一生涯笑顔になる家創り

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://sapporo.areablog.jp/souzouhousu

気密測定が重要ですね。




どのような暖房設備でも気密性能により光熱費の削減幅が変わります。


住宅の面積≒35坪で、断熱は壁グラスウール100o・天井・床200mmの


断熱仕様で、窓はペアガラス(二重)で、気密が10(C値)

あった場合、


年間の灯油消費量換算では2,400〜2700L


一方気密性能を高めると≒1,000L前後と半分以下の光熱費になります。


もちろん断熱性能100mmから200mmや性能値(数値)の良い


建材を使うことも大事だと思いますが、断熱仕様だけでは


性能は確保できません。  また、


ZEHゼロ仕様にするには本州と違いそれ相当の初期投資がかかり


太陽光発電は必須です。


数値を追い求めるだけでしたら単純に断熱材を厚くする事や


性能の良い(数値)断熱建材を採用するばよいのです。  


どこもここも高気密高断熱と謳っていますが、ローコスト、デザイン重視


エアコン住宅などなど気密は大変大事ですね。




goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://sapporo.areablog.jp/blog/1000029850/p11628172c.html
環境 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
床暖房は、輻射熱による遠赤外線効果で温かい?
土地建物取引の法律が大きく変わる
中古だけど注文住宅
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
一生涯笑顔になる応援団長イメージ
一生涯笑顔になる応援団長
プロフィール公開中 プロフィール
生の現場の声からお客様との出会いや最新の住宅業界情報をとことん綴っていきます。
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 11月 次の月へ
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 3 207521
コメント 0 18
お気に入り 0 2

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

おすすめリンク