北のほたるや

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://sapporo.areablog.jp/kitanohotaruya

風は秋色


季節は足早に通り過ぎ、今まさに秋から冬へとシフトし始めている。

放棄地の藪の中で雑草に埋もれて萎縮し、消えてなくなりそうになっていたものを救出し
庭に移植しておいた数株が、それぞれに大きく育ち、たくさんの花をつけてくれた今夏。

日照りが続き、一か月近くも雨が降らなかった晩春から初夏には、どの植物も萎れてしまうほどで、植えつけたばかりの畑の野菜などは育成不良となっていた。

漸く雨が降ると、今度はいつまでも降りやまず
屋根の上に水溜りができるほどの勢いだったので、家の中では雨漏りがしていた。

野菜畑の畝は水溜りの中に水没し、今年の不況を暗示し始めた。

そんな長雨の中で、とりわけ喜んでいたのがアジサイだった。

日照り続きで萎縮し、いつまでも花芽を付けずにいたのだが、この長雨の中で生き生きとし、枯れてしまったと思っていた枝からも次々と葉が伸び始め、あちらこちらに花芽が付き始めた。

季節は既に7月となり、その頃になってようやく花が咲き始めた。

8月になっても新たな花が次々と咲き、お盆を迎えるころには満開となっていた。

春のイメージが強いアジサイだが、俳句での季語は「夏」ということなので、北海道ではお盆前後でも間違っていないようだ。

花の色が変わることから、花言葉は「移り気」というのがあるが、「辛抱強い愛情」「一家団欒、家族の結びつき」というポジティブなものもあり、願わくば、後者を選択したいものだ。

さて、9月ともなると、桜やシラカバなどの広葉樹は赤や黄色の紅葉が見られ始め、予想以上に花をつけたアジサイたちも「秋色アジサイ」となりはじめた。

どの株の葉もまだまだ青々としており、本格的な秋色とはなっていないものの、淡いパステルのアンティークカラーも趣がある。

今年は剪定をせず、このままドライフラワーとなって春を迎えてもらおうと思う。

そうそう、花のお礼として、まだ肥料分の残っている野菜畑の土を根元に入れてあげよう。














goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://sapporo.areablog.jp/blog/1000025749/p11774962c.html
ガーデニング・家庭菜園・写真など | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

ある夏の記憶 - 素敵な贈り物 -






ある夏の記憶 - 素敵な贈り物 -

2018年の初夏から、これまで見たこともない花が咲き始めた。

たった一株だが、次から次へと枝を伸ばし花をつける。

以前、モモイロタンポポを植えたことがあったが、色こそ違え、花の雰囲気がそれと似ている。

花弁はとても薄く繊細で、指で触れるだけでへなへなとへこたれてしまう。

それとは対照的に、茎は極めて固く、ちょっとした樹木の幼苗ほどに強情だ。

葉っぱの形状は、地上よりロゼット状に伸び、野アザミに似ているものの、それよりも固く、棘々しい。

園芸品種ではなさそうだが、単なる野草でもなさそうだ。

冬の間は、ヒマワリの種などを提供し、庭に野鳥を集めて楽しんでいるのだが
そのお返しとして、誰かが糞として落としていった種が芽吹いたのだろう。

花が咲いてから、およそ1ヶ月の間、様々なキーワードで画像検索してみるも
出てくるものは、ニゲラやブルーデージーなどばかりで、さっぱり目的にたどり着かない。

先日、ふと思い立って、「野菜」をキーワードに入れてみたところ、僅かに1枚だけ、同一の花と思われる画像が表示された。

その後、そのサイトに行き
その植物の名を確認して、キーワードに追加すると
あっさりと、大量の画像が表示された。

この間の1ヶ月は、まるで「宝探し」でもしているように
さっぱり見つからない「やきもき感」も含めて、とても楽しかった。

私がまだ、二度目の独立を果たす以前の「がんばらにゃん」というBarで雇われ店長をしていた80年代初め頃から、レストランなどの外食産業で利用されるようになり
私も好んでサラダや、チーズの盛り合わせなどの添え物として使っていた。

これといって特徴的な味はなく、サラダのような生食が主となる。

この80年代は、欧米よりの輸入が様々な物品で自由となり
植物をはじめ、各種食品や、アンティーク雑貨、諸外国車両や文化、技術などの交流が盛んとなり
農業でも革新的な改革が行われた。

外食産業では、フレンチや、第一次エスニック・ブームとなり、今では当たり前となったパクチーやサニーレタス、ブロッコリー、各種ハーブなどの栽培が盛んに行われ始め、需要も高まった。

その後、90年代に入ってからは、イタリアンブームが始まるわけだが
80年代後半には、フレンチやエスニックが飽きられ、イタリアンに利用されるズッキーニやイタリアントマトなどの栽培が盛んになり今に至っている。

