北のほたるや

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://sapporo.areablog.jp/kitanohotaruya

Labyrinth


Labyrinth

幌内・月光池・次郎湖


月光池

goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://sapporo.areablog.jp/blog/1000025749/p11780917c.html
写真・風景など | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

クンネチュプの末裔


クンネチュプの末裔

幌内・月光池・太郎湖


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://sapporo.areablog.jp/blog/1000025749/p11780567c.html
日常・写真など | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

An unexplored area


An unexplored area

幌内・月光池・太郎湖


月光池
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://sapporo.areablog.jp/blog/1000025749/p11780109c.html
写真・風景など | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

水際のトッカータ


水際のトッカータ


幌内・月光池・三郎湖

個展の予定など無いし
誘われもしないからグループ展の予定もないし
コンクルールなんて箸にも棒にもかからないから出展予定もないけれど
とにかく何か作って、とにかく何か撮る。

もし個展をやったとして何を展示できるだろう?

まずは写真・・・
次に陶芸・・・
音楽や動画も会場の雰囲気作りにはいいかな・・・ あとは・・・自家焙煎コーヒーに手作りパンやスイーツ・・・?
なんか違うなwww

いつになるかわからないけれど、いつかやるかもしれない個展のために
木工や金工、それにまた油絵でも描いておくかなw


月光池
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://sapporo.areablog.jp/blog/1000025749/p11779919c.html
写真・風景など | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

湖上の輪舞曲 (ロンド)


湖上の輪舞曲 (ロンド)

幌内・月光池・太郎湖


月光池
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://sapporo.areablog.jp/blog/1000025749/p11779796c.html
写真・風景など | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

風のスケッチ


風のスケッチ

Sketch of the wind

幌内・月光池・太郎湖




月光池
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://sapporo.areablog.jp/blog/1000025749/p11779653c.html
写真・風景など | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

物語のかけら


物語のかけら

幌内・月光池・太郎湖

久しぶりに月光池まで散策してみた。

昼12時20分にカメラとレンズをリュックに入れて背負い、三脚を担いで、裏山の林道へと向かった。

ポケットにはいくつかのビニール袋と植栽スコップを押し込んだ。

工房裏の裏山への林道口は既にそこそこの標高があるが、ここから月光池まではずっと上り坂が続く。

初めての人なら、とても一人で行こうとは思えないほどの草薮が続き、いつヒグマが出てきてもおかしくない気配が漂う。

足元には何種類もの苔や羊歯が生え、その中から時折、ラクヨウキノコ(ハナイグチ)が顔を出している。

ポケットからビニール袋を出して、その都度、キノコや苔や羊歯を採取して歩く。

あちらこちらと優良な食菌のラクヨウキノコのポイントを探りながら、ようやく月光池についた頃には午後2時を過ぎていた。

ビニール袋には、今後の盆栽用にと、紅葉やカエデの苗や何種類もの苔や羊歯が大量に入っておりかなり重たい。

キノコも予想以上の収穫でバケツ1杯ほどもある。

さすがに重たいので、帰りに拾うつもりで途中に置くと、そこにまたキノコが・・・

さて、月光池は、台風21号が原因か、地震が原因かは分からないが、途中の道々でいくつもの倒木があったものの、池の中の水没林には全く変化が無かった。

この次は初雪が降った日を予定している。

ちなみに、家に戻ったら午後5時を過ぎていた。

撮影した写真は、ちまちまと小出しにしていこうと思う。


月光池
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://sapporo.areablog.jp/blog/1000025749/p11779455c.html
写真・風景など | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

必然の盆栽











陶芸を本格的にするようになり久しいが
いずれは盆栽鉢も作ってみたいと常々思っていた。

32年前からアクアリウムなどもやっていたことから、水槽の中で水草を植え、流木や石を配置し、小さな日本庭園を造っては写真を撮影するなどしており、その頃から「侘び寂び」にも興味を持ち始めていた。

陶芸は、この水槽の中の小物を自分で手作りしたいと思い始めたことだったが、その頃はまだ、陶芸よりもアクアリウムの方にウェイトを置いていた。

その後、ウェイトは写真へと移り、陶芸は忘れない程度に土を触るぐらいだった。
幸いに、今ある環境は、僅か数分散歩するだけで、様々な種類の豊富な苔が手に入る裏山があり、土や釉薬のテストとして焼いた売り物にもならない器が行き場を失い転がっている。

そこで、先日うかがったお寺の盆栽を拝見したのをきっかけに、きちんとやってみようと思い立った。

以前から盆栽には興味もあったので、それなりの勉強はあらかじめしていたし、器を作っている際に、余った土で小さな器を作り、底に穴を開けてミニ盆栽鉢を作ったり、北海道では自生していないヒガンバナなどの植物を室内で越冬させるための植木鉢を作っていたこともあり、盆栽に行きつくことは必然でもあった。

問題は、どのような植物なら盆栽になるのか?

