札幌のリフォーム・すがもり・外壁・屋根・水廻りの専門店 

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://sapporo.areablog.jp/yuken

札幌で、すがもり・外壁・屋根・リフォームするなら住まいのユウケンにお任せ!

札幌で外壁・屋根・リフォームするなら

 

 

評判のいい住まいのユウケンにお任せ!

 

 

 

札幌でリフォーム断熱改修工事

 

『断熱』は、家が解体されるまで何十年もの間、CO2の排出を削減し、地球環境と住まいの冷暖房削減(家計)に貢献し続ける『基本』です。新居を建てた後には気軽に変更できない部分なので、一番優先滴に考えるべきポイントです。冬は少ない暖房エネルギーでも十分快適な室温を保つことができ、夏はひさしや窓のルーバーなどを併用すれば、わずかな冷房エネルギーで涼しさを維持することができます。それだけではありません。『断熱』は住みごごち、健康にも役立つ様々な効果があります。

 

 

断熱』ですみごごちが良くなる

 

住まいは高性能な断熱材をしっかり施工すると、家中の温度変化が小さくなります。その結果、我が国三大死因の1つ『脳卒中』予防に効果があると言われています。暖かい居間から冷えた浴室、トイレなどに移動すると、皮膚からの体温の放散を防ごうと血管が収縮するので血圧が上がり、脳卒中を引き起こしやすくなります。浴室やトイレが居間のように暖かければ、血圧上昇を防げるのです。

『結露』『ダニ』『カビ』予防に効果がります。温度差の大きい場所には『結露』が発生しやすくなります。家中隙間なく性能の高い断熱が施工されている住宅では結露が発生しにくいのです。結露は木材を腐らせる原因になり、建物の耐久性を低下させるだけでなく、カビやダニの発生を引き起こします。カビやダニのフンはアレルギーやアトピーなどの原因にもなります。家の中の温度ムラを減らすことで家族の健康も守ることができます。昼夜の室内温度差や、部屋の中で足下は寒いけど頭のほうは暑いという温度差も減らすことができるので快適に暮らすことができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

札幌のリフォーム専門店 住まいのユウケン☆☆☆☆☆

 

 

 

 

 

 

本日は、リフォーム札幌でユウケンブログをご覧頂きありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

札幌で外壁リフォーム 札幌リフォーム すがもりリフォーム 雨漏りリフォーム マンションリフォーム

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



リフォーム札幌 札幌リフォーム 屋根リフォーム札幌 外壁リフォーム札幌

goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://sapporo.areablog.jp/blog/1000007601/p11747733c.html
リフォーム現場 トラックバック( 0)

札幌で、すがもり・外壁・屋根・リフォームするなら住まいのユウケンにお任せ!

札幌で外壁・屋根・リフォームするなら

 

 

評判のいい住まいのユウケンにお任せ!

 

 

 

札幌での屋根工事の専門業者住まいのユウケン

 

 

旦那様・奥様もご納得していただける

 

 

Qユウケンの屋根工事のやり方は?

 他社と工事内容がどう違うの?

 

 

はいお答えいたします!

 

 

屋根は人間で言えば頭に相当する箇所で最も大切な場所であります。施工方法や材料等で劣る大変な事態になります。

 

 

札幌及び周辺地域で屋根のすがもり・雨漏り等の工事事例を見てきました。私達も目を疑われるような不良工事をしていることに、残念でなりません。しかし、もう心配はありません。ユウケンは幾度となく思考錯誤の上、住まいのユウケン独自の工法を生み出しました。

すがもり・雨漏りでお悩みの皆様。もうご安心下さい。住まいのユウケンが責任を持って、

 

すがもり・雨漏り完全に止めます。

 

 

 

8つの特徴

 

@既存の屋根トタンはすべて剥がします。

 

A自在ドレン本体も取替えます。

 

B屋根下地安定処理をまんべんなく行います。

 

C寒冷地用防水フェルトを使用します!