さて、この花の正体は・・・

80年代初頭から栽培が盛んになった「チコリ」である。

フランス語では、エンダイブ(近縁種)、アンディーブとなるが
英語ではチコリーとなる。

キク科の多年草で、和名をキクニガナ(菊苦菜)という。

ちなみに、エンダイブは一年草である。

食用のものは、太らせた根から出た芽を遮光栽培したもので、苦味もなく、ヨーロッパでは加熱しても食用とする。

一方、露地栽培されたものは苦味が強く、草体のありようも、スーパーなどで販売されているものとは似ても似つかない。

北海道では元々、栽培農家さんも少なく
そのため、自由にのびのびと花を咲かせている姿など、専門農家さんでもなければ見ることなどない。

どうりで、頭の中のファイルをいくら探しても見つからないはずだ。

このチコリの花は非常に弱く、摘んだ瞬間からへたってしまうため
摘むのであれば、草体の根本から数本摘み取り、背の高い大きめのフラワーポットに生けるのが望ましい。

せっかくいただいた野鳥からの贈り物なので
専用のスペースを設け、増やしてみようと思う。

今後、ガーデニング(園芸)としてのチコリ栽培も増えてくるかもしれない。

花好きで庭があるなら、一株ぐらいあってもいいかもしれない^^


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://sapporo.areablog.jp/blog/1000025749/p11771586c.html
ガーデニング・家庭菜園・写真など | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

遅咲きの紫陽花





お盆ぐらいから咲き始めた紫陽花が今満開となっている。

白いのは秋咲きだが、それ以外は普通に初夏咲きの紫陽花だ。

元々は園芸品種だと思われるが、放棄地で雑草に埋もれ瀕死状態だったので
ご近所さんに了解を得て数本を移植し、2年かけて再生させた。

放棄地にはまだ数本の紫陽花が残っているが、それは樹勢がいいので、その場で増えればと残しておいた。

周囲の草を刈ったこともあり、残しておいた紫陽花は、今年の初夏には大きなコロニーとなって花をつけていた。

一方、移植した紫陽花は、移植した翌年の昨年初夏に、僅かに花をつけたものの、その後の猛暑による高温で障害が出て、樹勢が衰えてしまった。

昨年の雪が降る前の晩秋と、今年の雪解けに、油糟、鶏糞、石灰、腐葉土、三笠市で製造している生ゴミ肥料を、それぞれ少量ずつ土に混ぜて根元に撒いておいた。

春になると樹勢も良くなり、多くの葉をつけるも、なかなか花芽が付かずにやきもきしていた。

野菜苗を植え付ける時期になると連日の雨に見舞われ、植えつけた野菜のほとんどが水没し、その後の育成に暗雲を落としたが、紫陽花にとっては良かったようで、数日続いた春の長雨の中で花芽を付け始めた。

長雨が終わると、今度は長い日照りが続いた。

南西側に植えている紫陽花は、特に強く当たる西日のため、高温と日照りによる水枯れにより一進一退を繰り返していた。

お盆を迎える前の7月末ぐらいから漸く、雨天と晴天のバランスがよくなりはじめ、それに合わせて紫陽花の花にも色が付き始めた。

昨年は花をつけなかった株も含めて、すべての株に花が付き、樹勢も良く、株は移植した当初の倍以上になってくれていた。

夏の暑さも、終わってみれば、昨年の猛暑ほどではなく、9月1日の今日には、爽やかな風が程よく吹き過ぎ、晴天ながらも、さほど気温は高くないことから、まるで初夏のような空気感となり、初秋にもかかわらず不思議と、紫陽花の花が似合う気配でもある。

とはいえ、今年の春から夏の気象は、野菜たちには過酷だったようで、トウモロコシ、カボチャ、玉ねぎ、さやえんどう、トマト、ナス、アスパラ、ニラ、イチゴ、ニンニク・・・そのどれもが不作となった。

僅かに、ジャガイモとズッキーニだけは何とか収穫できる状態となったものの、昨夜、不審者の侵入により、荒らされてしまった。

工房周辺を、グルリと取り巻くように防獣ネットを張り巡らせておいたので、これまでは被害もなく安心しきっていた昨夜、その防獣ネットを踏み倒して敷地内に入り込んだ気配があった。

ジャガイモは土の中なので問題はなかったが、あと数日様子を見ようと取り残しておいたズッキーニの果肉と穂先が喰われ、その横にあった秋咲きの紫陽花の穂先まで齧っていった。

この蛮行の様子からエゾシカの子供であることが推察できる。

今年の春には、昼日中から群れを成して工房周辺をうろついていたエゾシカも、その時に執拗に追い立てたこともあってか全く見かけることが無くなっていたのが油断を招いたともいえる。

