札幌のリフォーム・すがもり・外壁・屋根・水廻りの専門店 

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://sapporo.areablog.jp/yuken

札幌で、すが漏れ(すがもれ)・外壁・屋根・リフォームするなら住まいのユウケンにお任せ!

札幌で屋根・外壁リフォームするなら

 

 

評判のいい住まいのユウケンにお任せ!

 

 

 

屋根は建物を守っている頭です!

 

札幌で屋根リフォーム改修工事にあたり

 

 

年月が経つにつれトタンとトタンのすき間が。

そこから融雪水が流れ込んでスガモレに。

 

屋根に張るとトタンは水をシャットアウトする重要な役割を担っています。従来は吊り子(つりこ)という金具で屋根に固定し、コーキング剤でトタンをはり合わせていく工法が主体でしたが、この場合、トタンとトタンのつなぎ目となる“はぜ(折り曲げ継ぎ手)”の部分ち吊子との間にすき間が生じることがあります。すき間ができると融雪水が入り、凍って膨張することにより、さらにすき間を広げ、そこから融雪水が流れ込んでスガモレに……。スガモレの原因は、このようなすき間からというのが圧倒的。トタン張りにはどんなすき間も許さないのです。

 

 

 

 

排水溝の横どいが氷に覆われ

それが原因でスガモレすることもあります。

 

排水溝の横どいは、本来、空洞でなければなりませんが、屋害にあるため、どうしても雪や氷が付着しがちです。多少の雪や氷であれば問題ないのですが、氷が覆いかぶさるようであれば赤信号。水がたまってそれがもとでスガモレが生じたり、あるいは雪解けの頃に一気に解けて水があふれスガモレが生じたりします。このようなことになっては大変。排水溝にしている場合は、ときおり屋根に上がって横どいがきちんと機能しているか状況をチェックする必要があります。

 

 

コーキング剤や横どいのつなぎ目の

劣化や破損は、トラブルを拡大します。

 

吊子で屋根に固定し、コーキング剤でトタンをはり合わせていく工法の場合、コーキング剤が劣化して縮んだり切れたりすると、トタンとトタンのつなぎ目にすき間ができ、そこから融雪水などが進入してスガモレに。また、排水溝の横どいには切れ目のない一枚ものを使用するのが一般的ですが、数枚をつなぎ合わせて設置する場合、つなぎ目の劣化や破損が原因で亀裂やすき間が生じ、そこから融雪水などが侵入してスガモレを起こします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

札幌でリフォーム専門店 住まいのユウケン☆☆☆☆☆

 

 

 

 

 

 

本日は、リフォーム札幌でユウケンブログをご覧頂きありがとうございます。

 

 

 

 

札幌で外壁リフォーム 札幌リフォーム

 

 

 

 

すがもりリフォーム 雨漏りリフォーム

 

 

 

マンションリフォーム

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



リフォーム札幌 札幌リフォーム 屋根リフォーム札幌 外壁リフォーム札幌

goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://sapporo.areablog.jp/blog/1000007601/p11774079c.html
リフォーム現場 トラックバック( 0)

札幌で、すが漏り(すがもれ)・外壁・屋根・リフォームするなら住まいのユウケンにお任せ!

札幌で屋根・外壁リフォームするなら

 

 

評判のいい住まいのユウケンにお任せ!

 

 

 

札幌で無落雪屋根リフォーム工事

 

 

屋根は人間で言えば頭に相当する箇所で最も大切な場所であります。施工方法や材料等で劣ると大変な事態になります。

 

 

8つの特徴

 

@既存の屋根トタンをすべて剥がします。

 

A自在ドレン本体も取り替えます。

 

B屋根下地安定処理をまんべんなく行います。

 

C寒冷地用防水フェルトを使用します!

