北のほたるや

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://sapporo.areablog.jp/kitanohotaruya

クンネチュプに逢いたくて


クンネチュプに逢いたくて

幌内・月光池・太郎湖

11月7日も朝から青空が出ていたので
先日、クンネチュプに出逢えたのをいいことに
またまた月光池まで行ってきた。

朝から、土練りやら水簸やらの作業を終わらせ
庭の木の雪囲いをし、防獣ネットを片づけた。

今年の畑は出来が悪く、ズッキーニ以外はほぼ全滅だったが
僅かに2個だけ小さなカボチャができたので
それを使ってカボチャペーストを作っておいた。

そのペーストを使ってカボチャパンを作ってみようと
すべての作業が終わってから、パン生地を作って一次発酵させておく。

さて、リュックには既にカメラとレンズなどが入っているので
それを背負い、三脚を担いで月光池へと向かう。

気温が低かったこともあり、汗もほとんどかかずに
およそ35分で月光池に到着した。

思った通り、いい具合に風が吹き、湖面が波立っているが
薄い雲が幾重も流れ、水面はなかなか青くなってくれない。

いつも陣取るポイントではなく、今まで行ったことのない湖畔の奥まで行ってみた。

道こそないが、エゾシカが幾度も移動したと思われる獣道が湖畔の周囲を囲んでおり
藪をかき分けながら、その跡をたどった。

月光池は円形ではないものの、湖畔の奥まで行っても水没林が見え
角度が変わることで、その雰囲気も違って見える。

目指すポイントに陣取り、撮影を始めるとすぐに、その時はやってきた。

薄い雲が太陽を離れ、少し強めの日差しが湖面を照らすと
背後から強めの風が吹き、湖面にいくつもの筋を足跡のように残しはじめた。

そのうち色んな方向から筋が増えていき、やがて湖面すべてが筋で埋め尽くされた。

肉眼で見ている限り、筋状に、僅かに青っぽく波立つ湖面でしかないのに
これを撮影・現像してみると、写真のように青に埋め尽くされている。

目には見えないが、必ずそこに居る座敷童子のように
クンネチュプが来てくれた証だと思いたい。


降臨
Advent of Kun'nechupu.




月神の宴




神々の舞踏




終焉の地




月神の足跡




Last Dance of Kamui




その後、数分で水面は青い輝きを失い、波立つ水面は白銀色にしかならなかった。

設置した機材を片づけ、更に畔の奥へと、行けるところまで進んでみた。

最も奥まった入江は、エゾシカのヌタ場となっているようで
無数の足跡で踏み荒らされていた。

このポイントは、最も離れた場所に位置する水没林で
その水面にはヒルムシロ属の植物が繁茂している。

ちなみにエゾシカは、このような水草でも、水の中に入り込んでまで食べるのだが
その形跡がないので、うまくはないのだろう。

さて、このポイントの水没林は目の前にあるのだが
ここまで来ると、ちょっと近すぎることや、すぐ背後に山肌があるために
今の季節では画にしづらく、一応さらっと撮って、また別の季節にチャレンジしてみようと思う。

何だかんだ鼻かんだ・・・で、およそ2時間30分滞在したわけだが
まだ午後2時30分なのに太陽が山影に入ってしまい、足元が暗くなり始めたので帰宅する。

帰り道はおよそ30分で家に着いたw

撮影データをPCに落としている間、ちょうどいい感じに一次発酵を終えたパン生地に
カボチャのペーストを塗り包んでいく。

トレーで二次発酵させている間に、撮影データを確認し
この記事を書いている間に焼いていたが
途中で焼きあがったので、食べながら記事を書いているw

カボチャパン、旨しっ!www

というわけで
また、クンネチュプに逢えた〜^^


月光池

goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://sapporo.areablog.jp/blog/1000025749/p11788576c.html
写真・風景など | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
濃霧のカタルシス
入賞しました^^
MI・NA・MO
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
きこりん@北のほたるやイメージ
きこりん@北のほたるや
プロフィール公開中 プロフィール
私の生きてきた軌跡

北海道の三笠市旧幌内炭鉱周辺にて、三笠の土を使って陶芸をしています。

北海道の自然や風景・動植物・各地域イベントなどを撮影し、写真にて紹介しています。

地方都市や、過疎地域の町興しを真剣に考え、具体的な提案をしています。

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<