今年も昨年同様に、わずか1キロ圏内でヒグマの糞があったと、日夜パトロールをしてくれている警察官から、つい数日前に聞かされている。

開拓期から既に100年が経過し、ピーク時には7万人もの人口を誇った炭鉱地も、今では僅かに1万人を切るほどとなり、野生と自然は「我と我が土地を返せ!」とばかりに、最も野蛮な人間を追い出しにかかっているのかもしれない。

既に失われてしまった太古の自然は、彼ら野生の手で再生することは難しいが、今後、野生が数百年、数千年も生活していくためのエリアを返還するべき時なのかもしれない。

その昔、逞しかった人間も、今では野生を失って久しく、自然と野生の脅威に抗うすべを持たなくなりつつあり、日々、木陰から嘲笑されているように感じる。

さて、「野生児きこりん」は、どこまで、いつまで、この屈強な野生と自然に抗い続けられるのか?

ちなみに、ズッキーニは既に数本を収穫し、何度かピクルスを作ることができていることもあり、また、エゾシカの蛮行は慣れっこになってしまっていることから、強い怒りもなく、むしろ、己の敗北に笑えるほどとなった。w

To Be Continued...


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://sapporo.areablog.jp/blog/1000025749/p11771362c.html
ガーデニング・家庭菜園・写真など | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

A flower that suits my grave


A flower that suits my grave
ハニーサックル・ウインドワード

6月20日頃から咲き始めたハニーサックル・テルマニアーナとは別に
もう一種類のハニーサックルを植えていた。

テルマニアーナと同時期に開花しなかったので
2度3度と植え替えが頻繁だったため、今年は開花しないのだろうと諦めていた。

来年には花をたくさんつけてくれるようにと、鶏糞や油粕など野菜用だが肥料を与え
表土が乾き過ぎないようにと、刈り取って干せた草を敷き藁とした。

7月中は気温も高く、日照りが続いたため
土が乾き過ぎないようにと、2〜3日置きに、工房周辺の草花や畑に水を与えなければならなかった。

というのも、工房周辺は、元々が「白亜紀後期」の脆い岩盤を切り崩し
その上に「幌内炭鉱」から出た廃土を敷いて宅地化したものであり
植物の栄養素をほとんど含まず、また、排水性が良すぎるため
農作物の栽培には不向きな環境だったからだ。

そこで、雪の解けた早春から、一輪車を押しては裏山へ赴き
腐葉土となりえる土を見つけては畑やガーデンに運び入れていた。

とはいえ、土としてはまだまだ粒子が荒いため、陶芸用として見つけた粘土と、刈り取って干してあった草藁を混ぜることにした。

今年はまだ1年目であることから、植物の育成用としては万全ではなく
完全に根が張っているかどうかの判断が難しく、水の管理だけは気が抜けなかった。

8月に入り、雨天が増え
日中との寒暖差が大きくなるにつれ、夜露が土に湿り気を齎してくれるようになり
水の心配をしなくて済むと思っていると
幾つもの枝に小さな蕾が膨らみ始めた。

先に咲いたテルマニアーナとは、およそ50日ものタイムラグでウインドワードが咲いた。

元々、若干遅めに開花していたウインドワードだが、50日も遅くなるとは思ってもみなかった。



ヒガンバナ、モナルダ、ルリタマアザミ、タンジー、モントブレチア、ガザニア、ブットレアなどと並び、ハニーサックルは大好きな花である。


ガーデニング ハニーサックル マクロ
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://sapporo.areablog.jp/blog/1000025749/p11648390c.html
ガーデニング・家庭菜園・写真など | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

鬼百合とキアゲハの頃


鬼百合とキアゲハの頃

この景色を見るために、裏山で見つけた自生種の鬼百合を工房の周りに移植しました。


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://sapporo.areablog.jp/blog/1000025749/p11637859c.html
ガーデニング・家庭菜園・写真など | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

睡蓮開花記念日

庭の睡蓮が咲いたので2017.7.1は「睡蓮開花記念日」


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://sapporo.areablog.jp/blog/1000025749/p11627551c.html
ガーデニング・家庭菜園・写真など | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

Want to be loved

 

愛されたくて 
紫詰草


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://sapporo.areablog.jp/blog/1000025749/p11621696c.html
ガーデニング・家庭菜園・写真など | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

ガザニア


好きな花は数あれど、中でも上位に入るガザニア。

花の雰囲気は、これも好きなルドベキアに似ているが
背丈は10センチ程度と低いのに、花径も10センチぐらいまで大きくなり
色もカラフルで花期も長い。

できることなら庭をすべてガザニアで埋め尽くしたいと思う。














goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://sapporo.areablog.jp/blog/1000025749/p11618571c.html
ガーデニング・家庭菜園・写真など | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

