札幌のリフォーム・すがもり・外壁・屋根・水廻りの専門店 

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://sapporo.areablog.jp/yuken

札幌で、すがもり・外壁・屋根・リフォームするなら住まいのユウケンにお任せ!

札幌で外壁・屋根・すがもり・リフォームするなら

 

地域で評判のいい住まいのユウケンにお任せ下さい。

 

 

札幌で外壁リフォーム工事をするにあたり

 

 

雪で傷んだ外壁は

 

見た目に問題がなくても、傷みは進行しています!

 

 

壁は屋根、バルコニーは、紫外線や雨、風、夏冬の温度差など過酷な環境の芸況を受けています。外壁の目的や屋根、バルコニーに使われるシーリング材は、材質の関係上5年くらいから劣化が始まるといわれますが、日当りの条件などによって傷みが早く進行する場合もあります。放っておくと構造体への雨水の侵入などの原因になりますので、早めの補修をおすすめします。

 

 

 

 

5年目

ミクロクラックの発生、光沢低下

紫外線、熱、、水、振動による目地の動きなどで表面に微細なクラック(ヒビ)が発生し、光沢が低下します。美観、機能上の問題はありませんが、慣用条件等により悪化の進行が早い場合があります。

 

 

 

5年〜10年目

表面に粉が吹く(チョーキング)

表面の樹脂の劣化が進み、内部のシーリング材が流出してきます。表面が粉を吹いたようになりヒビもみられます。美観が損なわれてきて、防水機能も低下している恐れがあります。

 

 

 

 

 

10年〜15年目

シーリング材破断

シーリング材の劣化や振動により芽に見えるヒビが入り、サイディング

との間に隙間が生じています。防水機能が損なわれて雨水の侵入する恐れがありますので打ち替えが必要です。

 

 

 

 

雨水の侵入は建物の構造の木材を傷めます。

 

外壁から雨水が侵入しても通常は通気層を通って外部に放出されます。しかし立地条件や風などの影響で場合によっては構造内に水分が残ることもあります。長期間この状態が続きますと木材のカビの発生や腐れの原因になってしまいます。構造を守るためには、内部に水を侵入させないことが一番です。早めのシーリング補修をおすすめします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

札幌のリフォーム専門店 住まいのユウケン⇒☆☆☆☆☆☆

 

 

 

 

 

本日も、リフォーム札幌ユウケンブログをご覧頂きありがとうございます。

 

 

 

 

 

札幌外壁リフォーム 屋根リフォーム すがもりリフォーム 雨漏りリフォーム マンションリフォーム

 

 

 

 

 



リフォーム札幌 札幌リフォーム 屋根リフォーム札幌 外壁リフォーム札幌

goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://sapporo.areablog.jp/blog/1000007601/p11707828c.html
リフォーム現場 トラックバック( 0)

■同じテーマの最新記事
札幌で、すが漏れ(すがもれ)・外壁・屋根・リフォームするなら住まいのユウケンにお任せ!
札幌で、すが漏り(すがもれ)・外壁・屋根・リフォームするなら住まいのユウケンにお任せ!
札幌で、すが漏り(すがもれ)・外壁・屋根・リフォームするなら住まいのユウケンにお任せ!
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
住まいのユウケンイメージ
住まいのユウケン
プロフィール公開中 プロフィール
家は人間の体と同じで、メンテナンスをすることによって長持ちします。長年の経験と実績をもとに住まいの知識やユウケンの工事事例の一部をブログで更新しています!
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年

おすすめリンク