 

D排水溝(樋)下地調整を行い断熱性を高める為に、スタイロフォームを敷設します。又谷コイルは防錆・耐久性・耐凍性に富んだ現場に合わせて1枚物を加工・組立します。

 

E過酷な条件でも十分耐えることができる屋根トタン材を使用します。

 

F弾力性・耐久性に富んだ『変成シリコンコーキング』を使用し、屋根トタンのつなぎ目にはすべて内コーキングします。

 

G特殊締め機で堅固に締めます。

 

 

特徴@

 

すべての屋根トタン及び排水溝(樋)を剥がし撤去します。

 

 

特徴A

常に水が停滞する自在ドレン廻りですが、当社の高技術で自在ドレン本体を取り替えします。差し込み部に内コーキングを注入します。

 

 

 

 

 

 

 

特徴B

屋根下地等を下地安定処理を行い、腐食箇所がなければ、下地造作を行います。

 

 

 

特徴C

寒冷地用防水フェルトを使用し、隙間なく敷設して防水性をさらに向上させます。

 

 

特徴D

排水溝は無落雪屋根の心臓部ですので、樋の断熱性を高める為にスタイロフォームを敷設をし、排水溝に関しましては、防錆・耐久性・耐凍性に富んだ谷コイルを現場で合わせて加工・組立します。

 

 

特徴EF

屋根トタン及び排水溝廻りには、内コーキングを注入をし、防水性を向上させます。常に水が溜まるような箇所では、うちコーキング注入が大切です。屋根トタンと谷コイルとのつかみ部分はつかみが開かないように、捨て板金でつかい加工をします。

 

 

 

 

 

札幌でリフォーム専門店 住まいのユウケン☆☆☆☆☆

 

 

 

 

 

本日は、リフォーム札幌でユウケンブログをご覧頂きありがとうございます。

 

 

 

 

札幌で外壁リフォーム 札幌リフォーム

 

 

 

すがもりリフォーム 雨漏りリフォーム

 

 

 

マンションリフォーム

 

 

 

 

 

 



リフォーム札幌 札幌リフォーム 屋根リフォーム札幌 外壁リフォーム札幌
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://sapporo.areablog.jp/blog/1000007601/p11773923c.html
リフォーム現場 トラックバック( 0)

札幌で、すが漏り(すがもれ)・外壁・屋根・リフォームするなら住まいのユウケンにお任せ!

札幌で屋根・外壁リフォームするなら

 

 

評判のいい住まいのユウケンにお任せ!

 

 

 

屋根リフォーム工事

 

 

札幌で最近目立ち始めたフラット屋根のすがもり・雨漏り

 

北海道で一時普及したフラットルーフ工法は、屋根の上では風が舞っているので、おおかた吹き飛ばされる工法です。しかし、軒先から雪がせり出したり、つららができる事があります。フラットルーフ(陸屋根)は1/100〜2/100の穏やかな勾配を設けたほとんど平らな屋根です。常に雪が堆積している状況ですので、ハゼ(屋根トタンと屋根トタンのつなぎ)が開いたり、軒先部分に氷になりそこから融雪水などが入り込んで、すがもりする事が多いのです。又、サビ劣化・加工不良などがあるとスガモリが発生します。

 

 

 

 

フラットルーフ工法は、屋根勾配をつけずにほとんど平らであって、積もった雪は、風で飛ばす工法です。しかし、北国は、雪が屋根の上にどんどん積もった状態になり、やがて雪庇状態になります。(トタンをずれないように留める金具)との間にすき間が生じることがあります。すき間ができると融雪水が入り、凍って膨張することにより、さらにすき間を広げ、融雪水が流れ込んでスガモリに……。スガモレの原因は、このようなトタンのすき間からというのが圧倒的に多いのが現実です。トタンはどんなすき間も許されないよのです。

 

 

 

屋根は人間で言えば頭に相当する箇所で最も大切な場所でもあります。施工方法や材料で劣る大変な事態になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

札幌でリフォーム専門店 住まいのユウケン☆☆☆☆☆

 

 

 

 

 

 

本日は、リフォーム札幌でユウケンブログをご覧頂きありがとうございます。

 

 

 

 

 

札幌で外壁リフォーム 札幌リフォーム

 

 

 

 

すがもりリフォーム 雨漏りリフォーム

 

 

 

マンションリフォーム

 

 

 

 



リフォーム札幌 札幌リフォーム
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://sapporo.areablog.jp/blog/1000007601/p11773437c.html
リフォーム現場 トラックバック( 0)

札幌で、すが漏り(すがもれ)・外壁・屋根・リフォームするなら住まいのユウケンにお任せ!