クジャクシダ(羊歯)と山野草たち


クジャクシダ(羊歯)と山野草たち

裏山へ行くと、かつて住宅があったとは思えないほど草地化しており
家と家の境界線があったと思える付近にはいろんな樹木が大木化している。

そんな樹木周辺は決まって日陰となり、僅かに湿った状態となっているため
苔やシダなどの陰湿性植物が生えている。

春の山菜時期ともなると、ワラビやコゴミ、ゼンマイなどを目指して山へ入ることも多くなるが
その全てがシダ植物であり、園芸品種のアジアンタムや、オオタニワタリなどもシダ植物である。

裏山へ行って奇妙なことに気が付いた。

ワラビやゼンマイなどはあるのに、コゴミがどこにもない。

シダ植物のほとんどはアクが強く、何かしらの下処理を行わないと
生では苦味とエグ味が強すぎて食べることができない。

牧場周辺などでもよく生えるワラビだが、馬や牛などが誤食すると中毒を起こすため
採取をお願いすると喜ばれるほどである。

しかし、コゴミだけはアクが無く、軽く湯がくだけでナッツのような風味と、メカブのようなヌルがあり
食欲をそそる逸品となる。

つまり、野草を生で食べる野生動物にとって、コゴミはシダ類の中でも唯一食べられる重要な食糧でもある。

近年、北海道各地でエゾシカ、ヒグマ、キタキツネ、エゾタヌキ、エゾユキウサギといった在来種に加え
アライグマ、ホンドイタチ、ミンクなどが非常に多く確認されるようになり
特に、アライグマとエゾシカにより農業や林業に多大な被害が及んでいる。

ココでもその被害は多く
アライグマはまだ見たことがないが、エゾシカは昼日中でも玄関先までやってくる始末だ。

昨年の春に、庭の一角を畑としていくつかの野菜を栽培してみたのだが
そのほとんどを何者かに喰われ悔しい思いをしたので
今年は防獣ネットを張り巡らしている。

そんなわけで、どこにでもありそうなコゴミの殆どは根こそぎエゾシカに喰われてしまった結果
工房周辺には生えていないものだと考えられる。

さて、そんな山菜のシダとは別に、ほとんどの動物が食べないシダ類も多く
そんな中でも、園芸にも用いられる「シシガシラ」や「コタニワタリ、アジアンタムの仲間である「クジャクシダ」などを見つけ
庭の中央に設けた「山野草コーナー」に移植した。

この「山野草コーナー」は、元々植えられている山桜とカラマツを中心に、約2.5坪ほどの広さがあり
その1/4にワラビ、1/4に京蕗、残り1/2に様々な山野草を植えてあり
その殆どが裏山や近隣で採取した植物となっている。

今回のシダの他、福寿草やスズラン、エゾエンゴサクやキバナカタクリ、ヒトリシズカやアマドコロなどなど山野草が満載で
フキ・ワラビ側にはニラとミツバも植えている。

この春に山から土を運んできて作っており、夏にも楽しめる植物も植えようと思っているので、今はまだ落ち着いていないが
来春には福寿草から始まる山野草庭園が夏まで楽しめる。



クジャクシダ



シシガシラ



コタニワタリ



ヒトリシズカ



スズラン



ユキザサ



アマドコロ



エンレイソウ



山ウド



ホスタ(オオバギボウシ)(ウルイ)と福寿草






goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://sapporo.areablog.jp/blog/1000025749/p11614022c.html
ガーデニング・家庭菜園・写真など | コメント( 1 ) | トラックバック( 0)

☆いい写真ですね☆グリーンはほんとに癒されます

これからも楽しく読ませて頂きます!

[ 相模大野駅 美容院サロンデータ・アクセス情報 ] 2017/06/05 21:45:13 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

待ち侘びた日曜日


The awaited was Sunday



おいらのスイカを持ち去ろうとする巨大ゼミ現る!



本当は、スイカがちっこいんだけどw




惜夏




秋の気配





盛夏の肖像







goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://sapporo.areablog.jp/blog/1000025749/p11246723c.html
ガーデニング・家庭菜園・写真など | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
きこりん@北のほたるやイメージ
きこりん@北のほたるや
プロフィール公開中 プロフィール
私の生きてきた軌跡

北海道の三笠市旧幌内炭鉱周辺にて、三笠の土を使って陶芸をしています。

北海道の自然や風景・動植物・各地域イベントなどを撮影し、写真にて紹介しています。

地方都市や、過疎地域の町興しを真剣に考え、具体的な提案をしています。

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<