 

D排水溝(樋)下地調整を行い断熱性を高める為に、スタイロフォームを敷設します。又谷コイルは防錆・耐久性・耐凍性に富んだ現場に合わせて1枚物を加工・組立します。

 

E過酷な条件でも十分に耐えることができる屋根トタン材を使用します。

 

F弾力性・耐久性に富んだ『変成シリコンコーキング』を使用し、屋根トタンの繋ぎ目にすべて内コーキングします。

 

G特殊締め機で堅固に締めます。

 

 

 

 

 

 

 

 

札幌のリフォーム専門店 住まいのユウケン☆☆☆☆☆

 

 

 

 

 

 

 

本日は、リフォーム札幌でユウケンブログをご覧頂きありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

札幌で外壁リフォーム 札幌リフォーム すがもりリフォーム 雨漏りリフォーム マンションリフォーム

 

 

 

 

 

 

 

 



リフォーム札幌 札幌リフォーム 屋根リフォーム札幌 外壁リフォーム札幌
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://sapporo.areablog.jp/blog/1000007601/p11747169c.html
リフォーム現場 トラックバック( 0)

札幌で、すがもり・外壁・屋根・リフォームするなら住まいのユウケンにお任せ!

札幌で外壁・屋根・リフォームするなら

 

 

評判のいい住まいのユウケンにお任せ!

 

 

 

なぜリフォームするのか目的をはっきりさせます!

 

 

【札幌でリフォーム改修工事】

 

 

リフォーム前のチェックポイントは5つ

立て替えかリフォームかの判断は建物の見た目だけではわかりづらいところがあります。設備機器の新調や生活の質を上げるリフォームであれば改修工事だけでよいのですが、建物の基本となる骨組みに問題があれば、まずこれをなおさなければ改修費用が無駄になります。リフォーム前には、必ず建物の基本となる構造のチェックをしておきます。チェックポイントは次の5項目です。

 

 

 

 

@基礎補強

 

A基礎+土台緊結

 

B柱引き抜きの防止

 

C架構の新設

 

D耐力壁の補強

 

 

 

 

この5項目をキチンと確認してからリフォームに入る事が大事です。

かつでちゃぶ台でとっていた食事がダイニングテーブルに変わりました。このように暮らし方が変わるのに応じ、日本人は建物をチェックして変化に合わせて手を加え、長持ちさせて住み継いてきました。しかしその後、古いものや生活のニーズに合わなくなったものは壊して新しくするという考え方によりスクラップアンドビルドがくり繰り返され、住宅の平均寿命は26年程度となりました。とはいえ昨今は環境問題に配慮し、限りある資源を大切に使おう、街の資産となる家を創ろうなどと、意識が変化してきています。リフォームの目的も家族構成の変化、設備の老朽化、あるいは健康、安全に配慮するさまざまです。それぞれの目的に合わせてリフォームを成功に導くには、優先順位を決めること、設計者のコミュニケーションを積み重ねることが重要です。

 

 

 

 

 

リフォームの基本的考え方

 

 

 

 

 

 

 

 

札幌のリフォーム専門店 住まいのユウケン☆☆☆☆☆

 

 

 

 

 

 

本日は、リフォーム札幌でユウケンブログをご覧頂きありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

札幌で外壁リフォーム 札幌リフォーム すがもりリフォーム 雨漏りリフォーム マンションリフォーム

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



リフォーム札幌 札幌リフォーム 屋根リフォーム札幌 外壁リフォーム札幌
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://sapporo.areablog.jp/blog/1000007601/p11746268c.html
リフォーム現場 トラックバック( 0)

札幌で、すがもり・外壁・屋根・リフォームするなら住まいのユウケンにお任せ!

札幌で外壁・屋根・リフォームするなら

 

 

 

評判のいい住まいのユウケンにお任せ!