札幌で屋根・外壁リフォームするなら

 

 

評判のいい住まいのユウケンにお任せ!

 

 

 

札幌東区 Y様邸 屋根工事

 

痛んでいる屋根はこのようになってます!

 

 

【現在の状況】

現在屋根は、流れ屋根工法でありますが、年数の経過とともに、塗膜(防水性)が無い状態で全体的にサビが発生しております。(間もなくサビに穴が空く箇所も多々あります。)又、外壁と屋根トタンの立ち上がり部分に隙間が生じている為、雨水等が入り込んでおります。ハゼ(屋根トタンと屋根トタンのツナギ目)・軒先部分のつかみ部分に関しましては、全体的に開いた状態にあり、塗膜が無くなりサビ自体に穴が空いている箇所も多々あります。

 

 

 

 

みに、トタンの原因は、新しい屋根トタンの場合は、寒くなると縮まり、暖かくなると開く作用が繰り返されます。しかし、年数が経ちますと、縮まる作用がなくなり開いた状態のままになってしまいます。】

 

 

 

 

このままサビを放置して置きますと、現状よりサビが広がり、又、サビに穴が空き雨水などが入り込み、屋根下地材が屋根自体の重さに耐えられなくなり、天井陥没などの現象も出ることも十分考えられます。又、人体に有害な、湿気・カビが発生しますので、早急な工事を要します。

 

 

 

 

【施工内容】

現在の屋根トタンを剥がし・撤去をし、そして、屋根トタンの木下地処理を十分に行い、防水フェルトを全面にまんべんなく敷き込み、その上に『高品質長尺カラートタン鋼板』を頑丈に葺きますので、耐久性のある丈夫な完全防水屋根になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出さない、出たら早急に対処   サビ

 

 

水分や空気などが作用してサビが発生。サビが目立つようなら、葺替が必要です。

 

 

サビは水分などが作用して起こる化学変化により金属の表面に酸化物ができるもの。北海道の場合屋根材にはもっぱら金属製品(カラートタンなど)が使われており、塗料を焼き付けるなどして防サビ対策がなされていますが、それでも雨や雪の影響で年月が経つとサビが生じます。強い風に乗って運ばれてくる海水の塩分がトタンに悪影響を及ぼすのはよく知られることですし、酸性雨による悪影響も懸念されています。トタン屋根はこまめに状態を見て補修と塗り替えをする必要があり、サビが目立つようであれば屋根材の材質や屋根の形状などでも異なります。

 

 

 

 

 

 

このような状態になっていましたら、住まいのユウケンにご相談下さい。

 

 

 

 

 

             屋根板金葺替後の屋根

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

札幌でリフォーム専門店 住まいのユウケン☆☆☆☆☆☆

 

 

 

 

本日は、リフォーム札幌でユウケンブログをご覧頂きありがとうございます。

 

 

 

 

 

札幌で外壁リフォーム 札幌リフォーム

 

 

 

 

すがもリフォーム 雨漏りリフォーム 

 

 

 

 

 

マンションリフォーム

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



リフォーム札幌 札幌リフォーム 屋根リフォーム札幌 外壁リフォーム札幌
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://sapporo.areablog.jp/blog/1000007601/p11772160c.html
リフォーム現場 トラックバック( 0)

札幌で、すが漏り(すがもれ)・外壁・屋根・リフォームするなら住まいのユウケンにお任せ!

札幌で屋根・外壁リフォームするなら

 

 

評判のいい住まいのユウケンにお任せ!

