( 0)

■同じテーマの最新記事
札幌で、すがもり・外壁・屋根・リフォームするなら住まいのユウケンにお任せ!
札幌で、すがもり・外壁・屋根・リフォームするなら住まいのユウケンにお任せ!
札幌で、すがもり・外壁・屋根・リフォームするなら住まいのユウケンにお任せ!
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
住まいのユウケンイメージ
住まいのユウケン
プロフィール公開中 プロフィール
家は人間の体と同じで、メンテナンスをすることによって長持ちします。長年の経験と実績をもとに住まいの知識やユウケンの工事事例の一部をブログで更新しています!
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年

おすすめリンク