 

 

 

札幌のE様宅の屋根落雪工事

 

 

札幌のE様宅の屋根は現在、本屋根・下屋根ともに流れ屋根であって、下屋根には軒先ダクトルーフヒーティングが放置されております。しかし、軒先ダクト自体の施工のやり方が取り合い加工納めが悪い状態であります。まず、屋根トタンと旧谷コイルのつかみ部分がなく、隙間が生じており、そこから融雪水などが入り込んでおります。又、本来、軒先ダクト・ルーフヒーティングの内側の(底面・背面)については谷コイルを用いることになっております。現在の谷コイルは、旧材質であって錆や腐食を発生させて伸縮性が激しいために、屋根トタンとのつなぎ部分は剥離して亀裂が入っております。当社の使用します谷コイルは現在の谷コイルと違い、防水性・耐凍性・防錆性に富んでおります、保温効果もあります。そのため屋根トタンと谷コイルのつかみ部分がしっかりと密着をします。又排水溝についても、現在、雪やゴミなどが一気に入らないように、自在ドレンキャップをしてないために、排水パイプに雪や氷などが入り込んでプール状態になります。それからの箇所から融雪水や雨水が入り込んで、すがもりが発生している状態であります。屋根トタン自体の素地が出てきており、塗膜(防水性)が段々薄くなっている状態であります。又、本屋根の横葺トタンに関しても、トタンとトタンのつなぎ部分がこのまま放置しますと、さらに、すがもりが広がり屋根下地が屋根自体の重さに耐えられなくなり、天井が陥没などの現象もでることも十分考えられいます。

 

 

 

 

 

屋根部分写真(本屋根)

 

 

本屋根は横葺トタンになっておりますが、横葺は下屋根のトタンと異なり、雪が停滞しやすく納め加工も不良で、トタンとトタンの隙間より、雨水等が入り込んでスガモリ等が発生しています。

 

 

 

本屋根・下屋根ともに屋根トタン軒天つかみ部分が不良状態にあり、屋根トタン自体の素材も悪いために素地が出てきております。

 

 

 

 

 

屋根部分写真(下屋根)

 

屋根トタンと谷コイルのつかみ納めが不良状態にあります。(谷コイルと屋根トタンのつかみ部分は融雪水などが入り込んで氷となって膨張をし、さらに隙間が生じて雨水等でもその隙間より雨水が入り込んでアマモリが発生しています。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

札幌のリフォーム専門店 住まいのユウケン☆☆☆☆☆☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日は、リフォーム札幌でユウケンブログをご覧頂きありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

札幌で外壁リフォーム 札幌リフォーム すがもりリフォーム 雨漏りリフォーム マンションリフォーム



リフォーム札幌 札幌リフォーム 屋根リフォーム札幌 外壁リフォーム札幌
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://sapporo.areablog.jp/blog/1000007601/p11745619c.html
リフォーム現場 トラックバック( 0)

札幌で、すがもり・外壁・屋根・リフォームするなら住まいのユウケンにお任せ!

札幌で外壁・屋根・リフォームするなら

 

 

評判のいい住まいのユウケンにお任せ!

 

 

高耐久樹脂製ダクトカバー

 

 

スノーダクト工法の普及によって、雨どい廻りのゴミ、氷などさまざまなトラブルが発生しています。間違った対策では、効果がないばかりか建物の寿命を縮めてしまうことがあります。

 

スノーダクト屋根の心臓部は排水溝(樋)です。排水溝を防御する事によって、屋根のすがもりを防ぎ、耐久性ある屋根になります。

 

 

カバーを使用しない(未対策)

スノーダクトを覆うカバーがない場合、飛来物がタクトに詰まり排水口を詰まらせます。冬季では凍った雪が直接排水口に接するため、排水口が凍結まりや破損を起こす場合があります。排水口の凍結を防止するため、熱源装置を設置する方法もありますが、設置コストと電気代がかかり、毎日のダクト掃除の手間も省く事が出来ません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<!--EndFragment--><!--EndFragment-->

ダクトカバーを使用

ダクトカバーは、ダクト全体を覆うため飛来物の侵入を防ぎます。橋梁等の建造物に多く見られるアーチ形状のカバーは、上部からの荷重に高い耐久性を持ち、平面カバーよりも表面積や樋内部の体積が多いため保温性が高く効率よくカバー上部の氷雪を溶かします。ダクトカバーは屋根にしっかり固定されるため、強風による飛来の心配がありません。

 

 

 

 

 

 

ダクトカバーを使用すると……。

 

 

@結露しにくい!

A保温効果が高い!

Bドレンが凍結しない!