 

 

札幌で屋根リフォーム工事の事例より

 

屋根・下屋根双方とも、年数の経過とともに塗膜(防水性)がない状態でサビ・腐食状態にあります。屋根板金とのつなぎ部分のコーキング硬化した状態で亀裂が入ってそこから雨水などが入り込んでおります。又排水溝は、現在、FRPで工場で予め加工し、現場で納めて、高さの足りない部分は木で幕板を貼り、鉄板を貼り付けた工法です。又、納めがひどい状態で、木材も見えている状態です。そのために、排水溝がプール状態になった場合に水笠が増し、FRPと幕板鉄板との間の隙間より、水が入り込んでスガモリが発生しております。又排水溝はスノコなどが敷いていないために、泥や葉っぱなどが入り込んでおります。

 

 

屋根は、スノーダクト工法(無落雪屋根)でありますが、排水溝の谷コイルの素材が、FRPで工事で成型加工をし、現場で加工ではないため、隙間が生じてしまいます。その隙間を木下地で幕板を作り、その上に屋根トタンで納める工法であります。この工法は全然間違った工法です。本来排水溝は常に天水などを流す所であるので隙間やつなぎ目をなくすことが大切です。現在のFRP工法ですと、大雨や雪などが樋の中に一気に入ると、プール状態になり、FRPと木幕板との隙間から雨水などが入り込んでしまいます。屋根トタンのつなぎのコーキングもシリコン系ですので、硬化して亀裂やトタンから剥離しており、そこの透き間から、雨水等が入り込んでおります。このまま放置しておきますと、さらに、雨水などが、FRPと木幕板との隙間や谷コイルと屋根トタン巻き込みつかみ部分・屋根トタンのつなぎ部分などに入り込み、屋根木下地や、天井下地まで腐食劣化が進行をし、スガモリが発生します。その上、屋根下地材が屋根自体の重さに耐えられなくなり、天井が陥没などの現象も出ることも十分考えられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

札幌でリフォーム専門店 住まいのユウケン☆☆☆☆☆

 

 

 

 

本日は、リフォーム札幌でユウケンブログをご覧頂きありがとうございます。

 

 

 

 

札幌で外壁リフォーム 札幌リフォーム

 

 

 

すがもりリフォーム 雨漏りリフォーム

 

 

 

マンションリフォーム

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



リフォーム札幌 札幌リフォーム 屋根リフォーム札幌 外壁リフォーム札幌
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://sapporo.areablog.jp/blog/1000007601/p11771868c.html
リフォーム現場 トラックバック( 0)

札幌で、すが漏り(すがもれ)・外壁・屋根・リフォームするなら住まいのユウケンにお任せ!

札幌で屋根・外壁リフォームするなら

 

評判のいい住まいのユウケンにお任せ!

 

 

札幌で屋根リフォーム改修工事

 

 

片流れ屋根

 

片流れ屋根はつくりがシンプルなため、屋根断熱がしやすく、また、切り妻屋根などの通常の棟換気(排気)と比べ、納まりも簡単でコストも経済的です。しかし片流れ屋根は、天井裏をつくらない場合が多いので、納まりも簡単でコストも経済的です。しかし片流れ屋根は、天井裏をつくらない場合が多いので、屋根裏に熱がたまらない工夫が必要です。したがって、他の屋根のような小さな換気口では不十分なため、熱気がどんどん抜けるような大きな棟換気口軒先に取り付けます。さらに、図のように屋根の内側に外気を取り入れる換気口(通気層)を軒先の長さいっぱいに設けて、天井まで上昇した高温の空気を外に流します。この2つによって、より効果的な排熱・換気が可能になるのです。

 

 

 

屋根の形にかかわらず、屋根も棟全体で排熱する仕組み

 

流れ屋根と同様に、他の屋根も棟換気口をつくることで排熱対策はできます。屋根裏に上昇した暖かい空気が、軒下から入った空気によって押し上げられ、屋根の頂上の棟換気口より外に出て排熱・換気する仕組みです。又屋根裏の断熱に関しての対策としては、天井の上の断熱材を入れる場合、断熱材の厚さも最低でも、繊維系の断熱材で10センチ以上、樹脂発砲系で5センチ程度の厚さが欲しいと思います。できれば屋根のすぐ下で、屋根断熱して、熱がすぐに抜けるように、十分なおおきさの換気口を設けるなど、排熱対策をしたいものです。

 

 

 

夏は太陽が高いので、屋根への日照が多くなる

 

