北のほたるや

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://sapporo.areablog.jp/kitanohotaruya

桜月光


嘯裂文(しょうれつもん象裂文)花器「桜月光」 

三笠土 (細目・黒)
1230℃ 酸化焼成 
月光釉 (桜)
口径 3.2cm 
胴回り 10.0cm 
高さ 13.2cm 
重量 618g

黒々とした大地に根差す桜と、青い月夜・・・






久しぶりに感情移入でき、愛しいと思える作品が焼き上がった。

ろくろの上で作陶が終わったとき、思わず「かわいいっ♪」と悦に入ってしまったw

全体に歪みも少なく、コロン♪とした丸いフォルムに
内側からじっくりと膨らませたことによる皹は
これまでのものと違って自己主張が少なく
淡いピンク色を割って、素地の黒を覗かせている。

高台は、あえて作らず、しっぴき(切り糸)で切ったままの糸目を残し
作陶時の躍動感と感動を示し、施釉せずに土をそのまま見せている。

月光釉には部分的に貫入とブクが見られるが
これも、自然の山から採取もので制作した結果として受け入れることが
むしろ自然に対する敬意ともいえるだろう。

とはいえ、もちろん意図しない貫入やブクなどは無いに越したことは無いので
今後も土、釉薬共に、よりパーフェクトになるよう研究を続けたい。






goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://sapporo.areablog.jp/blog/1000025749/p11543997c.html
陶芸 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

初窯2点



嘯裂文(しょうれつもん象裂文)花器「霜夜」 

三笠土 (細目・黒) 
1230℃ 酸化焼成 
月光釉 
口径 7.0cm 高さ 18.5cm 重量 980g





嘯裂文(しょうれつもん象裂文)花器「鎌鼬」 
三笠土 (細目・黒) 
1230℃ 酸化焼成 
月光釉 (窯変) 
口径 7.0cm 高さ 15.0cm 重量 800g 



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://sapporo.areablog.jp/blog/1000025749/p11534042c.html
陶芸 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

三笠土 小鉢「細雪」






三笠土 小鉢「細雪」
細目黒三笠土 
1230℃ 酸化焼成 
白釉
口径 13.2cm 
高さ 7.0cm 
重量 300g




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://sapporo.areablog.jp/blog/1000025749/p11522428c.html
陶芸 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

三笠黒茶碗



三笠黒茶碗
細目黒三笠土 
1230℃ 酸化焼成 
三笠白釉 
口径 13.6cm 
高さ 7.3cm 
重量 300g









釉薬には青くなる成分は含まれていないので釉溜りでは白く見えるものの
釉中のマグネシウム分や藁灰などが、土に練り込んであるコバルトに反応し青く発色している。

垂れ落ちた釉薬のしずく。
土の成分を含んで僅かに青く見える。
このまま指輪やネックレスの石として使えそうだ^^


 
ちなみに釉薬は
福島長石
福島硅石
合成藁灰
合成土灰
朝鮮カオリン
炭酸バリウム
炭酸マグネシウム
白石灰
骨灰
比率は企業秘密w




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://sapporo.areablog.jp/blog/1000025749/p11503494c.html
陶芸 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

Modern green cup



Modern green cup
窯変フリーカップ

水簸三笠土・信楽土 混合
1230℃ 酸化焼成 
自作釉薬多重掛け

Modern red cup同様に、以前から試作を繰り返してきたフォルムだけれど
土が変わるとサイズ感も釉薬の発色も不安定だった。

今回は漸くイメージに近いものとなった。

釉薬も何種類かを試作し、こちらも今回は5種類ほどを重ね掛けした。

口縁周辺に緑釉を施し、その上から炭酸マグネシウムを添加したワラ白釉をかけてある。











陶芸
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://sapporo.areablog.jp/blog/1000025749/p11486002c.html
陶芸 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

三笠の土でModern red cup


窯変フリーカップ Modern red cup
水簸三笠土・信楽土 混合 
1230℃ 酸化焼成 
自作釉薬多重掛け

以前から試作を繰り返してきたフォルムだけれど、土が変わるとサイズ感も釉薬の発色も不安定だった。

今回は漸くイメージに近いものとなった。

釉薬も何種類かを試作し、今回は5種類ほどを重ね掛けし
口縁周辺にかけたワラ白釉が思わぬ変化を齎せ、紫色の発色となった。

これは、織部釉をかけた上にワラ白釉をかけた結果だと思われるが
更に悪戯心で、ワラ白釉に炭酸マグネシウムを添加したからだろう。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://sapporo.areablog.jp/blog/1000025749/p11467766c.html
陶芸 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