C飛来物(ゴミ・落ち葉など)が入らない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

札幌のリフォーム専門店 住まいのユウケン☆☆☆☆☆

 

 

 

 

 

 

 

本日は、リフォーム札幌でユウケンブログをご覧頂きありがとうございます。

 

 

 

 

札幌で外壁リフォーム 札幌リフォーム すがもりリフォーム 雨漏りリフォーム マンションリフォーム

 

 

 

 

 

 



リフォーム札幌 札幌リフォーム 屋根リフォーム札幌 外壁リフォーム札幌
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://sapporo.areablog.jp/blog/1000007601/p11745190c.html
リフォーム現場 トラックバック( 0)

札幌で、すがもり・外壁・屋根・リフォームするなら住まいのユウケンにお任せ!

札幌で外壁・屋根・リフォームするなら

 

 

評判のいい住まいのユウケンにお任せ!

 

 

 

札幌で屋根改修工事   I様邸

 

 

札幌のI様邸は現在、流れ屋根工法でありますが、現在の屋根トタン材質そのものも凍害・雪などにより、年数の経過とともに、老朽化しております。その結果、トタンが痛んで(サビ・剥離状態)、ハゼが全体的に開いており、又、壁との取り合いの加工も不良となっており、そこから雨水等が入り、スガモリが発生してまいります。屋根トタンのつなぎのコーキングもシリコン系ですので、硬化して亀裂やトタンから剥離しており、そこの透き間から、雨水等が入り込んでおります。このまま放置しておきますと、さらに、融雪水などが、谷コイルと屋根トタンの巻き込みつかみ部分や屋根トタンのつなぎ部分などに入り込み、屋根木下地、が屋根自体の重さに耐えられなくなり、天井が陥没などになります。

 

 

 

 

 

 

屋根トタンが年数の経過とともに、サビ・劣化状態にあります。

 

 

 

年数の経過とともに、屋根トタンのつかみ部分が取れて、雨水等などが入り込んでおります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

札幌のリフォーム専門店 住まいのユウケン☆☆☆☆☆

 

 

 

 

 

 

本日は、リフォーム札幌でユウケンブログをご覧頂きありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

札幌で外壁リフォーム 札幌リフォーム すがもりリフォーム 雨漏りリフォーム マンションリフォーム

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



リフォーム札幌 札幌リフォーム 屋根リフォーム札幌 外壁リフォーム札幌
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://sapporo.areablog.jp/blog/1000007601/p11744778c.html
リフォーム現場 トラックバック( 0)

札幌で、すがもり・外壁・屋根・リフォームするなら住まいのユウケンにお任せ!

札幌で外壁・屋根・リフォームするなら

 

 

評判のいい住まいのユウケンにお任せ!

 

 

 

氷柱・すがもれについて

 

1)札幌の屋根断熱気密借置

 

 

氷柱やすがもれなど、屋根雪の障害の多くは、雪が融け、その融雪水が再凍結することによって発生します。北海道の真冬の外気温は、日中でもマイナス温度になるため、融雪水はすぐに再凍結します。融雪に関わる熱の供給源の一つには、室内の暖房熱があげられます。極端な事例ですが、暖房されていない未入居の住宅では、氷柱や巻きだれ、すがもれの被害が極めて少ないことがわかります。トラブルの少ない住宅にするためには、暖房熱を屋根面に伝えない工夫として、屋根や天井に断熱気密措置をしっかり行うことが必要です。

 

 

 

 

2)札幌の小屋裏の換気措置

 

 

氷柱やすがもれを防ぐコツは、暖房熱を屋根面に伝えないことです。小屋裏(天井裏)は、新断熱材を施すだけでなく、換気口を設けて外気を取り入れて換気します。天井断熱や屋根断熱と小屋裏の換気方法は、大別できます。該当する換気方式に従って、小屋裏換気に必要な有効開口面積を決めます。なお、換気口は、雨や雪、虫の侵入を防ぐため、ガラリや網などの換気部材を設けるのが一般的です。この部材を取り付けるように、換気上有効な面積が減りますので、設計時には注意が必要です。

 

 

 

 

 

 