最も断熱対策が必要となっているのが、真夏。じりじりと照りつける真夏の太陽は、屋根にとっても強敵です。夏至の午後には、太陽高度が60〜80度近くなるといわれ、屋根の表面温度もそれと正比例するように高温になります。この時季に断熱や排熱対策が不十分だと、屋根裏に熱い空気や熱がたまり、夜になっても熱が放射されて、寝苦しい夜を過ごすことになるので。さらに気をつけたいのが、東と西の壁内を守っていっます。しかし、朝と夕方は、東と西の壁内を守ってくれます。しかし、朝と夕方は、東と西の壁に直接日光が当たりますので、この箇所にも断熱等の対策が必要になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

札幌でリフォーム専門店 住まいのユウケン☆☆☆☆☆

 

 

 

 

本日は、リフォーム札幌でユウケンブログをご覧頂きありがとうございます。

 

 

 

 

札幌で外壁リフォーム 札幌リフォーム

 

 

すがもりリフォーム 雨漏りリフォーム

 

 

マンションリフォーム



リフォーム札幌 札幌リフォーム 屋根リフォーム札幌 外壁リフォーム札幌
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://sapporo.areablog.jp/blog/1000007601/p11770974c.html
リフォーム現場 トラックバック( 0)

札幌で、すが漏り(すがもれ)・外壁・屋根・リフォームするなら住まいのユウケンにお任せ!

札幌で屋根・外壁リフォームするなら

 

 

評判のいい住まいのユウケンにお任せ!

 

 

 

 

屋根のすがもりと雨漏りの違い!

 

 

すがもり雨漏りのしみなどをそのままにしておくと屋根が大変な工事に発展します!

 

 

 

状況

天井ふきんを中心にした、天井・壁の内装材及び柱の『ぬれ』『シミ』の発生。

 

 

●原因は雨漏りです。

 

鉄板に穴があいている(冬期間の雪降ろし、氷落としなどで)、コーキングが切れている、小屋裏・集合煙突などの治め具合が悪くなった。笠木の治め、淀回り・水切などの治めが悪い場合などが多いです。

 

 

状況

雨漏りと同じ。但し、夏にはなんともなかったが屋根に降雪があるとき発生。それも暖気のとき。

 

●原因はスガモリです。

 

屋根の雪が溶け、この水が軒先の氷堤にせき止められ鉄板面はプール状態になります。そして『ハゼ』(鉄板のつなぎ目)から浸透圧によって侵入します。『ハゼ』のしまり具合がゆるんでいる(屋根の氷落としなどで)コーキング切れ、ピンホールの穴あき(古めの傷み)などが考えられます。

 

 

状況

室内から見た場合雨漏り・すがもりと同じように見える。

 

●原因は小屋裏結露です。

部屋の気密がとれていなかったり、小屋裏換気が不十分な場合に発生。雨の多い寒い秋口、または冬期間で2〜3日暖気の続くなど。小屋裏の鉄板の下の板(野地板)や壁が水がたまる程湿っている。冬期間はこの部分は『霜』がびっしりついていて暖気が来るといっせいに溶けて流れ出るためです。

 

ここがポイント!

室内に症状が大きく出ると対応する場合は多いですが、少しだったり、一時的だったりすると気がつきません。しかし、断熱材をぬらすので、放置しておくことにより、断熱性能が低下したり、『野地板、壁内、柱、土台』と目に見えない所で、大事な部分の『傷み』が確実に信号しますので、手直しは早い程良いです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

札幌でリフォーム専門店 住まいのユウケン☆☆☆☆☆☆

 

 

 

本日は、リフォーム札幌でユウケンブログをご覧頂きありがとうございます。

 

 

 

札幌で外壁リフォーム 札幌リフォーム

 

 

 

 

すがもりリフォーム 雨漏りリフォーム

 

 

 

マンションリフォーム

 

 

 

 

 

 

 

 

 



リフォーム札幌 札幌リフォーム 屋根リフォーム札幌 外壁リフォーム札幌
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://sapporo.areablog.jp/blog/1000007601/p11770681c.html
リフォーム現場 トラックバック( 0)

札幌で、すが漏り(すがもれ)・外壁・屋根・リフォームするなら住まいのユウケンにお任せ!

