生徒にとってはたったひとりの先生なのです

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://sapporo.areablog.jp/muikamachi

先生にとってはたくさんいる生徒

埼玉県所沢市は、私が住んでいる狭山市の隣に位置しています。

その所沢市内の市立小学校で40代の男性教師が、小学4年生の男子児童に暴言を吐いたとして問題になっています。



男性教師は校舎3階の窓から飛び降りろと強要したり、今までこのクラスは34人だったけれど明日からは33人でやっていきますなどとその男子児童の前で言ったそうです。



本当に男子児童が飛び降りたら、この男性教師はどうするつもりだったのでしょう。

まだ10歳の男の子が先生に言われたら、追い詰められて飛び降りてしまうかも知れません。

3階から飛び降りたら、もちろん無傷では済みません。

でも、男性教師は後からいくらでも言い訳ができるのです。

「ついカッとなって言ってしまった。まさか本当に飛び降りるとは思わなかった。」

本当に突き落としたのでない限り、この言い訳で男性教師は何の罪にもならないのではないかと私は思いました。



この男性教師に怒りを感じるとともに、私は少し心配な気持ちもあります。

子ども相手にここまで言ってしまうこの男性教師の心は大丈夫なのかと、
心配なのです。窓から飛び降りろなどと言っている内容は子ども以下です。

怒りがコントロールできずに暴走している状態は、果たして心の健康が保てているのでしょうか。



この事件で唯一の救いは男子児童に「逃げるぞ。」と声をかけた児童がいた
と言う事です。危ない時は逃げる、これは大正解ではないでしょうか。



《お気に入り》 一度は訪れてみたい!公開している芸術家のアトリエ兼住居5選





goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://sapporo.areablog.jp/blog/1000259659/p11671106c.html
ブログ | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
民間の学童の説明会で目からウロコだった先生のお話。
人気番組「はじめてのおつかい」は今後どうなっていくのかな
「小学校は保育園より持ち物準備のミッションが厳しい」という話。
<<新しい記事へ
このブログトップページへ
ブログイメージ
muikamachi
プロフィール

前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 11月 次の月へ
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 3 41
コメント 0 0
お気に入り 0 0

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

足あと

最新のコメント

おすすめリンク

キーワード