雪庇について注意すべきこと雪庇は、無落雪屋根の風下側で発生しやすい特徴があります。住宅の風下側が駐車場や玄関アプローチとなる場合は、注意が必要です。住宅の風下側が吹雪が多く、その風下の南東側の屋根端部に雪庇ができるケースが多く、その風下の南東側の屋根端部に雪庇ができるケースが多く見られます。住宅用地を購入する場合には、周辺住宅の雪庇の形成方位を観察したり、冬季の風向を知っておくことが重要です。雪庇の形成方位に駐車場や玄関アプローチがある場合は、カーポートや小屋根を設けて、雪庇落下による事故防止対策を施工必要があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

札幌のリフォーム専門店 住まいのユウケン☆☆☆☆☆

 

 

 

 

 

本日は、リフォーム札幌でユウケンブログをご覧頂きありがとうございます。

 

 

 

 

 

札幌で外壁リフォーム 札幌リフォーム すがもりリフォーム 雨漏りリフォーム マンションリフォーム

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



リフォーム札幌 札幌リフォーム 屋根リフォーム札幌 外壁リフォーム札幌
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://sapporo.areablog.jp/blog/1000007601/p11744324c.html
リフォーム現場 トラックバック( 0)

札幌で、すがもり・外壁・屋根・リフォームするなら住まいのユウケンにお任せ!

札幌で外壁・屋根・リフォームするなら

 

 

評判のいい住まいのユウケンにお任せ!

 

 

当社は今札幌で外壁リフォーム工事が多いです!

 

 

外壁は冬になると3倍痛みます!

 

 

外壁はどうしていたむの?

 

 

雨や風にそして雪にさらされて、外壁は傷んでしまいます。

住宅を建てた時点でどんなに耐久性のあるものでも、雨や風や雪にさらされて、外壁は少しづつ痛んでしまいます。メンテナンスを怠ると劣化が進み、やがては柱・土台などが腐食し、家の耐久性の低下につながります。ついには、地震などの災害に弱い家になってします場合もあるのです。

 

 

 

 

 

 

外壁は私たちが思っている以上にダメージがあります。

外からのあらゆる自然に建物はさらされています。外壁は、過酷な気象上にさらされ、縮むばかり!!外壁は、私たちが考えるよりもずっと過酷。建物は気付かぬうちにかなりダメージを受けているのです。

 

 

 

 

外壁は重要な役割を果たします。

外壁は、家の寿命とまったく同じです。愛情をかけて大切にすると、少しぐらいは……と面倒が先にたって見過ごすのとでは、長い年月の間に大変な差が出てきます。早めに手当すれば、健康と同じように大事には至りません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

札幌のリフォーム専門店 住まいのユウケン☆☆☆☆☆

 

 

 

 

 

 

 

本日は、リフォーム札幌でユウケンブログをご覧頂きありがとうございます。

 

 

 

 

 

札幌で外壁リフォーム 札幌リフォーム すがもりリフォーム 雨漏りリフォーム マンションリフォーム

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



リフォーム札幌 札幌リフォーム 屋根リフォーム札幌 外壁リフォーム札幌
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://sapporo.areablog.jp/blog/1000007601/p11743931c.html
リフォーム現場 トラックバック( 0)

札幌で、すがもり・外壁・屋根・リフォームするなら住まいのユウケンにお任せ!

札幌で外壁・屋根・リフォームするなら

 

評判のいい住まいのユウケンにお任せ!

 

 

札幌のM様宅の屋根板金葺替工事

 

 

【現在の状況】

現在の札幌の屋根トタン材質そのものも凍害・雪などにより、年数の経過とともに、老朽化しております。ハゼが全体的に開いており、それらの箇所から雨水等が入り込んでスガモリが発生していきます。又、屋根トタンと谷コイルのつかみ部分も開いた状態になっております。これからの場所から雨水が入り込んでスガモリが発生している状態です。又、笠木部に関しても、長尺葺きをしている為に、ハゼなどから雨水等が侵入していると考えられます。このまま放置しておきますと、内壁・天井・外壁材にも悪影響を及ぼし大掛かりな工事に発展しますので、早急に葺替耐久屋根にする必要があります。

 

 