札幌で屋根・外壁リフォームするなら

 

 

評判のいい住まいのユウケンにお任せ!

 

 

 

屋根葺替リフォーム工事 札幌M様宅

 

【現在の状況】

 

M様宅は現在、屋根・スノーダクト工法(無落雪屋根)でありますが、排水溝(谷コイル)自体も旧材質の為、年数の経過とともに、材質自体に剥離状態にあります。屋根トタンと谷コイルのツカミ巻き込み加工処理が不良の為に隙間が生じております。雪が積もりその雪が融けると、つなぎ部分が不良ですと、そこから融雪水などが入り込んでスガモリが発生しております。つなぎ部分が不良ですと、そこから融雪水などが入り込んでスガモリが発生しております。(つなぎ部分が氷で膨張します。)又、ドレンも、自在ドレンは、飛来物(雪・ゴミ)などの進入を防ぐ役目であり、スノーダクト工法(無落雪屋根)には最も重要です。排水溝はスノーダクトにとって一番大事な所でもあります。

 

 

【トタンの原理は、新しい屋根トタンの場合は、寒くなると縮まり、暖かくなると開く作用が繰り返されます。しかし、年数の経ちますと、縮まる作用がなくなり開いた状態のままになってしまいます。】

 

又、屋根トタンの立ち上がり部分に穴が空いている為、融雪水等が入り込んでおります。それらの箇所からスガモリが発生しております。コーキングに関しましても、シリコンコーキングを使用している為、ドレン廻り・谷コイルの立ちあがり部分(両側)が剥離・劣化状態になっております。因みに、シリコンコーキングは、硬化力があり弾力性がなくコーキングに亀裂が入りやすい材料なのです。屋根トタン自体も年数の経過とともに、塗膜(防水性)が全くない状態で、全体的にサビが発生しております。サビを放置しておきますと現状よりサビが広がり、穴が空きそこから雨水などが入り込んでしまいます。そこからの箇所から雨水などがさらに入り込み、屋根下地天井下地まで腐食・劣化が進行します。その上屋根下地材が屋根自体の重さに耐えられなくなり、天井陥没などの現象も出ることも十分に考えられます。又、人体に有害な、湿気・カビなどが発生しますので、早急な工事を要します。

 

 

 

 

【施工内容】

 

既存の屋根トタンを屋根軸組下地に衝撃をあたえることがないように剥がし撤去をし、又、現在の排水溝(樋)を剥がし・撤去をし、そこに『高品質耐久谷コイル』を堅固に施工します。その上に『高品質長尺カラートタン鋼板』を頑丈に葺きますので、耐久性のある丈夫な完全防水の屋根になります。

 

 

 

 

 

   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

札幌でリフォーム専門店 住まいのユウケン☆☆☆☆☆

 

 

 

 

 

本日は、リフォーム札幌でユウケンブログをご覧頂きありがとうございます。

 

 

 

札幌で外壁リフォーム 札幌リフォーム

 

 

 

スガモリリフォーム 雨漏りリフォーム

 

 

 

マンションリフォーム

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



リフォーム札幌 札幌リフォーム 屋根リフォーム札幌 外壁リフォーム札幌
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://sapporo.areablog.jp/blog/1000007601/p11770467c.html
リフォーム現場 トラックバック( 0)

札幌で、すが漏り(すがもれ)・外壁・屋根・リフォームするなら住まいのユウケンにお任せ!

札幌で屋根・外壁リフォームするなら

 

 

評判のいい住まいのユウケンにお任せ!

 

 

札幌で屋根葺き替えリフォーム野地板の厚みを確認!