極めて少ない土で、どのように維持させたらいいのか?といううことで
基本的な技術と情報はネットで検索しまくり、改めて勉強した。

早速、先日採取してきた植物たちを、使う予定のない器に植えこんでみる。

数種の苔と共に、唐松、樺、朴木、羊歯類などを植えてみる。

ついでに、正月に食べて植えた金柑や八朔が苗となっていたので、それも苔と共に植え直した。

裏山へ行くと、芽吹いたばかりの木々の苗と苔が無尽蔵にあるので、マテリアルには事欠かない。

今後は、桜や紅葉、楢、栗、紅紫檀、紫陽花、藤、躑躅、五葉松なども苗があるので、これらを植えるための鉢が焼き上がり次第、順次に盆栽化していこうと考えている。

ちなみに、7ギガWi-Fiなので、この記事投稿後は、通信制限がかかり、来月1日まではネットができなくなることだろう・・・トホホ

さて、そんなわけで、すべての悪夢の始まりの日である昨日9月21日は、本格的な盆栽鉢の作陶に打ち込むことで、何とか何事もなく終わらせることができた。
まぁ、誕生日を喜ぶような歳でもないし、それが産まれた日なのか、登録した日なのかすら、親の居ない私にはわかりもしない。

幼い時から、この世に生まれてきたこと自体を恨めしく思ってきた人生なので、祝いの言葉をもらっても、愛想笑いしかできなかった。

毎年、9月が来ると、生年月日を非表示し、誰にもお知らせがいかないようにしてきた。

とはいえ、これは私個人が呪われた日であって、他の方のお祝い事の日であるなら、それは喜ばしいことだと思っている。

つまりは、私の誕生日を祝われることだけが望ましくないと思うばかりである。

そもそもが、健康の問題もあり、もういい年でもあるので、このような恨み言もなしに、残された時間を、より穏やかに過ごすことができればと願うばかりである。

さて、盆栽の方は、裏山から連れてきて植えただけなので、このままひと冬を過ごしてもらい、来春にトリミング&剪定を行い、針金を巻き樹形を整えていく。


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://sapporo.areablog.jp/blog/1000025749/p11779055c.html
陶芸 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

Autumn entrance


Autumn entrance


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://sapporo.areablog.jp/blog/1000025749/p11775471c.html
写真・風景など | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

風は秋色


季節は足早に通り過ぎ、今まさに秋から冬へとシフトし始めている。

放棄地の藪の中で雑草に埋もれて萎縮し、消えてなくなりそうになっていたものを救出し
庭に移植しておいた数株が、それぞれに大きく育ち、たくさんの花をつけてくれた今夏。

日照りが続き、一か月近くも雨が降らなかった晩春から初夏には、どの植物も萎れてしまうほどで、植えつけたばかりの畑の野菜などは育成不良となっていた。

漸く雨が降ると、今度はいつまでも降りやまず
屋根の上に水溜りができるほどの勢いだったので、家の中では雨漏りがしていた。

野菜畑の畝は水溜りの中に水没し、今年の不況を暗示し始めた。

そんな長雨の中で、とりわけ喜んでいたのがアジサイだった。

日照り続きで萎縮し、いつまでも花芽を付けずにいたのだが、この長雨の中で生き生きとし、枯れてしまったと思っていた枝からも次々と葉が伸び始め、あちらこちらに花芽が付き始めた。

季節は既に7月となり、その頃になってようやく花が咲き始めた。

8月になっても新たな花が次々と咲き、お盆を迎えるころには満開となっていた。

春のイメージが強いアジサイだが、俳句での季語は「夏」ということなので、北海道ではお盆前後でも間違っていないようだ。

花の色が変わることから、花言葉は「移り気」というのがあるが、「辛抱強い愛情」「一家団欒、家族の結びつき」というポジティブなものもあり、願わくば、後者を選択したいものだ。

さて、9月ともなると、桜やシラカバなどの広葉樹は赤や黄色の紅葉が見られ始め、予想以上に花をつけたアジサイたちも「秋色アジサイ」となりはじめた。

どの株の葉もまだまだ青々としており、本格的な秋色とはなっていないものの、淡いパステルのアンティークカラーも趣がある。

今年は剪定をせず、このままドライフラワーとなって春を迎えてもらおうと思う。

そうそう、花のお礼として、まだ肥料分の残っている野菜畑の土を根元に入れてあげよう。













goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://sapporo.areablog.jp/blog/1000025749/p11774962c.html
ガーデニング・家庭菜園・写真など | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
きこりん@北のほたるやイメージ
きこりん@北のほたるや
プロフィール公開中 プロフィール
私の生きてきた軌跡

北海道の三笠市旧幌内炭鉱周辺にて、三笠の土を使って陶芸をしています。

北海道の自然や風景・動植物・各地域イベントなどを撮影し、写真にて紹介しています。

地方都市や、過疎地域の町興しを真剣に考え、具体的な提案をしています。

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<