【施工内容】

既存の札幌の屋根トタン(本屋根・笠木)を屋根軸組下地に衝撃をあたえることがないように剥がし撤去をし、現在の排水溝(樋)・自在ドレンを解体・撤去をし、排水溝(樋)・自在ドレンを解体・撤去をし、排水溝の下地安定処理調整をまんべんなく行い、排水溝内にダクト用フェルトを敷設した後、『寒冷地用樹脂製谷コイル』を堅固に施工します。そして木下地処理を十分に行い、野地面笠木に寒冷地用防水フェルトを全面に敷設をし、その上に『寒冷地用長尺蟻掛ガルバリウムトタン鋼板』を頑丈に敷きますので耐久性のある丈夫な完全防水の屋根になります。又、笠木部分に関しては、平板トタンで防水トタン葺きをします。煙突部に関しては、木下地を堅固に造作した後、煙突トタン巻きを葺きます。

 

 

 

 

 

 

谷コイルと屋根トタンツカミ部分は伸縮を繰り替えし開いた状態になり、ツカミが開いた状態であります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

谷コイルと屋根トタンのつなぎ部はコーキングで補修しておりますが、隙間が生じております。又、コーキングで密閉することにより、内部に入ってた水が出ない状況になり、さらにスガモリを悪化させることにもつながります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

札幌のリフォーム専門店 住まいのユウケン☆☆☆☆☆

 

 

 

 

 

本日は、リフォーム札幌でユウケンブログをご覧頂きありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

札幌で外壁リフォーム 札幌リフォーム すがもりリフォーム

 

 雨漏りリフォーム マンションリフォーム

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



リフォーム札幌 札幌リフォーム 屋根リフォーム札幌 外壁リフォーム札幌
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://sapporo.areablog.jp/blog/1000007601/p11743438c.html
リフォーム現場 トラックバック( 0)

札幌で、すがもり・外壁・屋根・リフォームするなら住まいのユウケンにお任せ!

札幌で外壁・屋根・リフォームするなら

 

 

評判のいい住まいのユウケンにお任せ!

 

 

 

リフォームの断熱改修室内側からの工事)

 

外壁のリフォーム断熱工事

 

 

外壁の断熱改修は、屋外側から外装材をはずして行う場合もありますが、室内側から内装材をはすして行うこともでき、費用的には安価となります。特に、この改修事例のように、和室を洋室に改修するときに同時に行うとより安価でできます。新しく入れ替える断熱材は、断熱性能の高いものを選択しましょう。また、断熱材の室内がアには防湿・気密フィルムをすき間なく丁寧に施工することが重要です。

 

 

 

 

外壁の断熱改修リフォーム工事(外壁張り替えに

伴う窓の交換)

 

既存住宅の一般の窓の断熱性は外壁に比べて相当低いため、窓からの熱損失量はかなり多くなっています。従って、窓の断熱性能の改善は、単に冬の室温状況や窓回りの結露解消につながるだけでなく、省エネルギーにもなります。窓の断熱改修としては、既存の窓に内窓や外窓を付け加える方法や、ガラスだけを断熱性能の良いガラスに交換する方法もあります。窓自体の気密性が次第に悪くなって隙間が多い窓を見受けられますが、この場合にはガラスのもの交換では改善されません。窓の断熱改修を外壁の改修(外装材の交換、断熱・耐震改修など)に併せて行うと、単独で工事する場合と比べて費用も安くなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

札幌のリフォーム専門店 住まいのユウケン☆☆☆☆☆

 

 

 

 

本日は、リフォーム札幌でユウケンブログをご覧頂きありがとうございます。

 

 

 

 

札幌で外壁リフォーム 札幌リフォーム すがもりリフォーム 雨漏りリフォーム マンションリフォーム

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



リフォーム札幌 札幌リフォーム 屋根リフォーム札幌 外壁リフォーム札幌
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://sapporo.areablog.jp/blog/1000007601/p11742477c.html
リフォーム現場 トラックバック( 0)

  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
住まいのユウケンイメージ
住まいのユウケン
プロフィール公開中 プロフィール
家は人間の体と同じで、メンテナンスをすることによって長持ちします。長年の経験と実績をもとに住まいの知識やユウケンの工事事例の一部をブログで更新しています!
前年  2016年 皆勤賞獲得月 翌年

おすすめリンク