 

雨をしのいでくれる屋根は言うまでもなく、住まいの大切な構造です。雨漏りは暮らしを快適にするだけでなく、建物の構造自体を腐らせてしまう原因になりますから、屋根の葺き替えも定期的に行わなレければならないリフォームの一つになります。葺き替えの時期は、屋根材によります。基本的には雨漏りがしなければとしてほぼ構造としては葺き替えの必要はありませんが…家のメンテナンスのためには雨漏りする前に新しくしたいところですが、ぎりぎりまで見極めることは難しいので、15年程度で念のために葺き替えたい、というお客様も多く、その場合には10年程度で葺き替えを行うケースもあります。ガルバリウム鋼板屋根は、長持ちします。さて、屋根の葺き替えでは、古くなった屋根材を剥がしたあとで、『野地板』と呼ばれる下地材(べニア)を張り、その上に施工しています。この野地板の厚みは、しかし、実際には5ミリの厚みしかない野地板を張るので、業者は『大丈夫』と言われますが、メーカーでは認めていないのです。それは当然でしょう。工事中、現場では野地板を張ったらすぐに黒い防水シートをかぶせてしまいますから、わかりません。

 

無落雪屋根の野地板

 

 

 

 

 

 

 

 

 

札幌でリフォーム専門店 住まいのユウケン☆☆☆☆☆

 

 

 

 

本日は、リフォーム札幌でユウケンブログをご覧頂きありがとうございます。

 

 

 

 

札幌で外壁リフォーム 札幌リフォーム 

 

 

 

 

すがもりリフォーム 雨漏りリフォーム 

 

 

 

マンションリフォーム

 

 

 



リフォーム札幌 札幌リフォーム 屋根リフォーム札幌 外壁リフォーム札幌
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://sapporo.areablog.jp/blog/1000007601/p11770297c.html
リフォーム現場 トラックバック( 0)

札幌で、すが漏り(すがもれ)・外壁・屋根・リフォームするなら住まいのユウケンにお任せ!

札幌で屋根・外壁リフォームするなら

 

評判のいい住まいのユウケンにお任せ!

 

 

札幌で一般的な屋根の不良状態(無落雪屋根)

 

 

屋根は現在、スノーダクト工法(無落雪屋根)は年数の経過ともに、排水溝が不良状態にあり、谷コイルと屋根トタンの巻き込みツカミ部分が開ききった状態になり、その隙間より、融雪水などが入り込みスガモリが発生しております。又屋根トタンと屋根トタンのつかみ部分が所々、年数と経過とともに開ききった状態になり、そのすき間からも融雪水などが入り込んでスガモリが発生していると考えられます。又屋根トタン自体にも、塗装(防水性)がない状態でサビが進行しております。

 

 

屋根は、直接外気に接する場所であり、小手先のきかない場所でもあります。又カビや湿気は人体・建物にとっては、大敵であり、知らず知らずに進行が進んで取り返しがつかなく、今以上に内壁・天井を剥がすことになり、大工事に発展する工事が多々あります。建物の寿命は屋根にあるといっても過言ではありません。屋根は目立たない場所で割と手抜き工事をされていることが多々あります。年数の経過とともに欠陥状態が現れます。しっかりとした技術・工法そして長年の経験と知識が豊富な工事会社に頼むことが大事です。

 

         

無落雪屋根の排水溝の不良

 

 

 

トタンの塗膜がなくなり、錆びになりかかっています。

 

トタンを剥がした結果、水が入り込みトタンが錆び状態になっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

札幌でリフォーム専門店 住まいのユウケン☆☆☆☆☆

 

 

 

 

本日は、リフォーム札幌でユウケンブログをご覧頂きありがとうございます。

 

 

 

 

札幌で外壁リフォーム 札幌リフォーム 

 

 

すがもりリフォーム  雨漏りリフォーム 

 

 

マンションリフォーム

 

 

 

 

 

 

 

 

 



リフォーム札幌 札幌リフォーム 屋根リフォーム札幌 外壁リフォーム札幌
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://sapporo.areablog.jp/blog/1000007601/p11767918c.html
リフォーム現場 トラックバック( 0)

  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
住まいのユウケンイメージ
住まいのユウケン
プロフィール公開中 プロフィール
家は人間の体と同じで、メンテナンスをすることによって長持ちします。長年の経験と実績をもとに住まいの知識やユウケンの工事事例の一部をブログで更新しています!
前年  2016年 皆勤賞獲得月 翌年

おすすめリンク