嘯裂文 残りの2点





嘯裂文花器 「冬枯」
高さ 10.6cm 
幅(最大) 11.3cm 
重量 730g

水差しとしては小ぶりなサイズですので花器とします。

これまで何度か試していた黄土釉を全体に施してみました。

この黄土釉は、当別赤土から大量に含まれているシャモットを取り出し
微粉末にしたのち、長石などの釉薬原料を混ぜたもので
カオリン成分が多いのか、マット状に仕上がります。

黄土釉だけでは味気が無いと思い
数種類の釉薬を多重がけしています。










嘯裂文花器 「当別」
高さ 12.2cm 
幅(最大) 7.8cm 
重量 450g

当別赤土単身による成型です。

粘りが無く、伸びも少ない土であり
石粒(シャモット)が大量に含まれているため
ろくろでの作陶では指紋が無くなるほどです。

また、嘯裂文を施すにあたっても
僅かな力でも大きな亀裂が走ってしまい、すぐに穴が開いてしまいます。

結果的に、他の嘯裂文のように大きく膨らませることができず
丸い壺型にはできませんでした。






これでひとまず、当別赤土シリーズ、嘯裂文シリーズは終了となります。

また機会があれば、より大物の作陶も視野に入れつつ行ってみたいと思います。







goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://sapporo.areablog.jp/blog/1000025749/p11374988c.html
陶芸 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

嘯裂文 まとめ










あと2点あり、早急に完成させます。






goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://sapporo.areablog.jp/blog/1000025749/p11374518c.html
陶芸 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

嘯裂文水差し 「蹲」 リベンジ






設定温度が低かったようで、釉薬が思ったほど流れてくれておらず
気持ち悪い仕上がりだったので
改めて焼き直しました。

流れ落ちたものが棚板にこびり付いて大変でした^^;

しかし、ご指摘の嘯裂文も程良く見えるようになり
私としては、この方が好みです^^



高さ 12.7cm 

幅(最大) 14.0cm 

重量 1,050g

と、なかなかな重量がありますが
それがそのまま、この作品の安定感とも言えます^^





ついでに
素焼きのままだったものを焼いてみたのですが
今度は施釉が薄すぎました^^;

まぁ、見どころとも言える嘯裂文がはっきり見えるからいいかとも思うのですが・・・



この嘯裂文という技法は
ろくろで厚さのある筒を形成したのち、外側の表面を僅かに乾かし
その後、内側からのみ圧力をかけて膨らませていくというもので
フリーカップやぐい吞みなどには施されることは極めて稀です。

素地を薄くすれば破れ、厚くすれば予定を上回った大きさになるなど
小物への利用は極めて難しいです。

まぁ、私ができたんですから
ちょっとコツを掴めばできるとは思いますが・・・^^;

漸くココまでできたので
今後はコレを突き詰めて行こうかと思っていたんですが・・・

私の場合、何か一つを得ると
その代償としてなのか? 
何かを失うということになっているようです・・・^^;





goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://sapporo.areablog.jp/blog/1000025749/p11373953c.html
陶芸 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

嘯裂文水差し 「蹲」


釉薬の選択を間違ってしまったようです・・・



他に、嘯裂文を施した「ぐい飲み」



まだ素焼きのままの「お銚子」「フリーカップ」などと
まだ素焼きもしていない当別赤土を使った嘯裂文花器や、壺など










goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://sapporo.areablog.jp/blog/1000025749/p11373572c.html
陶芸 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
きこりん@北のほたるやイメージ
きこりん@北のほたるや
プロフィール公開中 プロフィール
私の生きてきた軌跡

北海道の三笠市旧幌内炭鉱周辺にて、三笠の土を使って陶芸をしています。

北海道の自然や風景・動植物・各地域イベントなどを撮影し、写真にて紹介しています。

地方都市や、過疎地域の町興しを真剣に考え、具体的な提案をしています。

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<