札幌発!インターネット徒然日記

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://sapporo.areablog.jp/netdiary

ラーメンはいつから、どうしてラーメン?

日本人の好きな食べ物、と言ってほぼ確実に上位にランクされるのが、
カレーライスとラーメン、ですよね。

この二つに共通するのが明治になって外国から入ってきた料理を日本人好みに変化させた物だと言うこと。
それと、かなり早い時期にインスタント食品として商品化されていると言うこと。
(ま、もちろんこれは、人気があるから、と言うことなのですが、ラーメンなどインスタントラーメンが商品化されヒットしたことでラーメンという名前が全国的になったと言うことですから、国民食と呼ばれるようになったのにはインスタント食品として商品化されたことが大きな要素になっているのは間違いないようです。)

 

ラーメンはいつ日本に入ってきてどのように変化していったのか、はっきりした定説はないようですが、その原型になるいわゆる「支那そば」「中華そば」は日本が幕末に開港し明治の文明開化を迎える頃には多くの中国人が日本を訪れるようになり彼らが持ってきた中国の麺料理がしだいに日本人の味覚に合わせて変化し定着していった物と思われます。それはどこの地域が早かったとか、元祖はどこ、と言うことではなく、まず早いうちに開港された横浜、神戸、函館に始まり東京、札幌、喜多方などあちこちの地方で同じ頃に平行して独自に進化し、また交流もあったりして次第に今の形になっていった物なのでしょう。

 

このラーメンと言う料理が出来上がっていく過程でもうひとつ興味深いのは、その「ラーメン」というネーミングです。


ラーメン、というと中国語だと思っている方も多いでしょう?
店の看板やメニューに拉麺とか柳麺などの漢字が書かれている所もよくありますし、ね。でも、中国にはラーメンと言う料理はないようなのです。(最近では日本食ブームもあり中国でラーメンというと日本のラーメンを意味するようです。)台湾でも拉麺と言うと日本のラーメンを意味しているとか。

 

では、日本風の「支那そば」「中華そば」がラーメンと呼ばれるようになったのはいつ頃から?そしてどうしてそういうネーミングになったのでしょう。

最近読んだ本で興味深い物語に出会いました。

その1シーンをちょっと小説風にアレンジしてみました。

北海道 ラーメン発祥のお話 その3 ハオラー(好了)!


これはけっして日本で初めての「支那そば」「中華そば」のお話ではありません。

でもどうして、中国風麺料理に「ラーメン」と言う名前がついたのか、
中国人留学生との交流と日本の時代の風の間で悩んだある中華料理店の女性店主のお話です。

もし、お時間が許すならちょっと読んでみていただけますか?

北海道 ラーメン発祥のお話 その3 ハオラー(好了)!

 

 




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://sapporo.areablog.jp/blog/1000015161/p10261692c.html
日記 | コメント( 2 ) | トラックバック( 0)

らーめん大好きです!

私、らーめんの「らー」はラー油の「ラー」かと勘違いしてました(汗)

札幌はらーめん屋さんが多くていいですね!札幌に行ったら必ず食べに行くのは「山岡家」のラーメンです。あ、でも山岡家って関東にもあるんですけどね(笑)

[ こめっと ] 2010/07/13 14:26:31 [ 削除 ] [ 通報 ]

ラードのラーからきた、って説もあるようですよ。

ラーメンのネーミングについては他にも色々な説があるようで、どれがという定説はないみたいです。
この竹家食堂説が時期的にも理由の点でも一番説得力があるような気がするのですが・・・

[ サンドブラスター ] 2010/07/15 14:33:40 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
そえだ信「をさふね 六分の一の流れ星」無料キャンペーン
ブルースハープ  千葉智寿 3rd アルバム「フットステップス」
歴史的瞬間(!?) やった!!・・・あれっ(汗)
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
サンドブラスターイメージ
サンドブラスター
プロフィール公開中 プロフィール
北海道生まれ、小学生の時から札幌で暮らしている管理人が札幌での生活、お気に入りのお店のこと、仕事や趣味のことなどあれこれと綴っていきます。
今日 合計
ビュー 5 45767
コメント 0 44
お気に入り 0 2